前回 お伝えした通り、今回から この前に行った『秋のプチ旅行』関係の話を していきたいと思います。



そして まずは この旅行の 準備段階で作成した 『プファー(ドール用 ペット)』 用の『キャリーケース』 について 語りたいと思います。 




1. 作成の背景 と 狙い

 日々が ツライ!

 だから 現実逃避の旅行が したい!

 そして 今月は 誕生月 だし、
『プチ旅行』くらい 神様も 許してくれるよね!!





・・・と 自身に言い聞かせ、この忙しい中  無理くり 有給を取って 『プチ旅行』へ 出かけることにしました!





そして その際、やはり『クヒ(ドール)』のペットとして作成した 『プファー』も お供にして出かけようと思いました。
19.10.26_9


なので 今まで作成して来た ドール関連のキャリーケース(『クヒ』用『パワードスーツ』用)同様に、今回も『プファー』用の キャリーケースを作ることにしました。



なお、急遽 有給を取ったので、このプチ旅行の 決行日までの時間が あまりありませんでした。

そのため、今までの キャリーケース作りの経験を踏まえて サクッと簡単に作ることにしました。





2. 作成にあたっての材料

私が作成するにあたって 用意した材料は、大きく下記の 6つです。

材料
 (1) 収納ケース
 (2) リメイクシート or 補修シート
 (3) ラッピング用 リボン
 (4) すべり止めシート
 (5) クッションシート 
 (6) フェルト 床キズ 防止シール


これら(1)~(6)は、全て 100円ショップ や ホームセンター で買い揃えました。



(1)の『収納ケース』は、『プファー』の大きさに合う 小さいサイズのものを 100円ショップ にて購入しました。
19.11.21_1

ちなみに 私が買った この『収納ケース』は、「縦×横×高さ=14cm×16cm×12cm」のものです。



(2)の『リメイクシート or 補修シート』と、(3)の『ラッピング用 リボン』は、共に『収納ケース』の外装を整えることを目的に、100円ショップ にて購入しました。
19.11.21_219.9.12_6


(4)の『すべり止めシート』は、100円ショップ の DIYコーナーで 売っていたものを購入しました。19.7.27_4

これらは『収納ケース』の内部に貼り付けることで、移動時における『プファー』へのダメージを軽減する 緩衝材となることを目的として 購入しました。



(5)の『クッションシート』は、ホームセンターで 売っていたものを購入しました。
19.9.12_4

こちらも(4)と同様に、『プファー』への 緩衝材となることを目的として 購入しました。



最後に(6)の『フェルト 床キズ 防止シール』も、緩衝材にすることを目的とし、100円ショップ にて購入しました。
19.11.21_3




3. 作成の工程

以下に この『プファー用 キャリーケース』の作成工程を 順を追って 記載していきます。

3-1. 収納ケースの 外装加工

『収納ケース』の外側に、お好みの『リメイクシート or 補修シート』や『ラッピング用 リボン』を 貼り付けます。


ちなみに私が目指したのは、 『「パッと見た感じでは ただの小洒落た お弁当箱」風のキャリーケース』 です。(色合いは異なりますが 『クヒ用 キャリーケース』『パワードスーツ用 キャリーケース』 での 狙いと同じです)
19.11.21_4

これらのシートは、ただの大きなシールといった感じなので 加工がしやすく、今までの キャリーケース作成時には、私でも 下記写真の様な そこそこの仕上りのものが出来ておりました。
19.11.21_519.11.21_6

しかし今回は『収納ケース』が小さいせいか、シールの接着具合が 悪く、ボンドで 追加接着したりと 結構苦戦しました・・・



3-2. 収納ケースの蓋側に クッションシート の貼り付け

『収納ケース』の 蓋側に、下記 2枚目の写真の様に『クッションシート』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.11.21_719.11.21_8

このクッションを使って、『プファー』の 上面を 押し付け固定させます。


3-3. 収納ケースの内側に すべり止めシート の貼り付け①

『収納ケース』の 底に、下記 2枚目の写真の様に『すべり止めシート』を 貼り付けます。
19.11.21_919.11.21_10

本来の使用用途とは異なりますが、「厚みが薄く」そして「そこそこ柔らかい素材」だったので、緩衝材として 使用しました。

また 裏面がシールになっており、材質も柔らかいので ハサミでの加工が簡単でした。



3-4. 収納ケースの内側に クッションシート の貼り付け①

『収納ケース』の 側面(底側)に、下記 写真の様に『クッションシート』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.11.21_11

