『クヒ(1/6スケール ドール)用 パワードスーツ』が完成 し、もう少ししたら 会社が夏休みとなる 2019年8月の頭頃、私は この 『パワードスーツ』を入れる『キャリーケース』を作成しました。

この 背景 と 作成内容 を、今回は語りたいと思います。





作成の背景 と 狙い

もう少ししたら訪れる 2019年の夏休み、私はこの際も『クヒ』を伴った 旅行を計画しておりました。

そして今回も当然、私の趣味(性癖)でもある 『旅行先の 人のいない野外で こっそり『クヒ(ドール)』の撮影をする』 を行おうと考えておりました。



そして今回は これだけでなく、 「折角だから 完成したばかりの『パワードスーツ』 も合わせて撮影をしたい!」 とも 考えておりました。
19.9.12_1



ただ、作成した『パワードスーツ』は 所詮プラモデル(ガンプラ)の集合体のため 脆く、ちょっとした衝撃で 壊れてしまう可能性の高いものでした。



そして むき出しの状態のまま 旅行へ持っていくのは、『クヒ(ドール)』よりかは 抵抗が無いものの、やはり いい年のオッサンとしては 恥ずかしいものでした・・・




以上を踏まえて、

「移動中に壊れないように『パワードスーツ』を支えるモノを!」

「パッと見では『パワードスーツ』が入っているとは 分からないものを!」

「・・・そして出来るだけ低予算で!」
(『パワードスーツ』作成時の発生費用や、今後の旅行代を見据えて)

の 3つの達成を目指した 『パワードスーツ用 キャリーケース』を 作ることにしました。




・・・と 言っても ま~、以前『クヒ』用の 『キャリーケース』を作った過去がある ので、その時の ノウハウ を活用して サクッと作ることにしました。





作成にあたっての材料

私が作成するにあたって 用意した材料は、大きく下記の 6つです。

材料
 (1) 収納ケース
 (2) ジョイントマット
 (3) すべり止めシート
 (4) クッションシート
 (5) リメイクシート or 補修シート 
 (6) ラッピング用 リボン


これら(1)~(6)は、全て 100円ショップ や ホームセンター で買い揃えました。



(1)の『収納ケース』は、「100円ショップで売っていた 一番大きいもの」  を選びました。
19.9.12_2

『パワードスーツ』自体が かなり大きいものだったため、出来るだけスペースを確保出来るようなものを・・・と探していたら、結局 そのお店で一番大きい『収納ケース』となってしまいました。

ちなみに 私が 100円ショップ で買った この『収納ケース』は、「縦×横×高さ=17cm×27cm×17cm」のものです。(本来の用途は、アルバムCD を入れるためのケース)



(2)の『ジョイントマット』と、(3)の『すべり止めシート』は、共に 100円ショップ の DIYコーナーなどで 売っていたものです。(『ジョイントマット』の方は、間違って 大量に購入しすぎてしまいました・・・)
19.9.12_319.7.27_4

これらは『収納ケース』の内部に貼り付けることで、移動時における『パワードスーツ』へのダメージを軽減する緩衝材となることを目的として購入しました。



(4)の『クッションシート』は、ホームセンターで 売っていたものを購入しました。
19.9.12_4

こちらも(2)と(3)と同様に、『パワードスーツ』への緩衝材となることを目的として購入しました。



最後に(5)の『リメイクシート or 補修シート』と、(6)の『ラッピング用 リボン』は、共に『収納ケース』の外装を整えることを目的に、100円ショップ にて購入しました。
19.9.12_519.9.12_6




作成の工程

以前の 『クヒ用 キャリーケース』作成時での失敗 を反省し、今回は きちんと作成工程は 写真を撮りつつ進めて行きました。

以下に この作成工程を 記載していきます。

① ジョイントマット の加工①

『ジョイントマット』を、『収納ケース』の底の 大きさ/形 になるように 加工します。
19.9.12_7

なお、『ジョイントマット』は 材質が柔らかいので、ハサミでも 簡単に加工が 可能です。



② 収納ケースの内側に ジョイントマット の貼り付け

『収納ケース』の 底に、①で加工した『ジョイントマット』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.9.12_8

『収納ケース』の中敷きとして 使用しました。



③ 収納ケースの内側に クッションシート の貼り付け

『収納ケース』の 側面に、下記 写真の様に『クッションシート』を 接着剤等で 貼り付けます。
19.9.12_9

まず、 上記写真の 向かって 左側の側面は、下記写真の様に 青枠の箇所 以外は 全て『クッションシート』を貼り付けます。
19.9.12_1019.9.12_11

