いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

プラモ劇

何だかんだで GW後半 から 5月中旬 にかけて、『バルクアームβ』関係 の 改造等 を 終えることが 出来ました。(過去の 作成内容:<パイロット 側> 、<本体 側> )



そして この時、私は この際の「やり遂げた感」による ハイ テンションの 赴くまま・・・

作成した プラモデルらを 使った 『プラモ劇』を 実行/撮影 致しました。
20.6.20_0-0

今回より 『前編』と『後編』に 分けて、これらを まとめたものを ご披露したいと 思います。


というわけで 今回は  表記『プラモ劇』の『前編』 について 語っていきます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



そして 重ね重ね申し上げますが、 本作品は 一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.6.20_0-120.6.20_0-2


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.6.20_1


 その 相棒 との 日常を 綴った 物語である。
20.6.20_2


2-2. メイン タイトル(+オープニング曲)

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3


※ 私の中での 脳内 オープニング曲
  ⇒ ワーグナー 作曲 『ワルキューレの騎行』
     


2-3. サブ タイトル

『エピソード Ⅰ
    よつば と ヘキサギア !』

20.6.20_4




3. プラモ劇 - 本編 <前編> -


3-1. ある日の 昼下がり

20.6.20_5

「ン? 外ガ  騒ガシイ  ネ」
20.6.20_6

「チョット  見テクル  ヨ」
20.6.20_7


3-2. 家の外では

20.6.20_8

「ア、ア、アワワ・・・」
20.6.20_9


3-3. 大変だ!

「ヨツバ、 大変 ダヨ !」
20.6.20_10

「敵ガ  スグ ソコマデ 来テイル ヨ!」
20.6.20_11


3-4. なんだって!?

20.6.20_11-1

20.6.20_11-2


Fuck you!!(クソッタレ!!)
20.6.20_12


3-5. 装備を整え 脱出だ!

「早ク 着替エテ  脱出 ダヨ」
Damn it!」(ちくしょう!)
20.6.20_13

「ヨツバ、手ヲ 上ゲテ」
ShitShitShit!!」(クソッ! クソッ! クソッ!!)
20.6.20_14

「武器 モ 忘レズニ ネ」
Fucking, that's obvious!(クソが、当たり前だろ!)
  Don't treat me like shit even though I am just a kid!」(子供だからって バカにすんなよ!)
20.6.20_15


3-6. 外に出てみると

20.6.20_16-1

「Holy shit...」(マジかよ・・・)
20.6.20_17

「!?」
20.6.20_18

20.6.20_19

「Go fuck yourself!」(消え失せろ!)
「ヨツバ、駄目ダヨ」
20.6.20_20

「今ハ 逃ゲルヨ」
「Mother fucker!」(クソッタレ!)
20.6.20_21

「Where's the fire, fucking!?」(何処に 行く気だ、クソッ!?)
「任セテ、コッチ ダヨ」
20.6.20_22


3-7. 向かった先は 秘密の地下道

「コノ先 ダヨ」
「Hi there! Where are you taking me?(おい! 何処に 連れて行く気だ?)
  I'm so fucking tired!」(スゲ~ 疲れたんだけど!)
20.6.20_23

「ヨツバ・・・君ニ  渡シタイ 『モノ』ガ  アルンダ」
20.6.20_24


3-8. そこで 待っていた『モノ』とは

「着イタ ヨ、ソシテ  コレガ  渡シタイ『モノ』ダヨ」
20.6.20_25

20.6.20_26

「It's fucking dark I can't see!」(暗くて 何も 見えねぇよ!)
「ゴメン ネ、電気ヲ  ツケル ヨ」
20.6.20_27

20.6.20_26-0
20.6.20_26-1
20.6.20_26-2
20.6.20_26-3

「Oh!」(うぉっ!)
「・・・ソゥ、ヨツバ」
20.6.20_29

「『バルクアームβ』ダヨ!」
20.6.20_30



3-9. さぁ・・・

「ヨツバ!」
20.6.20_31

20.6.20_32


「What the shit!」(最高じゃねぇか!)
20.6.20_33




「Hell, I like you!(気に入った!)
   You can come over to my house and fuck my father!!」(家に来て とーちゃんを ファックして いいぞ!!)
20.6.20_34

反撃の 開始だよ!






