いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

プラモデル関係(作成/改造、雑記)

前回 に 引き続き、昨年の 12月下旬頃に 実施した 「プラモの 保管場所」作成  についてです。


今回は 「作成の 工程」 と 「作成したもの の 紹介」 に ついて 語らせて頂きます。




1. 作成の工程

以下に この『プラモの 隠し場所』の 作成工程を 順を追って 記載していきます。

1-1. 棚の 用意

 スペースの 空いた『棚』を 用意します。
21.1.26_15

なお 前回にも 語りました が 今回用意した この 1つの 棚の 内寸は「縦 × 横 × 奥行 = 33cm × 58cm × 29cm」です。

ここに 今から 色々と 意匠等 整えていきます。


次に  この『棚』の 大きさに 合わせた『すべり止めシート』を 敷きます。 
21.1.30_1

なお『すべり止めシート』は、後から 簡単に 外れない様に テープ等で しっかり 固定しました。


これで 『棚』側の 下準備は 完了です。



1-2. ビルダーベース/システムベースの 組立て/設置

 上記1-1の『棚』の 大きさに 合わせた『ビルダーベース/システムベース』を 組み立て、そして『棚』に 設置します。
21.1.30_3

と ま~、一言で 言えば 上記になるのですが・・・

材料の 準備 および 上記1-1 の 工程が 完了し、いざ この 1-2 の 工程を 開始しようとしたのが 夜の 21時頃からで・・・


そして これが 完了したのが 深夜の 2時過ぎ・・・ 計 5時間 かかりました(泣)
21.1.30_2

「時間 かかりすぎ、大袈裟(笑)」なんて 言われるかもしれませんが、本当に かかりました・・・

そもそも これらの『パーツ』らが 何の 商品なのかを 調べる所から 始まり・・・何となくで『パーツ』を 各商品ごとに 分別し・・・説明書は 無いので 手探りで 試行錯誤しながら 組み合わせていく・・・更に『棚』の 大きさに 合うように 意匠を 整えていくとなると・・・ あ゛ぁぁぁ~~!(泣)
21.1.26_16

しかも 前回にも お伝えしました が、スペースの関係上 この作業を 実施していたのは『廊下』・・・


そう・・・  暖房器具が 無い 冬の 寒い 夜の 廊下 です!

なので 自宅なのに  わざわざ 厚着をして 作業を しておりました(泣)
21.1.30_4


「勢いで やるもんじゃないな・・・」と 激しく後悔をしながら 頑張って この工程を 行っていきました。

なお 時間 と 心 に 余裕が あれば『塗装』も しておきたかったんですけどね~・・・当然 そんな 余裕は無く、今回は 組み上げた 素組み品を そのまま『棚』に 設置しました(^^;



1-3. 意匠の 整え

 上記1-2 で『ビルダーベース/システムベース』が 設置されていない『棚』の 隙間箇所へ、大きさを 合わせた『ジョイントマット』を 設置します。
21.1.30_5

これで 基地に 隣接する 外(草原)を 表してみました♪



1-4. 棚の 隠ぺい

 上記1-3 の『棚』の 中身が 隠れる様に、『棚』の 前面 と 側面に『はぎれ』や『ウォールポケット』を 取り付けます。
21.1.26_19

これで『棚』の 中が 外から 見えない様に 隠ぺいしました。



1-5. 棚の 設置、プラモらの 設置

 上記1-4 で 出来上がった『棚』を 元の 位置に 戻します。

この『棚』の 元々の 設置場所であった 私の 部屋の 端へと 戻しました。

また 合わせて、一旦 外に 出していた 他の『棚』の 中身も 元に 戻していきました。



そして 最後に、『プラモ』らを この『棚』の中へ 配置していきます。

これで 今まで むき出し状態で 置いていた『プラモ』らを、何とか 周りの目から 隠しつつ 収納することが できました(^^


以上で 『プラモの 隠し場所』の 完成です♪



・・・ちなみに この時、時刻は 深夜 3時になろうと しておりました(^^;





