いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

ドールに関係した雑記

 皆さま! 
21.1.3_1


 明けまして・・・ 
21.1.3_2


 おめでとうございます♪ 
21.1.3_3




いや~、2021年ですね。

正直 昨年の 2020年は『コロナ』の せいもあってか、体感的に あっという間な 年だったので、「あれ、もう 年が 変わったの?」といった 感じです・・・


 ただ 歳のせいで 月日が経つのを 早く感じている だけかもしれませんが・・・
21.1.3_5




さてさて、では 折角なので  今年の『ドール』や『プラモデル』に関する 私の『新年の抱負』を ここで 述べたいと思います。 
20.12.20_4



今年は  大きく 2つ です。


1つ目は、「旅行」です。
21.1.3_6

『ドール』や『プラモ』と 異なり、『旅行』は 周りにも 公言している 私の趣味の 1つなのですが、昨年は 自分的には あまり できませんでした・・・

正直 これは、情勢(コロナ)に 大きく 影響されるものですが、 状況を 見て 何とか 今年は 色々と 出かけたい と思ってます!





そして  2つ目は・・・



「これらを 何とか する!!」 です・・・
20.12.30_7

昨年末にも 少し 触れております が、これらが 部屋の一部を 占拠している状況が 非常に マズイです・・・


なので 今年は 「積みプラの 消化(+ あまり ホイホイと 追加購入しない)」 を 早く 実施していこうと 思います(^^;





ではでは 皆様 今年も 引き続き、この様な『いい年した オッサン』の『心のしこり』を ぶちまけているだけの ブログですが、どうか よろしくお願い致します m(_  _)m 
21.1.3_8

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

2020年も 残りあとわずか ですね。

そのため 今回は 今年最後の ブログ投稿 として、「私にとっての 2020年 の 振り返り」 をしたい と思います。
20.12.30_1



では まずは  前半の 1 ~ 4月頃 について。



この頃の 私は、 主に『ドール用 アイテム』作りに 色々と 勤しんでいた 時期でした。(これに関連した話 ⇒ アレコレソレ


なお 最初(1 ~ 2月頃)こそ、「昨年 2019年は いっぱい 旅行に 行ったから、当分 家で 活動しよう~♪」との 考えから 実行しておりましたが・・・

ご存知の通り 3月以降は『コロナ』のせいで 強制的に 家で 活動しなければ ならなくなり、この結果 色々と『アイテム』作成を 勤しむ運びと なっておりました。



しかし 理由は どうあれ、 2019年時 と 比べると『ドール用 アイテム』は、この時期だけでも ま~ま~ 色々と 作ってますね。
20.12.30_2

ま~ この クオリティは ともかく、『2020年 新年の抱負』で 掲げた「今年は『ドール用 アイテム』を いっぱい作る♪」 は、奇しくも この前半で 達成できたかなと 思っています(^^;





次に  中盤の 5 ~ 8月頃 について。



この頃は 私の 新たな趣味・・・『プラモ』に 目覚めた 時期ですね。
20.12.30_3



そして ここで 私は『プラモ』に 大いに ハマってしまい・・・ 気が付くと 色々と作ったり、『プラモ劇』なる 新しい(変な)活動 も 実施したりし始めました(^^;
20.12.30_4


ま~、この歳で 新しい 趣味に 目覚めたことは、結果としては 良かったかな~ と 思っております。

ただ その分、 色々と 部屋に『プラモの 積み山』が できたりし、別の意味で 大変なことには なっておりますが・・・
21.1.3_721.1.3_4

特に 作った『プラモ』類らが 現状 置き場が 無く、むき出しの 状態で 置いているのが マズイです(^^;





そして最後に  後半の 9 ~ 12月頃 について。



「人間の 慣れって すごい」ですね。

この頃になると『コロナ』による『新しい 生活様式(マスク着用の 当たり前化 など)』も いつの間にか 気にしなくなってきましたね。


それも あってか、 私も『コロナ』に 気をつけつつ『旅行』に 行ったりと、野外での 活動も 徐々に 再開し始めた頃でした。旅行 については 8月から と 少々 フライング気味でしたが・・・)
20.12.30_5