このクッションに 『プファー』の 頭や お尻の武装を 置くイメージで使用します。



3-5. 収納ケースの内側に クッションシート の貼り付け②

 上記 3-4 とは逆の『収納ケース』の 側面(上側)に、下記 写真の様に『クッションシート』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.11.21_12

このクッションで 『プファー』の側面を 挟み込み固定させます。



3-6. 台座 の作成

『フェルト 床キズ 防止シール』と『すべり止めシート』を組み合わせて、下記 写真の様な『台座』を作成します。
19.11.21_13


3-7. 収納ケースの内側に 台座 の貼り付け

『収納ケース』の 中央に、下記 写真の様に 上記 3-6 で作成した『台座』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.11.21_14

下記 写真の様に 『プファー』の台座として これを使用します。
19.11.21_15


3-8. 収納ケースの内側に すべり止めシート の貼り付け②

『クッションシート』が 貼られていない『収納ケース』の 残りの側面(上側)に、下記 写真の様(青矢印の箇所)に『すべり止めシート』を 貼り付けます。
19.11.21_16


3-9. 収納ケースの内側に フェルト 床キズ 防止シール の貼り付け

 まだ何も貼られていない『収納ケース』の 残りの側面(底側)に、下記 写真の様(青矢印の箇所)に『フェルト 床キズ 防止シール』を 貼り付けます。
19.11.21_17

『すべり止めシート』でも良かったのですが、『フェルト 床キズ 防止シール』の残りが 丁度貼る対象の大きさとマッチしていたので、こちらを使用することにしました。




これで『プファー用 キャリーケース』の完成です。





4. 完成したもの

『プファー』の収納は、下記手順にて行っていきます。


4-1. 『プファー』の収納

 武装を外した『プファー』を 準備します。(お尻の武装は 外さなくてもOK)
19.11.21_18

『収納ケース』中央にある『台座』へ、『プファー』の 腹部 が乗っかる様に 収納させます。
19.11.21_19


4-2. 『プファー』用 アイテム の収納

『プファー』用 アイテムを、下記 2枚目の写真の様に『収納ケース』の空いたスペースに配置します 。
19.11.21_2019.11.21_21

『クッションシート』は 大変柔らかいので、上記写真の『バズーカ』の様に『クッションシート』の上に置いた状態でも、十分に収納可能です。



4-3. 『収納ケース』蓋 の閉め

『収納ケース』の蓋を閉じて、『プファー』の収納は 完了です。
19.11.21_2219.11.21_23

上記 4-2 で記載した通り『クッションシート』自体は 大変柔らかいので、下記 写真の様に『プファー』本体が 少し『収納ケース』から はみ出ているくらいが、蓋を閉じた際に『クッションシート』で 抑え込んで固定するのに 丁度良い状態でした。
19.11.21_24



これで『プファー』も 外へ 持ち運び可能となりました♪
19.11.21_22-2




5. 旅行に向けての準備

これで旅行先へ 『クヒ』と『プファー』共に 持って行けるようになりました。
19.11.21_25




・・・が、肝心の『プファー用 キャリーケース』が 今まで使っていた ショルダーバッグに 収まらないことが分りました。(『クヒ用 キャリーケース』 が 収まるので精一杯)
19.11.21_2619.11.21_27


かと言って『プファー』の『キャリーケース』だけ 直に手で持って 旅行先を回っていくのはツライ・・・





なので 『クヒ用 キャリーケース』 と 『プファー用 キャリーケース』の 両方を収納可能な バッグを 新たに購入しました。
19.11.21_28


今後の旅行先でも『クヒ』と『プファー』の ペアは必須 なので、これの購入は 必要不可欠だと判断しました♪
19.11.21_29





これでなんとか 『プチ旅行』 に向けての 準備が全て整いました。

それでは 次回より この『2019年 秋のプチ旅行』について 語っていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村