4. プラモ劇 - 幕間 -


4-1. CM - その1 -

※ KOTOBUKIYA 公式チャネル より『ヘキサギア』の 世界観を 表した プロモーション ムービー



4-2. CM - その2 -

※ KOTOBUKIYA 公式チャネル より『ヘキサギア』の プラモデル紹介 ムービー






・・・ということで 本編の『前編』 は 終了し、 CM に 入りました ので、 この『プラモ劇(悪ふざけ)』は 一旦 ここで 終了 します。


次回 この続きを 語りたいと 思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

前回 に 引き続き、作成した プラモデルらを 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』の『後編』 です。



・・・引き続き、温かい目で 見て頂けると 幸いです。




1. プラモ劇 - はじめに -

前回 述べた 内容 と 全く同じですが、もう一度。

1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



そして 重ね重ね申し上げますが、 本作品は 一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
    


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - 本編 <後編> -

では、『後編』の スタート です。

2-1. アイキャッチ

20.6.25_1-0




2-2.『バルクアームβ』へ 搭乗だ!

「サァ、搭乗ダヨ」
20.6.25_2

「足元ニ 気ヲ ツケテネ」
20.6.25_3
20.6.25_4


20.6.25_5

「Rock 'n' roll!!」(さぁ~ 始めるか!!)
20.6.25_6


2-3.『バルクアームβ』起動

20.6.25_7
20.6.25_8

20.6.25_9
20.6.25_10
20.6.25_11

20.6.25_12
20.6.25_13
20.6.25_14

20.6.25_15


2-4. 戦場へ GO♪ 

「ヤッタネ  ヨツバ」
20.6.25_16

「ジャァ・・・」
20.6.25_17

「戦場ニ 戻ルヨ」
20.6.25_18


2-5. 強襲

20.6.25_19

「・・・実は 俺、この戦いが 終わったら 故郷の彼女と 結婚するんだ」
「マジかよ!? おめでとう!!」
20.6.25_20

20.6.25_21

20.6.25_22


20.6.25_23

「Hellow everyone~♪(みんな~、こ ん に ち は~♪)
    Do you like Missile rain?」(ミサイルの雨は どうだった~?)
20.6.25_24

「And, I want you to have this fucking(ついでに こちらも どうぞ~♪)
20.6.25_25


2-6. おや?

「Ain't war hell? FUUHAHAHAHAA!! 」(ホント、戦争は 地獄だぜ! フゥハハハーハァー!!)
「ヨツバ、『トリガーハッピー』ニハ  注意ダヨ」

20.6.25_26



「ン?  何カ 索敵ニ  引ッ掛カッタ ヨ」
20.6.25_27


20.6.25_28
20.6.25_29

「What the fuck is that!?」(何だ あのクソは!?)
「ア、ア、アワワ・・・」
20.6.25_30

「ダ、『第三世代 ヘキサギア』ダヨ」
20.6.25_31



2-7. 第三世代 ヘキサギアの 脅威

Fuck!?」(何!?)
20.6.25_32
20.6.25_33

「Aaaaaaaaaand I'm done! 」(はぁ~~~~い、終了!)
20.6.25_34


2-8. Believe in the power of "Money"

「ヨツバ、諦メチャ 駄目ダヨ」
20.6.25_35

「Well thank you very much♪(ご丁寧に どうも♪)
   See you on the other side, Fucking!」(先に 地獄で 待ってるぜ、クソ野郎!)
20.6.25_36

「確カニ 『バルクアームβ』ハ  第二世代品 ダカラ 旧式ダヨ・・・
    デモネ・・・」
20.6.25_37

「ソレニ 費ヤシタ 改造費ハ 結構ナ 額ナンダヨ!!」
20.6.25_38


2-9. "Money" is power!