なお 今月(12月)は、まだ このブログ上で 語れていない プチ旅行が 何件かあります。

これらを含めると、2019年ほどでは 流石に無いですが、2020年も 後半は ま~ま~ 旅行に 行って 楽しんでますね(^^;





・・・と ま~、この 2020年を 振り返ってみると、


やはり 『コロナ』に 振り回された 1年でしたね。
20.12.30_6

誰もが 願っていることかと 思いますが・・・ 来年は『コロナ』が収束し 穏やかで 楽しい 日々を 過ごしたいものですね。





それでは 皆様、この 2020年 この様な ふざけたブログに お付き合いして頂き ありがとうございました。

そして 来年も 引き続き お付き合いして 頂ければ 幸いです。


 ではでは 皆様 良いお年を お迎えください m(_ _)m  
20.12.30_8


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

以前『1/6スケール 戦闘用 アイテム』 を ご紹介させて 頂きましたが、これと 同じような 目的で「1/24スケール」の 『撮影用 アイテム』らを いくつか 購入 致しました。


今回は この内容について 語りたいと思います。




1. 購入した物: バリケード(紙製)

まずは 下記について 紹介したいと 思います。

購入したもの
  ・PEPATAMAシリーズ 1/24スケール
    ペーパージオラマ BS-003 バリケードA

20.7.23_120.7.23_2


1-1. 『バリケード』の 購入詳細背景

この商品は 以前 ご紹介した『1/6スケール ドラム缶(紙製)』の 購入時 に、同じメーカーが 販売している 類似商品 として 認識していたものでした。

そして こちらも 撮影時に 邪魔にならない 丁度良い『撮影用 アイテム』ぽかったので、当時 も「購入しようかな?」とは 思っておりました。

ただ 大きさが「1/24スケール」の 商品で、その時 撮影 しようとしていた『ドール(1/6スケール)』と 大きさが 合いそうに 無かったので、当時 は 諦めておりました。



・・・しかし 現在、『プラモデル』関係で 色々と「1/24スケール」の モノ を 取り揃えて 来たので、今回 コレを 改めて『撮影用 アイテム』として 購入することにしました♪



1-2. 『バリケード』の 撮影写真

<単体での 写真>
20.7.23_3
20.7.23_420.7.23_5

1商品で 計6つ の『バリケード』が 入っていました(作ることが 出来ます)。

なお 1個あたりの 大きさは、「縦 : 横 : 奥行 = 4.0cm : 7.5cm : 2.3cm」といった 感じでした。


ジオラマシート との セット写真>
「こちらは 通行止め となっております」的な 一場面。
20.7.23_6

当たり前ですが、やはり「1/24スケール」の プラモデルら(『よつば』ちゃん ら は 微妙に違いますが)と 大きさが 合って 良い感じですね♪



1-3. 『バリケード』への 個別感想

以前の『ドラム缶』同様に・・・



こちらも  凄く 使い勝手が 良いです!

「撮影時に 邪魔にならない 丁度良い 感じの 小物!」 です。



今後「1/24スケール」の『ハクコ(プラモ)』らを 中心に 撮影なども 実施していこうと 考えていた 私にとっては、本当に 丁度良い 商品でした♪



また 以前の『ドラム缶』と 違って、こちらは 作り易かったです。

サイズは『ドラム缶』より 小さいのですが・・・多分 直線基調での 構造のお陰か、折り曲げ/組立て が し易く、結構 簡単に 作り上げることが出来ました。(TVを 見つつ 片手間でも)





2. 購入した物: 木箱(紙製)

次は 下記について 紹介したいと 思います。

購入したもの
  ・PEPATAMAシリーズ 1/24スケール
    ペーパージオラマ BS-001 木箱A

20.7.23_720.7.23_8


2-1. 『木箱』の 購入詳細背景

こちらも 上記 1 記載の『バリケード』同様に、『ハクコ』らでの『撮影用 アイテム』目的で 購入したものです。


『バリケード』と 同じ メーカー の商品でしたので、ネット通販サイト にて 購入しようとした際、一緒に「お勧め品」として 表示されて来たので 一緒に購入しました。