2.『プラモの 隠し場所』の 紹介

それでは 作成した この『プラモの 隠し場所』を 改めて ご紹介したいと思います♪

2-1. 単体での 写真

21.1.30_6
21.1.30_7

「草原と 隣接する 2階建ての 基地(格納庫)」  を イメージしております♪



2-2. プラモら との セット写真

21.1.30_8
21.1.30_9
21.1.30_10
21.1.30_11
21.1.30_12


おぉ~・・・実際に『プラモ』らを 配置してみると  ジオラマちっくで 良い感じです♪

一応 今まで 作って来た『プラモ』らは 全て 設置できましたし、まだ 空間的にも 余裕が あるので、今後 作っていくだろう『プラモ』らも ここに 設置/収納 できそうです(^^



2-3. 実際の 設置状態の 写真

最後に 実際の 部屋での 設置状態 を お見せします。

下記写真 の 様に  この『棚』は 主に ネットワークルーター 等を 置くため用で、部屋の 隅に 設置しております。

で、そこを『はぎれ』や『ウォールポケット』で 覆っているため、 一目では ここに『プラモ』らが あるとは 分からない 状態です。
21.1.30_13


しかし、 この『はぎれ』を めくると 上記2-2 の状態の『プラモ』らが スタンバっております♪
21.1.30_1421.1.30_15




ふ~、 これで 何とか 2020年中に『プラモ』らの 整理が できました♪
21.1.26_9


・・・ただし  まだ『ビルダーベース/システムベース』の パーツらは 少々残っております。
21.1.30_16

中には 『謎の パーツ(何の商品か 結局 分からなかった パーツ)』として、LEDが 光る スポットライト的な パーツも 残っております。
21.1.30_17

なので これらを 使い・・・また『塗装』も 合わせて「この『プラモの 隠し場所』は、いつか 大幅リフォーム したいな~」と 考えております。

ま~、いつになるかは 未定ですが・・・その前に『積みプラ』を どうにかしないと いけないですし(^^;





ではでは『2020年12月の 振り返り 第3弾』として 語らせて頂きました『プラモの 隠し場所 作成』の話は これで 終わりです。


そして 次回は いよいよ『2020年 12月の 出来事 振り返り』ラスト となる 話を 語らせて 頂きたいと 思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

今回から 『2020年 12月の 出来事 振り返り 第3弾』 の話を 前編 と 後編 に 分けて 語っていきたいと思います。

そして その内容は、昨年末に 語った『2020年の 振り返り』でも 少し 振れました 「プラモの 保管場所」 についてです。

・・・なお この『2020年の 振り返り』時に「来年の抱負」の 様に 語っていた「『プラモ』ら が むき出し状態で 現状 置かれている 問題」については、実は この 12月末の 時点では 既に 解決済みでした。

ちょっと 語弊が ありました、すいません(^^;



ということで、今回は この 「作成の 背景 と 構想、 そして その材料」 について 語りたいと思います。




1. 作成の 背景

『2020年の 振り返り』時でも お話しました 通り、この時の 私の部屋には  今まで作った『プラモ』ら が 置き場がなく 散乱しておりました・・・
21.1.3_4

なので 「この『プラモ』ら の むき出し状態 を どうにかする!」 というのが、今回の 取り組みにおける 大きな 理由/目的 です。





・・・ただ そのためには、この『プラモ』ら を 置く 「場所の 確保」 が まず 必要 となります。

で「部屋の どこかで スペースを 確保できないか」と 悩んだ末、ある 妙案が 浮かびました。




それは・・・



「棚を 大きく 占拠していた これら(下記写真)を 整理する」 です。
21.1.26_2

なお このパーツらは、 基地風 ジオラマ作成用の『ビルダーベース/システムベース』 という 商品らの パーツ群です。



ちなみに これらの パーツらは、我が家の 棚を 約1年半 にわたり 占拠しておりました・・・


そして その背景には このブログ(私の 心の闇の はけ口先)作成の 発端 ともなった 『ドール用 パワードスーツ』が 起因しております。
21.1.26_4

今から 1年半前の 2019年の 夏・・・

この『パワードスーツ』が 無事 完成した 私は 大変 調子に乗っておりました。

そして 私は 次の 着手計画として、押し入れ内にある 『ドールの 隠し部屋(カラーボックス)』を 改造/拡張し、「この『パワードスーツ』用の 秘密基地を 作ろう♪」と 考えました。
21.1.26_3