20.6.25_39
20.6.25_40
20.6.25_41
20.6.25_42
20.6.25_43


2-10. 新たな敵影

「Yeahhhhhhh! Fuck you!!」(イェ~~~! やったぜ クソ野郎!!)
「ヤッタネ、ヨツバ」
20.6.25_44

「オヤ? 遠クニ  モウ1機 イルネ」
20.6.25_45

20.6.25_46

Shit! Out of range!」(クソ! 遠すぎる!)
20.6.25_47

「ヨツバ、大丈夫ダヨ」
20.6.25_48



2-11. メインウェポン展開

「コノ『バルクアームβ』ニ  カケタ 『オ金』ハ  伊達ジャナイ ヨ 」
20.6.25_49

20.6.25_50
20.6.25_51
20.6.25_52


2-12. Apocalypse Now!

20.6.25_53

「Hasta la vista, baby!」(地獄で会おうぜ、ベイビー!)
20.6.25_54
20.6.25_55


20.6.25_56









20.6.25_57




3. プラモ劇 - エンディング -


3-1. エピローグ

「Oh... I want to go home. (あぁ~、家に帰りたい。)
    I’m so fucking tired!」(めっちゃ 疲れた!)
20.6.25_58

「無理ダヨ、コレダケ 派手ニ 暴レタカラ ネ、今頃 家ハ  敵デ 溢レテイル ヨ」
20.6.25_59


Fuck!!」(マジかよ!!)
 
「次ノ セーフハウス ガ 見ツカル マデハ 野宿ダヨ」
「Thanks dickless, and I mean you.」(ご丁寧に どうも 能無し野郎、あなたのことよ)
20.6.25_60-1


3-2. スタッフロール

<出演>
          よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
       ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア

    市民1~4: いらすとや
  敵兵 1~12: いらすとや
  敵兵13~26: いらすとや

  敵ヘキサギア1: 押入れにあった 古いぬいぐるみ
  敵ヘキサギア2: 購入ゲームの 特典ぬいぐるみ


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅰ: よつば と ヘキサギア!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





4. 制作を 振り返って

「どうせやるなら、とことん やってみるか・・・」


そう 思い立って、撮影していた 写真の 編集/加工 作業と、セリフ(主に『よつば』ちゃん用)として
 使えそうな 映画のセリフ/スラング語 を ネット上から 探す日々が ここ 2週間ほど 続きました。

そして 何とか この『プラモ劇(悪ふざけ)』を 完成へと 漕ぎつけることが 出来ました 。



この制作は 大変 疲れましたが・・・でも  楽しかったです(^^;



なので また 機会(と その時のノリ と 体力)が あれば、このような『劇』を ブログに 上げていこうと 思います。

今度は『クヒ(ドール)』らで やるのも 良いかもしれませんね。(そもそも 本ブログは『ドール』ブログ ですし・・・)




ではでは、最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

以前 予告しておりました通り、また 作成した プラモデルら を 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』を 実行/撮影 致しました。

今回より 『前編』と『後編』に 分けて、これらを まとめたものを ご披露したいと 思います。


というわけで 今回は  表記『プラモ劇』の『前編』 について 語っていきます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.6.20_0-120.6.20_0-2


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.8.1_1


 その 相棒 と・・・ 
20.8.1_2


 そして 仲間たち との 日常を 綴った 物語である。
20.8.1_3


2-2. メイン タイトル(+テーマ曲)