ま~ 形状が サイコロ状 なので、『バリケード』以上に 色々と 撮影時に 使い勝手が 良さそうですし(^^



2-2. 『木箱』の 撮影写真

<単体での 写真>
20.7.23_9

1商品で 大 4つ/小 8つ の『木箱』が 入っていました(作ることが 出来ます)。

なお 大きい方の『木箱』の 大きさは「縦 : 横 : 奥行 = 4.0cm : 4.0cm : 4.0cm」、小さい方の『木箱』の 大きさは「縦 : 横 : 奥行 = 2.0cm : 2.0cm : 2.0cm」といった 感じでした。


ジオラマシート との セット写真>
「戦場での 小休憩」的な 一場面。
20.7.23_10

ちょっとした 土台/足場 などに 活用出来て 良い感じです♪



2-3. 『木箱』への 個別感想

ま~、購入前から 予想はしてましたが・・・



『バリケード』以上に  めちゃくちゃ 使い勝手が 良いです!

「撮影時に 邪魔にならない + 色々と 応用が 利く 小物!」 でした(^^



あと これも 当たり前ですが、『バリケード』よりも 作り易かったです。

ま~ 言ってみれば、ただの 柄付きサイコロ ですしね。



内容としては 大変シンプルな 商品ですが、撮影時に 大変使える 商品なので 本当に買って良かったと 思いました♪


・・・「コレがあれば『バリケード』いらなかったかな~」と 思えるくらいに(^^;





3. 購入したもの: ドリンクセット 

最後に 下記を 紹介したいと 思います。

購入したもの
  ・アスカモデル 1/24 ミニチュアスパイス MS-003
    ビンテージクーラーBOX & ドリンクセット

20.7.23_1120.7.23_12


3-1. 『ドリンクセット』の 購入詳細背景

上記『バリケード』や『木箱』は、どちらかと言うと『背景用 小物』です。

これはこれで 良いのですが、ついでに「ちょっと『ハクコ』らが 持つような『小道具』が 欲しいな~」と 思いました。


そして ネット通販サイト などで「1/24 ミニチュア」の 検索ワードで 色々と 調べてみた結果、見栄えも 良く、値段も お手頃だった こちらの 商品を 購入することにしました。



3-2. 『ドリンクセット』の 撮影写真

<単体での 写真>
20.7.23_13
20.7.23_1420.7.23_15

1商品で『クーラーボックス』が 2つ、『瓶/ペットボトル タイプ(形状は 色々)の ドリンク』が 計 20 本、そして『カップ タイプ の ドリンク』が 計 4つ 入っていました(作ることが 出来ます)。

なお『クーラーボックス』の 大きさは 蓋と合わせて「縦 : 横 : 奥行 = 1.5cm : 1.5cm : 0.9cm」、『瓶/ペットボトル タイプ の ドリンク』の 大きさは だいたい「縦 : 横 : 奥行 = 1.0cm弱 : 0.2cm : 0.2cm」、そして『カップ タイプ の ドリンク』の 大きさは ストロー無しで「縦 : 横 : 奥行 = 0.5cm : 0.3cm : 0.3cm」といった 感じでした。


ジオラマシート との セット写真>
「ビーチで ドリンク パーティー」的な 一場面。
20.7.23_16
20.7.23_17

こうして 見ると「ま~ アリ」かな~・・・

ただ 色々と この商品に対しては 思う所があるので、詳しくは 下記にて 語らせて頂きます・・・



3-3. 『ドリンクセット』への 個別感想

この 商品が 届き、開封後に 最初に 思った 感想は・・・


「え、塗装済み品 じゃないの!?」 でした。
20.7.23_18-120.7.23_18



購入時 の サンプル画像では 大変キレイな 「塗装済み」状態で 写っておりました。

金属っぽい 感じで カッコ良い 見た目の『クーラーボックス』・・・そして 各種 様々な 色合い/見栄えの『ドリンク』達・・・




・・・これらを 「全部 自力で 作れ(塗装しろ)!」 と?





 やってやらぁ!
20.7.23_22

前回の『ハクコ』作成時 に 塗装技術は (多分)上がっているし!







・・・調子に 乗ってました、すいません!(泣)
20.7.23_19

・・・だって 凄く小さいですし。

あと よくよく 考えると、購入時 の サンプル画像 の様な「クリアな 塗装」って 今の私の技術では そもそも 無理ですし・・・

て いうか、サンプル画像では『ドリンク』内の 気泡も 表現されていたんですが、コレって 塗装技術 云々で どうこうなる ものなんです?