で、 ネットオークションサイトを 見てみると、この 基地風ジオラマ を 簡単に 作ることができる 上記『ビルダーベース/システムベース』という 商品一式を 見つけました。
21.1.26_5

しかも この時に 見つけた オークション商品は、「中古パーツが まとめ売り」 され かつ 「値段も 凄く 破格」 なもの でした。

なので これ幸いにと すぐさま 購入しました(^^





ただ その 商品が 届き、そして 実際に 目にしたら・・・


 予想以上の パーツの 多さに ちょっと 引いてしまいました(^^;
21.1.26_6



あの値段(確か 5,000円ほど)で この パーツ量で あることは、大変 喜ばしいこと ではありますが・・・


「説明書が 無く 手探りで これらを 組み立てて いかなければ ならないこと」「これを 設置するために『ドールの 隠し部屋』を 大幅改修する 手間」 を 考えると・・・


 ちょっと 二の足を 踏んでしまい、結果 そのまま 1年半ほど 放置してしまいました(^^;
21.1.26_7



なので 当時の 思惑 からは かなり ズレますが、『年末の大掃除』を 機に、これらの『パーツ』らを 片づけつつ、そして これで 空いたスペースに これらを 使った 『プラモ用の 隠れ基地(部屋)』を 作っていくことに しました。
21.1.26_120.12.20_4




2. 作成の 構想/狙い

上記1で『プラモの 隠し場所』を 作ることを 思い立ったは 良いものの・・・

やはり 1年半も『放置していたこと』を 改めて 実行するのには、なかなか 腰が 上がりませんでした・・・



ただ 『年末の大掃除』自体は、12月の 中旬頃から 週末を活用し 少しずつ 開始しておりました。
21.1.26_8

やがて 12月下旬の 週末、その過程で 部屋の 隅にある ネットワークルーター や 本などを 置いていた  別の『棚』の 整理(大掃除)を 実施しました。

そして その結果、 丁度『棚』1段分 の スペースを 確保することが できました。
21.1.26_9


で このスペースを 見た 私は、「予定していた『棚』とは 違う『棚』だけど 丁度良いや、ここに『プラモの 隠し場所』を 作ってしまおう~♪」 と 思いました。

そして この作業が しやすい様に、 一旦 掃除/整理した この『棚』から 再度 中身を 全て 取り出し、周りの スペースが 確保されている 廊下へと『棚』を 持ち運びました。
21.1.26_10





・・・で ここに来て  私は 3つの 大きな ミスに 気づきました。
21.1.26_11

1つ目は、 もう 夜の 結構 遅い時間帯(20時頃)だったので、作業は 後日に すれば 良かった という点。



2つ目は、作業のために『棚』の 中身を 一旦全て 出したことで 部屋が ぐちゃぐちゃ になってしまい、 これらを 片づけないと 眠ることが できない状態に なってしまった という点。



そして 最後の 3つ目は・・・

上記 状況から さっさと『プラモの 隠し場所』を 作って『棚』を 元の 位置/状態へと 戻したかったのですが・・・

そもそも 『プラモの 隠し部屋』の 具体的な『構想』が この時 練られていなかった という点 ・・・です。
21.1.26_12



なので この時、 急いで『プラモの 隠し場所』の 具体的な『構想』を 練ろうと しました、「早く 終え、早く 寝れるように!」。
21.1.26_13


・・・ただ よくよく考えてみると、「そもそも きちんと『構想』を 練っても、その『材料』が 無ければ 作れないじゃないか!」と 気づきました。


上記の 通り 時刻は 夜の 結構 遅い時間帯 であったため、今から『材料』の 買い出しは できません。

そのため ぐちゃぐちゃ な 状態の 部屋を 更に ぐちゃぐちゃ にして、『ビルダーベース/システムベース』以外で『プラモの 隠し場所』作成に 使えそうな『材料』を 急いで探し、『構想』云々ではなく これら『ありもの の 材料』を 使って「行き当たりばったり感」で 作り上げることにしました。
21.1.26_14




3. 作成にあたっての 材料

上記2 で 語った通り、取り急ぎ 部屋の中を 探し回って 材料を 揃えていきました。

そして 最終的には 大きく 下記の 6つの 材料を元に『プラモの 隠し場所』を 作成しました。

材料
 (1) 棚
 (2) ビルダーベース/システムベース
 (3) すべり止めシート
 (4) ジョイントマット
 (5) はぎれ
 (6) ウォールポケット