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3


※ 私の中での 脳内 テーマ曲
  ⇒ ワーグナー 作曲 『ワルキューレの騎行』
     


2-3. サブ タイトル

『エピソード Ⅱ
    よつば と 白狐 !』

20.8.1_4




3. プラモ劇 - 本編 <前編> -


3-1. ある日の 昼下がり

20.8.1_5

20.8.1_6



20.8.1_7



20.8.1_8

20.8.1_8-1

「Look what's turned up for Sunday dinner!」(日曜の 夕食が 現れたぜ!)
20.8.1_8-2


3-2. 僕と XXXして 友達になってよ

「ヨツバ?」
「And my favorite kind... female!」(ヨツバの 好きな メニューだぜ・・・女だ!)
20.8.1_9


20.8.1_10

「Hello young pretty!」(こんにちは お嬢さん♪)
20.8.1_11

「Something’s wrong with my eyes, because I can’t take them off you.」(何だか ヨツバの目が おかしいみたいなんだよ~、君から 目が 離せられない)
20.8.1_12

「Sorry, I can’t hold on…」(悪いけど 我慢 出来そうにないよ・・・)
20.8.1_13


3-3. 酒池肉林♪

「Hi hi hi hi !」(ゲヘへへ!)
20.8.1_14

Fuck...」(オイ・・・)
20.8.1_14-1


20.8.1_15


20.8.1_16


3-4. オイタ ハ 駄目ダヨ

「ヨツバ、民間人ヘノ 危害ハ 軍規違反ダヨ」
20.8.1_17-0


20.8.1_18

20.8.1_19

20.8.1_20

20.8.1_21


3-5. 一触即発!

「ヨツバ・・・」
20.8.1_22

「Do you think I won't shoot?(ヨツバが 撃たないと 思っているのか?)
  You've got to ask yourself one question, "Do I feel lucky?", Well,dou ya,pank?」(賭けてみるか「今日は ツイてるか?」って、どうなんだ クソ野郎!)
20.8.1_23

20.8.1_23-1


3-6. そして 彼女は やって来た・・・

20.8.1_24

20.8.1_25

20.8.1_26


20.8.1_27


3-7. お呼びでないよ?

「What are you staring at!?」(何 見てんだ テメェ~!)
「ヨツバ、敵ダヨ」
20.8.1_28


20.8.1_29


「Oh... Do you ignore me?(え、まさかの 無視?www)
20.8.1_30


「Drop dead!」(死ね!!)
20.8.1_31


3-8. なん・・・だと・・・

20.8.1_32

Fuck!?」(何!?)
20.8.1_33

20.8.1_34

20.8.1_35

yiiiiiiiiiiiipe!!」ぷぎゃ~ー!!)
20.8.1_36


3-9. 絶体絶命だ! 
20.8.1_37


20.8.1_37-1


Fucking DANBOARD!!」(ダンボー!!)
20.8.1_37-2


3-10. タダノ 兵士ジャ 無イネ?

「ソノ『反応速度』ハ 普通ジャ ナイネ」
20.8.1_38

20.8.1_39

20.8.1_40

「デモ『パワー』ハ、通常ノ 『アーマー』装備者レベル・・・」
20.8.1_41

「ソウカ、君ハ 知覚特化型 ノ『強化兵士』ダネ」
20.8.1_42



3-11. さぁ・・・

「ヨツバ・・・同ジ『アーマー』装備者 トハ 言エ、相手ハ『強化兵士』」
20.8.1_42-1

「ココハ 僕ニ 任セテ、君ハ・・・」
20.8.1_43


20.8.1_44


「逃ゲ足ノ 速サ ハ『強化兵士』以上 ダネ」
20.8.1_45

第2ラウンドの 開始だよ!