・・・せいぜい 今回 私が 出来たレベルは、「つや消しスプレー」を 後から 塗布したことで、結果 何となく「霜っぽい 冷たい感じ」を 表現出来たくらいでした。(完全に 偶然)
20.7.23_20




・・・また サンプル画像では 各『ドリンク』には 様々な『印刷ラベル』が 貼られていたのですが、これも 自作しろと?

細かい小道具 として『カップタイプ の ドリンク』用に『カップホルダー』は あったのですが、寧ろ これよりも『印刷ラベル』の 方が 欲しい・・・
20.7.23_21



正直 ちょっと モヤモヤする 商品でした(^^;
20.7.23_23





4. 全体の 感想 

・・・ま~ 「2勝 1敗」 って ところですかね。



でも ま~、最後の「1敗」を 喫した『ドリンクセット』の方も、塗装など 色々と 苦労して 作った アイテムには 変わりないので、撮影時などでは 必要に応じて ちょこちょこと 使っていこうと 思います。

「出来の悪い子ほど 可愛い」とも 言いますしね(^^;





では 前回『ハクコ』も 作り上げました し・・・そして これら『1/24スケール の 撮影用 小道具』も 今回 色々と 揃えましたし・・・



また 「これらを使った『プラモ劇(悪ふざけ)』を 近日中に やりたいな~」 と 思います(^^
20.6.20_0-0



ただ この『悪ふざけ』は、やった後の 画像 編集/加工 の方が とても 大変なんで、ブログに UP するのが いつになるかは 分かりませんが・・・


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

今回は 、『クヒ(ドール)』用に 購入した 『1/16スケール』の 『RCカー用 トレーラー パーツ』について 語りたいと思います。





1. 購入にあたっての 背景

『クヒ』に 使えそうな『1/6スケール アイテム』ら を、ネット通販サイト や ネットオークションサイトにて 探している際、私の中で 毎回 思い悩む ことが あります。





それは・・・


「あぁ~~、1/6スケール の 乗り物 買ってしまうかな~~、でもな~~・・・あぁ~~っ!!」 です。
20.4.6_1



・・・これは 『金銭面』での 問題というよりかは、『大きさ』 の 問題です。



『1/6スケール』の 乗り物 となると、これの 保管場所の 確保が 大変です。

例えば 現在の 私が 一番欲しいものは 『1/6スケール』の『戦車』 ですが、これの 大きさは ざっと 1m を超えます。
20.4.6_2

遊んでいる時 以外は 確実に 家の中で「邪魔」な 存在になることは 明白です・・・でも 欲しい・・・





「う~ん、『クヒ』用の 乗り物欲しいな~」、「でも 保管場所がな~」、「妥協点としては バイクかな~・・・でも あまり興味無いしな~」・・・と、毎夜 ネット通販サイト や ネットオークションサイトを 巡回しつつ 思い悩んでおりました。
20.4.6_3



そして そん中で 見つけたのが 今回ご紹介する 『1/16スケール』の 『RCカー用 トレーラー パーツ』 です。


『ドール用 アイテム』ではありませんが、『1/6スケール ドール』に とっては 丁度良い 大きさで、また 武器 や『クヒ』を 乗せたりと 遊び や 撮影の 幅が広がりそうな ものでした。


なので これを購入し、『1/6スケール 戦車』を 諦めることにしました。(今のところは・・・)





2. 購入した物

それでは 今回 購入したものを ご紹介したいと 思います。

購入したもの
  ・1/16スケール RCカー用 DIYパーツ
         アップグレード トレーラー

20.4.6_420.4.6_5

・・・正直 これの 正式名称は 分かりませんでした。

ネット通販サイト や ネットオークションサイト で 売ってはいたのですが、どれも 名称が 若干異なるので。

そして 色々と 見て回った結果、恐らく 上記の様な 名称だと 思われます。 



ちなみに 私は これを 最初に見つけた ネットオークションサイトにて そのまま 即時 落札しました。
(まさか ネット通販サイトで 普通に 売られているものとは 思わなかったので・・・)