次に、 上記で貼り付けた『クッションシート』を L字で囲むように、下記写真の 赤枠の箇所 の様に『クッションシート』を貼り付けます。
19.9.12_12

本当だったら『パワードスーツ』の 緩衝材として『収納ケース』の側面全てに『クッションシート』を貼り付けたかったのですが、思いのほか『パワードスーツ』が 大きかったので、『パワードスーツ』の収納時のスペースを考慮すると この様な ヘンテコな形となりました。



④ 収納ケースの内側に すべり止めシート の貼り付け

③で『クッションシート』が 貼られていない『収納ケース』の 残りの側面全てに、『すべり止めシート』を 貼り付けます。
19.9.12_13

本来の使用用途とは異なりますが、「厚みが薄く」そして「そこそこ柔らかい素材」だったので、緩衝材として こちらも使用しました。

また 裏面がシールになっており、材質も柔らかいので ハサミでの加工が こちらも簡単なものでした。



⑤ 収納ケースの蓋側に ジョイントマット と すべり止めシート の貼り付け

『収納ケース』の蓋側に、下記写真の 2枚目の様に 青枠の箇所 を『ジョイントマット』、残りの 赤枠の箇所 を『すべり止めシート』を 貼り付けます。
19.9.12_1419.9.12_15

ここに『パワードスーツ』用の アイテムなどを置くようにします。


そして 貼り付けた『ジョイントマット』と『すべり止めシート』は 厚みが異なるため、これを利用して ここに置く アイテムの種類分けが 出来るようにさせました。



⑥ ジョイントマット の加工②

『ジョイントマット』を、『収納ケース』の蓋の 大きさ/形 になるように 加工します。
19.9.12_16

下記写真の様に、『収納ケース』の蓋の カバー 的な役割で これを使用します。
19.9.12_17


⑦ 収納ケースの 外装加工

『収納ケース』の外側に、お好みの『リメイクシート or 補修シート』や『ラッピング用 リボン』を 貼り付けます。

ちなみに私が目指したのは、 『「パッと見た感じでは ただの小洒落た お弁当箱」風のキャリーケース』 です。(色合いは異なりますが 『クヒ用 キャリーケース』 での 狙いと同じです)
19.9.12_18

これらのシートは、ただの大きなシールといった感じなので、加工がしやすく、私でも そこそこの仕上りのものが出来ました。

下記写真の様に『収納ケース』の裏側にも しっかりと貼り付け出来ました。
19.9.12_20



これで『パワードスーツ用 キャリーケース』の完成です。





完成したもの

『パワードスーツ』の収納は、下記手順にて行っていきます。


① 『下半身』の収納

『パワードスーツ』の『下半身』を 準備します。
19.8.31_13

『収納ケース』側面にある 下記写真1枚目の 青枠の箇所 の隙間に 『下半身』の足先を入れ込む様に 収納させます。
19.9.12_1019.9.12_21

正確に言えば、『下半身』の『補助レッグ』の つま先を この隙間に入れます。



『下半身』の『腰部』は、下記写真の様に『クッションシート』側に 折り曲げて収納させます。
19.9.12_22


② 『上半身』の収納

『パワードスーツ』の『上半身』を 準備します。
19.8.31_21

『収納ケース』の空いたスペースへ 下記写真の様に 収納させます。
19.9.12_23


③ 『腕部』の収納

『パワードスーツ』の『腕部』を 準備します。
19.8.31_19-0

『収納ケース』の空いたスペースへ 下記写真の様に 収納させます。
19.9.12_24

パーツ自体が小さいので、空いたスペースを見つけて 押し込みます。



④ 『パワードスーツ』用 アイテム の収納

『パワードスーツ』用 アイテムを、『収納ケース』の蓋側に配置します 。
19.9.12_25

厚みが無い アイテムは 下記写真の 青枠の箇所 へ、厚みが有る アイテムは 下記写真の 赤枠の箇所 へ配置させます。
19.9.12_15


⑤ 『収納ケース』蓋 の閉め

『収納ケース』の蓋側へ、下記写真の様に『ジョイントマット』で蓋をします。
19.9.12_26

この状態で『収納ケース』の蓋を閉じて、『パワードスーツ』の収納は 完了です。
19.9.12_19





これで 夏休みの旅行 に向けての 準備が整いました。

次回は この『2019年 夏休みの旅行』について 語っていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村