4. プラモ劇 - 幕間 -

人によっては このブログが アップされた時期は、『夏休み』期間中かと 思われます。(ちなみに 私も『夏休み』期間中)


そして 私の 子供の頃の『夏休み』では、期間中に ちょっとした『アニメ』や『特撮もの』が よく放映されておりました・・・ 
20.8.1_48



・・・と 言うことで、私から 皆様へ  夏休みの プレゼントとして 勝手に この『プラモ劇(悪ふざけ)』を ご提供させて 頂きます(笑) 
20.8.1_49




ではでは 一旦 ここで『プラモ劇』は 終え、次回 同じく『夏休み』期間中に 残りの『後編』を ご提供させて 頂きたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

前回 に 引き続き、作成した プラモデルらを 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』の『後編』 です。



・・・引き続き、温かい目で 見て頂けると 幸いです。




1. プラモ劇 - はじめに -

前回 述べた 内容 と 全く同じですが、もう一度。

1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
    


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - 本編 <後編> -

では、『後編』の スタート です。

2-1. アイキャッチ

20.8.6_1


2-2. 戦場では よそ見 駄目 絶対!

「ヨツバ・・・」
20.8.6_2

20.8.6_3

20.8.6_4

「ア・・・」
20.8.6_5

「アァ~~ッ!」
20.8.6_6


2-3.「EPISODE Ⅱ」完!

20.8.6_7

20.8.6_8

20.8.6_9

「効イテ ナイ ヨ」
20.8.6_10


2-4. 種明カシ ヲ シヨウ♪

20.8.6_10-1

「何故ナラ・・・」
20.8.6_11

僕ノ『アーマー』ハ 特注品デ、通常品ヨリ 強固 ダカラネ!」
20.8.6_12

20.8.6_13


2-5. 無駄 無駄 無駄ァ!

「通常兵装デハ 僕ノ『アーマー』ハ 貫ケナイ ヨ」
20.8.6_14

20.8.6_15

20.8.6_16

「・・・無駄 ダヨ」
20.8.6_17


2-6. 諦メタ カナ?

20.8.6_18

20.8.6_19
  
「コッチノ 攻撃モ 君ニハ 当タラナイ カラ、
    コノママ 引イテ クレルナラ 僕ハ 追ワナイ ヨ」
20.8.6_20


2-7. アレレ~?

「オヤ?」
20.8.6_21

20.8.6_22

「良ク 見ルト、君ノ 武器モ 特注品ミタイ ダネ」
20.8.6_23

20.8.6_24

「デモ 何故 動力装置デアル『ヘキサグラム』ガ 鞘ニ 付イテ イルンダイ?」
20.8.6_23-1


20.8.6_25

20.8.6_26

「アッ、成程、刀身ノ 攻撃力UPニ 使ッテ イルンダネ」
20.8.6_27


2-8. 必殺ッ!!

20.8.6_28

20.8.6_29

20.8.6_30

「ア・・・」
20.8.6_31

「ア゛ア゛ァァーーーッ!!」
20.8.6_32

20.8.6_33

20.8.6_34


2-9.『アーマー』ブレイク

「ア、ア、アワワ・・・」
20.8.6_35

20.8.6_36

20.8.6_37

20.8.6_38

20.8.6_39


2-10. サヨウ・・ナラ・・・

「ヨ・・・ツバ・・・」
20.8.6_40

20.8.6_41

20.8.6_42

「Yo, wassup bitches!?」(よぉ、調子はどうだい クソ野郎!)
20.8.6_43

20.8.6_44


2-11. ヒーローは 遅れてやって来る!

「ヨツバ・・・」
20.8.6_45

「I'm sure you are having fucking fun. (楽しんでる様だね♪)
  Do you mind if I take part?」(ヨツバも 参加していいかな~?www)
20.8.6_46

「Is this participation fee OK?」(あっ、コレは 参加費ね♪)
20.8.6_47


2-12. まだだ、まだ終わらんよ!