3. 作成時に 苦労したこと 

さて、この『トレーラー パーツ』ですが、上記 2 で 示した写真の通り、プラモデルの様に 組み立てないと いけません。

この作成時に 色々と 苦労したので、それについて いくつか 語りたいと思います。


3-1. 苦労したこと①: 塗装

改めて 塗装を 行うことにしました。

と言っても、既に 私の好きな ミリタリー系の 色合い だったので、『つや消しスプレー』のみを 各パーツに 吹きかけることにしました。
20.4.6_6


・・・あれですね、塗装する際は まわりの 小さなゴミを 掃除してからじゃないと いけませんね。

以前の 塗装 作業時 に使った 段ボールを そのまま使って 今回 塗装を行ったら、 小さなゴミ(塗装スプレーのカス)が 大量に 表面へ 付いてしまいました・・・

そして  このゴミの 上から『つや消しスプレー』が うまい具合に コーティングし、ゴミが 除去出来ない 状態へ・・・(泣)
20.4.6_720.4.6_8


ま~・・・ダメージ加工(?)だと 割り切ります・・・



3-2. 苦労したこと②: 説明書

商品に 付属していた 説明書は 下記の様な ものでした。
20.4.6_9


どうやら 該当ページのみを 切り取った様な感じの 説明書でした。

ネットオークションサイトでの 説明文には、これは『トレーラー単体商品』と 書いていたのですが・・・ま~、これは 別に良いです。



 問題は この説明書の 分かりづらさです!


説明書 内の 文言(英語)から、この商品が 海外製だというのは 分かりましたが、ま~ 内容が 分かりづらい!

英文が少なく イラストが 多いのは 有り難いことですが、そもそも このイラストが 分かりづらい!



・・・日本製の プラモデルしか 作ったことがない 私に取っては、この説明書を 解読するのに 大変苦労しました。

バンダイ や コトブキヤ さん達の 説明書って 本当に 分かり易いということを 再認識しました。



3-3. 苦労したこと③: ボルト と ビス

次に 苦労したのが ネジ です。

普通の プラモデル とかに 付属されている ネジって、ボルト系 じゃないですか。

でも この商品には、ボルト系 以外に ビス(タッピング ネジ)も 同梱されていたんですよ。
(ボルト と ビス の違いについては 下記を 参照ください)



・・・それで 上記 3-2 で 記載した内容とも 被りますが、 どの ネジを 使えば 良いのかが 全く分からないんです!

 だって ネジの イラストが ほぼ全部 同じだから!!(泣)



「ここは 恐らく この長いボルトかな?」、「あれ、雌側が無い? ということはビス?」、「ぎゃ~! 無理やり ビスで 組み付けようとしたら、パーツに ヒビが 入った~~!!(泣)」・・・という 感じで 手探りで 取り付けを 行っていきました。


なので 別に ネジ固定じゃなくても 接着剤で 固定 出来そうな 箇所は、無理をせずに 接着剤に 頼りました・・・



そんな こんなで 完成した際には、ボルト や ネジ が 大量に 余ってしまいました。

にしても 接着剤で 代用した 本数と 合わない・・・また ナットとかあるけど これ説明書中に 全く載ってないのに・・・もう訳が分からない・・・
20.4.6_10


3-4. 苦労したこと④: 牽引パーツ

最後に 苦労したのが、『車(RCカー)』 と この『トレーラー』 とを 連結させるための『牽引パーツ(下記 画像 の 青四角の箇所)』です。
20.4.6_11


私の 作り方が 間違っていたのでしょうか・・・

 取り付け用の 穴の位置が 全然 合わない!(泣)



