前回 の『プラモ劇(悪ふざけ)』 に 登場していた 下記画像の『土管』ですが、これは この『悪ふざけ』の 撮影のために 自作したものでした。
20.11.13_1

そこで 今回は この 「撮影用 小道具の『土管』作成」 について 語りたいと思います。 




1. 作成の背景 と 狙い

前回 の『プラモ劇(悪ふざけ)』 は、その際の「作成を 振り返った 感想」 でも 語った通り、 作成コンセプトは ズバリ『ドラえもん(旧版)』でした!
20.11.13_2




で、『ドラえもん』における 必須シーンと 言えば やっぱ「空地」だと 考えました。


・・・なにせ、『イラストや』さん で 検索ワードを「ドラえもん」と 入力して 出て来る 画像 が 下記画像 なくらいですし(^^;
20.11.13_3


そのため この「空地」を 演出するための『土管』が 私には 必要でした。



で 当たり前ですが、今回の撮影に適した 丁度良い 大きさ(1/24スケール くらい)の『土管』は そうそう無いので・・・


「ま~ 構造は シンプルだから、材料さえ揃えば 作れるだろう」 と 軽い気持ちで 自作することにしました。
20.9.12_10





2. 作成にあたっての材料

私が作成するにあたって 用意した材料は、大きく下記の 2つです。

材料
 (1) 表彰状入れ
 (2) スポンジ シート


これらは 全て 100円ショップ にて 買い揃えたものです。



(1)の『表彰状入れ』は、『土管』の 本体用として 選び 購入したものです。
20.11.13_420.11.13_5

100円ショップにて「丁度良い 大きさの パイプとか ないかな~」と 色々と 見て回ってた際に、この『表彰状入れ』を 見つけました。

こちらは 材質が 紙とはいえ 硬さが 大変 しっかりしており、また 大きさ的にも 丁度 良さそうだったので、これを『土管』の 本体とすることに しました。

なお 私が買った この『表彰状入れ』の 大きさは、「筒の直径=約5cm、筒の長さ=約35cm」のものです。



(2)の『スポンジ シート』は、『土管』の ふち を 演出するために 使いました。
20.6.11_2

こちらは 今までの『ドール用 アイテム 作成』や『プラモデル 改造』の際に 100円ショップにて 購入していたものの 余り部材です。




以上の 部材を用いて『土管』を 作成していきました。

材料費 200円の『土管』です(^^





3. 作成の工程

以下に この『土管』の 作成工程を 順を追って 記載していきます。

3-1. 表彰状入れ の 蓋を 外す

『表彰状入れ』の 上下の 蓋を 取り外します。
20.11.13_6

100円ショップの 商品だからか、『表彰状入れ』の 蓋は しっかりと 接着されていませんでした。

そのため 指で 蓋を 内側へ 押し込むだけで 簡単に 取り外しできました(^^



3-2. 表彰状入れ の 加工

『表彰状入れ』を カッター等を 使って カットし、同じ長さの 3つの『筒』を 作ります。
20.11.13_7

最終的には 下記イメージ の 様な『3つの 土管が 組み合わさったもの』を 作りたいので、同じ長さの『筒』を 3つ 用意します。
20.11.13_8

なお 私は、上記 3-1 にて『表彰状入れ』の キャップ部(下記写真 の 赤四角の箇所)が すでに 1つの『筒』として 出来上がっていたので、この 長さ(約9cm)で 残り 2つの『筒』を 用意しました。
20.11.13_9


3-3. スポンジ シート の 加工

 約16cm × 1cm の 大きさの『スポンジ シート』を 6つ 用意します。 
20.11.13_10


3-4. 土管 の 外装加工

 上記 3-2 の 各『筒』の ふちに、上記 3-3 の『スポンジ シート』を 接着剤にて 貼り付けます。 
20.11.13_11


3-5. 土管 の 塗装

 上記 3-4 の 各『土管』を、土管色に 塗装します。
20.10.26_1

材質は 紙ですが しっかりとしているので、下地塗料材の サフェイサー + スプレー塗装 で 普通に 塗装出来ました(^^




これで『土管』の完成です。





4.『撮影用 小道具: 土管』の 紹介

では 今回 作成した『土管』を 改めて ご紹介したいと思います♪


4-1. 単体での 写真

まずは『土管』単体での 写真です。

20.11.13_1220.11.13_13
20.11.13_14
20.11.13_15

こうして見ると、 ま~ま~『土管』っぽく 見えて 良い感じです(^^


・・・ただ ちょっと 長さが 短い 気も しますね。

上記 3-2 の 工程で 横着をせず、きちんと ベストな『土管』の 長さを 考えて 作っていけば 良かったです(^^;



4-2. プラモらとの セット 写真

前回の『プラモ劇(悪ふざけ)』 でも 出ておりましたが、改めて『ハクコ(オリジナル ヘキサギア ガバナー)』らとの セット状態での 写真です。

20.11.13_16
20.11.13_17

・・・ま~何とか  狙いだった『ドラえもん』の「空地」っぽい 演出は できましたかね?

それに 材料費 200円の『土管』だと 考えれば、ま~ 合格点ですかね(^^; 





以上で『撮影用 小道具の 土管』作成についての 話は 終わりです。

今後も ちょっとした 撮影用の 小道具らは、これを機に 自作していこうかと 思います(^^


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村