20.8.6_48

「アッ・・・」
20.8.6_49

Fuck!」(テメェッ!)
20.8.6_50

20.8.6_51


2-13. 最後の選択

「・・・・」
20.8.6_52

「・・・・」
20.8.6_53

「ヨツ・・・」
20.8.6_54




3. プラモ劇 - エンディング -


3-1. エピローグ - 信ジテイタヨ -

「ヴァ゛ッ!!」
20.8.6_55

Fuck!?」(やったか!?)
20.8.6_56

Fuck!!」(何!!)
「ア、ア、アワワ・・・」
20.8.6_57

「Where the hell is bitch!?」(あのアマ、何処に行きやがった!)
「ヨツバ・・・ダンボー・・・守ルッテ・・・」
20.8.6_58

20.8.6_59

20.8.6_60

20.8.6_61


3-2. スタッフロール

<出演>
          よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
       ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア

         町娘: 京都の 岡崎神社 での お土産

   謎の強化兵士: 我が家の『ハクコ』


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅱ: よつば と 白狐!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





4. 制作を 振り返って

てな感じで、  7月中旬 から 8月上旬 にかけては 主に この『プラモ劇(悪ふざけ)』を 行ってました。

7月は 大きな連休も ありましたが・・・ほら、コロナも ありましたし・・・ねぇ?(^^;

自発的に コレで『自粛』をしておりました(笑)
20.8.1_46


なお 画像編集などは 前作 同様 大変 疲れましたが、前作 と 比べると かなり スムーズに 対応 出来ました♪
20.8.1_47

また スラング語 も、この作中で 上げている以上に、裏では 多くの 使えそうな 言葉や文章 を 調べ学んで おりました♪
20.6.20_0-120.8.6_62


・・・人に 言えない あまり どうでも良いスキル が ドンドン 上達していってます(^^;





ではでは、今回も 最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

10月下旬 から 11月頭 にかけて、また 作成した プラモデルら を 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』を 実行/撮影 致しました。(過去の『悪ふざけ』 : <エピソードⅠ> 前編後編<エピソードⅡ> 前編後編


つきましては、今回は これらをまとめた  表記『プラモ劇』 について 語らせて頂きます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前々作前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.6.20_0-120.6.20_0-2


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.11.7_1


 そして その 相棒 と 仲間たち との 日常を 綴った 物語である。
20.11.7_2


2-2. メイン タイトル

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3



2-3. サブ タイトル

※ 私の中での 脳内 BGM
  

『エピソード Ⅲ 
    よつば と バイク !』

20.11.7_3




3. プラモ劇 - 本編 -


3-1. ある日の 昼下がり、空地にて

20.11.7_4

20.11.7_5

20.11.7_6


3-2. なにこれ なにこれ~♪

※ 私の中での 脳内 BGM
  

「ワァ〜、ハクコ、『コレ』ドウシタンダイ?」
20.11.7_7

「『バイク』ナノニ 武器ガ イッパイ 付イテイルネ」
20.11.7_8

「凄ク 高ソウ ダケド・・・本当ニ ドウシタンダイ、コレ?」
20.11.7_9


20.11.7_10


「・・・エ、「酔ッテ 記憶ガ 飛ンデイル時ニ イツノ間ニカ 買ッテイタ」?」
20.11.7_11


「トンダ 駄目人間 ダネ!」
20.11.7_12


「ソンナンジャ 立派ナ 大人二・・・話ヲ 聞イテヨ」
20.11.7_13


20.11.7_14


3-3. 何だか 楽しそうじゃねぇ~か?