・・・なので 無理くり 電動ドライバーで 穴を開けて 対応しました。
20.4.6_12

また ついでに(『クヒ』用 アイテムとして)丁度良い 長さにも ペンチで 切り揃えました。
20.4.6_13

そして この先端が 尖がって 危ないので、最後に テープで 補強/補修しました。
20.4.6_14




4. 全体の 感想 

最後に 完成した この『トレーラー パーツ』の 撮影内容の 紹介と、個人的な 感想を 述べたいと思います。


4-1.『トレーラー パーツ』の 単体 撮影内容

<斜め前/斜め後ろ>
20.4.6_1520.4.6_16


<正面/背面/側面/真下>
20.4.6_1720.4.6_18
20.4.6_19
20.4.6_19-2


<大きさ比較>
20.4.6_2020.4.6_21
20.4.6_22

大きさとしては、縦幅が 約14cm、横幅も 約14cm、長さが 約20cm って感じでした。



4-2.『トレーラー パーツ』との セット 撮影内容

20.4.6_23
20.4.6_24
20.4.6_25


4-3.『トレーラー パーツ』の 感想

今回の『トレーラー パーツ』ですが、  大きさ や 内容 的にも 大変良い感じです♪


特に 元々が『RCカー用』なので、サスペンションなどが しっかりと 組まれており、凄く しっかりと 安定した 走行が 出来るのが とても良いです♪(苦労して 作ったかいが ありました・・・)
20.4.6_26



・・・ただ よくよく考えると、元々の 購入の発端である「『クヒ』用の 乗り物が 欲しい!」とは かけ離れた商品ですね、これは。

だって『乗り物』ではなく、これ『トレーラー』ですしね・・・




ま~、それは それとして 内容的には 大変 満足しております。




・・・ただ、どうせだったら 「ここから 自分好みに 改造してやろうかな~」と 思いました。

なので 次回以降から、この『トレーラー』の 改造内容について 語っていこうかと 思います。
20.4.6_27

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

今回は 、『クヒ(ドール)』用に 購入した 『1/6スケール』の 『戦闘用 アイテム』ら について 語りたいと思います。





1. 購入にあたっての 背景

以前 語った 『ライト・パワードスーツ』作成 の際、折角だから この時の 撮影 は しっかりと 行おうと 考えておりました。

そこで 『ジオラマシート(背景シート)』 を 設置するための 撮影用 道具を 新たに 買ったり・・・
20.3.10_1


また 新しい 『ジオラマシート』も 買ったりしました・・・
20.3.10_2



正直 これだけでも 十分ではあったのですが、「折角だから・・・」と 撮影に向けて 他にも 色々と 小道具を 整理したり/購入したりしていきました。

これが 今回の 大枠での背景 です。





2. 購入した物: 土のう

まずは 下記について 紹介したいと 思います。

購入したもの
  ・1/6スケール(?) 土のう

20.3.10_3


2-1. 『土のう』の 購入詳細背景

元々 これは 『クヒ』購入時に 色々と買った アイテム の内の 1つです。

なので 今回 改めて 購入したものではありませんが、今回 改めて 整理したものではあるので 紹介したいと思います。





上記の通り、これは 『ドール用の アイテム』を 初めて 買い漁っていた 際に、その時の テンション/勢いに 乗じて ネットオークションサイトより 購入したものです。

確か オークション主の 説明文では、「使わずに 未開封のまま 長期保管していたもの、多分 1/6スケール、整理のため 出品」くらいの 情報しか無いものでした。

ただ、送料込みで 確か 500円くらいの 凄く安かった商品 であったので、「ま~、何かに使えるかな?」レベルの考えで 当時 購入しました。



2-2. 『土のう』との セット撮影

20.3.10_4


2-3. 『土のう』への 個別感想

当時 何気なく 買った『土のう』ですが・・・



 凄く 使い勝手が 良いです!





何と言えば良いか・・・

「撮影時に 邪魔にならない 丁度良い 感じの 小物!」 です。



「何も無い状態で 撮影すると ちょっと味気ないな~・・・」と いった際に、コレを ちょこんと 隅に置いたりすると、本当に 丁度 良い感じなんです。(ミリタリー色での 撮影時に 限られますが・・・)

なので、結構 このブログの 初期の段階から ちょくちょく 使っておりました。
19.8.31_519.10.26_16


また、撮影時 以外でも 色々と 使ったり出来、とても 汎用性の 高い アイテムだと 思います。

・・・具体的に 言うと、普段は 『クヒ』の 枕 としても 使用しております。(『クヒ』の 隠し部屋 にて)
20.3.10_5




3. 購入したもの: ドラム缶(紙製) 