20.11.7_15

「Yo, wassup bitches!?」(よぉ~、調子はどうだ クソ野郎共!)
20.11.7_16


「ア、ア、アワワ・・・ヨツバ」
20.11.7_17


「Oh, Isn't it a new moto?」(おっ、何だよ、新車じゃん♪)
20.11.7_18

「ダカラ ベタベタ 触ッタラ 駄目ダヨ、ヨツバ」
20.11.7_19

Huh?」(あ?)
20.11.7_20


「Oh, well... Let me ride fucking little!」(ま~いい・・・ちょっと 乗させろよ♪)
20.11.7_21

「「悪イナ ヨツバ、コレハ 1人乗リ用 ナンダ」ダッテ 」
20.11.7_22


20.11.7_23


「「ソシテ 買ッタ バッカリ ダカラ 貸セナイヨ」ダッテ」
20.11.7_22-2


20.11.7_23-2


Arghhhhhhhhhh!!!!」(あ゛ぁぁ~!!??)
20.11.7_24


3-4. わけが わからないよ

「What's yours is mine...」(お前の物は ヨツバの物・・・)
20.11.7_25

「and what's mine is my own...」(ヨツバの物も ヨツバの物・・・)
20.11.7_26

「Right!?」(じゃろがいっ!!)
20.11.7_27


「ア、ア、アワワ・・・」
20.11.7_28


3-5. ジャイアニズム

「Give it to me, fucking!」(よこせ、オラっ!)
20.11.7_29


20.11.7_30

Fuck!」(あっ、この野郎!?)
20.11.7_31


3-6. ジョースター家の 伝統的な 戦いの発想法

20.11.7_32

20.11.7_33

20.11.7_34

20.11.7_35


Fuck!」(テメェ~!)
20.11.7_36

「Kiss my ass!」(待ちやがれ、この野郎!)
20.11.7_37

「You... shit-eating bitch!!」(この ビチグソがぁ~!!)
20.11.7_38


3-7. 悔しいよぉ~!

「Wahhhhhhh!!」(うぉ~ん、うぉんうぉん!)
「ヨツバ、泣カナイデ」
20.11.7_39

「Do something!」(おい、どうにかしやがれ!)
「情緒ガ 不安定スギルヨ」
20.11.7_40


3-8. もう~、しょうがないな~

「・・・分カッタ ヨ、銃ヲ 下シテ」
20.11.7_41



※ 私の中での 脳内 BGM
  

「アーミーコンテナ セット~!」
20.11.7_42

20.11.7_43


「Army Container Set?」(アーミーコンテナ セット~?)
20.11.7_44


「・・・」
20.11.7_45





4. プラモ劇 - エンディング -


4-1. エピローグ - あしたも ともだち -

※ 私の中での 脳内 BGM
  

20.11.7_46

20.11.7_47

20.11.7_48



20.11.7_49

20.11.7_50

20.11.7_51



20.11.7_52

20.11.7_53

  
「弾殻、純銀製 マケドニウム加工弾殻、
   装薬、マーベルス科学薬筒 NN9、
   弾頭、法儀式済ミ 水銀弾頭・・・ノ 13mm 炸裂鉄鋼弾 ダヨ」
20.11.7_54

「It's perfect, fucking DANBOARD.」(パーフェクトだ、ダンボー)
「感謝ノ 極ミ」
20.11.7_55


「The moto blowing up builds character...」(バイクが 壊されることで 人は 成長するもんなんだよ・・・)
「・・・初メテ 聞ク 格言ダネ」
20.11.7_56


4-2. スタッフロール

<出演>
          よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
       ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア
          ハクコ: 我が家の『ハクコ』


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅲ: よつば と バイク!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





5. 作成を 振り返って

10月下旬の 週末・・・何となく TVをつけたら『ドラえもん』を やっていたので、実に 20年弱ほどぶりに まともに 見ました。(「声優」が 代わってから 初)


で、私が 昔 子供の頃に 見ていたものから、「声優」や「絵柄」が 変わっているのは 当然理解しておりましたが・・・


 何か これら以外にも 違和感があるな~と・・・
20.11.7_57


で、色々と 過去の思い出を 振り返ってみた 結果・・・ BGM や 効果音 も 一新されていたんですね、今の『ドラえもん』では。
20.11.7_58



・・・といった「発見(驚き)」と「懐かしみ」の 背景を 踏まえ、今回 私なりの『ドラえもん(旧版)』ちっくな『プラモ劇(悪ふざけ)』を 作成しました(^^;





ではでは、今回も 最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