次は 下記について 紹介したいと 思います。

先ほどの『土のう』と 異なり 正式な 商品名称が 分かっているので 記載します。 

購入したもの
  ・PEPATAMAシリーズ 1/6スケール
    ペーパージオラマ CS-001 ドラム缶A

20.3.10_620.3.10_7


3-1. 『ドラム缶(紙製)』の 購入詳細背景

『ライト・パワードスーツ』 の 撮影に向けて、「今回は 『土のう』以外にも 何か 新しい 撮影用アイテムが 欲しいな~」と 何となく 思いました。



こうして 『ライト・パワードスーツ』を作成 しつつ、ネット通販サイト や ネットオークションサイト を 見ていったのですが・・・これが なかなか 難しい。



あくまで 撮影の 主役は 『クヒ』ら と 『ライト・パワードスーツ』 です。

なので、悪目立ちせず、かつ ミリタリーちっくな アイテム、そして 1/6 スケール・・・



これらの 条件を満たすもの となると、なかなか 『土のう』並みのものを 見つけることが 出来ませんでした。(もしくは 見つけても ちょっと 値段が お高い・・・)





そうこうしている内に 『ライト・パワードスーツ』 が 完成し、いよいよ 撮影を 行おうとした 直前に 見つけたのが、この『ドラム缶(紙製)』です。



3-2. 『ドラム缶(紙製)』との セット撮影

20.3.10_8


3-3. 『ドラム缶(紙製)』への 個別感想

 これ 良いです!

『土のう』並みに 撮影時に 邪魔に ならない アイテムです!



あと ちょっとした 台 としても 使えるのも 大変 良い感じです♪
20.2.26_1


なお 1/6スケールでの ドラム缶 なため、ちょっと かさばるのは 仕方がないですが、見た目は 別に 変 ではないので、普通に インテリアとして 飾れたりも 出来ます!(これは ちょっと強引ですかね・・・)
20.3.10_9





ま~、しいて マイナス面を 上げるとすると・・・





「しょせん ペーパークラフト でしょ? 楽勝~、楽勝~♪」 と 高を括っていたのですが、結構 作るのが 難しかった点です・・・

単純に 私が 不器用で、各パーツを 組み合わせるのが かなり 難しかった!」 という だけですが・・・
(円柱を 維持しつつ、そこに 蓋らを 組み付けるのが・・・難しかったです)
20.3.10_10

・・・本当に 作り上げるのに かなり 時間が かかりました。



ただし ま~ この マイナス面を 考慮しても、大変 買って 良かったと 思える アイテムでした♪





4. 全体の 感想 

これらの アイテムらは 上記にも 書きました通り 「悪目立ちしない 撮影時に 邪魔にならない」ものら で、本当に 買って良かった と 思えるものでした。

なので もし 今後「ミリタリー系の 撮影を やろう」と 考えてる方の 参考になれば 幸いです♪








・・・ちなみに 最後に、ちょっと 今回の アイテムらに 関係する 失敗談を 語ろうと思います。





『ライト・パワードスーツ』作成時、私は 『あること』を 知りました。



それは、 「塗装していない パーツへ 『つや消しスプレー』を かけるだけでも 見た目が グッと 良くなる」 です!






・・・なので 今回の 各アイテムらにも 『つや消しスプレー』 を ふきかけたんですよ。
20.3.10_11





ま~、この結果は・・・





 当たり前ですが 変化 無しでした!(泣)


そりゃ~ そ~ ですよね、だって ふきかけた対象が 『プラスチック製』ではなく、『布製』や『紙製』なんですもん。





ま~ この当たり前のことに 気づいたのは、かなりの量を ふきかけた後 でしたが・・・

「あれ、何で 変わらないんだろう??」と 本気で 思いつつ、スプレーを 塗り重ねておりました!(泣)




当時の 『つや消しスプレー』に 対する 私の 信頼感は 凄まじいものでした・・・ 





ちなみに 『ドラム缶(紙製)』の 方は 本当に 何も 変化無しで 終わりましたが、『土のう』の方は スプレーで べちょべちょに なった表面へ 「ほこり」や「段ボールの 汚れ」などが 付着して 「ちょっと 薄汚れて 良い感じ」には なりました。
20.3.10_12
20.3.4_8
20.3.10_1320.3.10_14

ま~、結果 オーライですかね・・・
 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