(1)の『棚』は、ず~っと 昔に 確か ネット通販サイトから 購入した 一般的な 棚です。

ちなみに 1つの 棚の 内寸は「縦 × 横 × 奥行 = 33cm × 58cm × 29cm」でした。
21.1.26_15


(2)の『ビルダーベース/システムベース』は、上記1 にて 語った通り 今回の『プラモの 隠し場所』にて 肝となる パーツ群です。
21.1.26_16

なお 説明書が 付属されていなかったので 正しいかは 分かりませんが、恐らく 下記 商品らかと 思われます。

ただ これら以外にも 不明な パーツが 沢山ありました。

なので 似たような 様々な 商品らの 寄せ集めの 様です・・・そのため 尚更 組立て用の 説明書が 無かったのが 本当に 辛かったです(^^;





そして 以下の(3)~(6)は、以前の『ドール用 アイテム 作成時』や『プラモ 改造時』等 にて、結局 使わずに そのまま 取っておいた 部材です。

結果として これらの『整理(大掃除)』も 合わせてすることが できました(笑) 

また 確か これらは 100円ショップ か ホームセンター にて 購入したもの だったかと 思います。



まず(3)の『すべり止めシート』は、『ビルダーベース/システムベース』の 下に 敷き、すべり止め として 使用しました。
21.1.26_17


次に(4)の『ジョイントマット』は、全体の 意匠を 整えるために 使用しました。
21.1.26_18


そして(5)の『はぎれ』 と (6)の『ウォールポケット』は、最後に これらを 使って『棚』の 中身を 隠すために 使いました。
21.1.26_1921.1.26_20



・・・と 何とか これらの『材料』を 部屋から かき集めて、夜の 21時頃から 実際に『プラモの 隠し場所』を「行き当たりばったり感」で 作っていきました(^^;



ではでは 次回は 実際の 作成工程 や 出来上がったものを ご紹介をして、この『プラモの 隠し場所』作成の 話を 締め括りたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

皆様、『クリスマス』ですね・・・

そして これを 題材に またまた 『プラモ劇(悪ふざけ)』を 作ってしまいました(^^;
(過去の『悪ふざけ』 : <エピソードⅠ> 前編後編<エピソードⅡ> 前編後編、 <エピソードⅢ> 本編


つきましては、今回は この  表記『プラモ劇』 について 語らせて頂きます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 過去作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.12.24_1


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.12.24_2


 そして その 相棒 と 仲間たち との 日常を 綴った 物語である。
20.12.24_3


2-2. メイン タイトル

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3



2-3. サブ タイトル

『エピソード Ⅳ 
    よつば と 聖なる夜 !』

20.12.24_4




3. プラモ劇 - 本編 -


3-1. ある日の 昼下がり

※ 私の中での 脳内 BGM
  

20.12.24_7


「何トカ 夜マデニ 飾リツケハ 間ニ合イソウ ダネ」
20.12.24_8

「ヨツバ モ チャント 手伝ッテ エライネ」
20.12.24_9


20.12.24_10


「Yup! I love liquor, chick, d〇ugs and parties!」(ま~な♪ ヨツバは 酒と 女と ド〇ッグと パーティは 大好物だからな!!)
20.12.24_11


「アハハハ、ヨツバ 発言ニハ 気ヲツケテ、コノ『ブログ』ガ 閉鎖サレチャウヨ」
20.12.24_12


3-2. さてさて

「ジャ~ ソロソロ、僕ト ハクコ ハ 予約シテイタ 料理ヲ 受ケ取ッテ クルネ」
20.12.24_13

「残リノ 飾リツケハ オ願イシテ 良イカナ?」
20.12.24_14


20.12.24_15


「Got your back, morons!」任せろ、脳無し豚ども♪)
20.12.24_16

「I'll give you fucking cool decoration!」(勃起ものの イカス飾りに しておいて やんよ!!)
20.12.24_17


「アハハハ、ヨツバ ハ 本当ニ『口汚イ』ネ」
20.12.24_18


3-3. 二手に分かれて 別行動だ

「ジャ~、修理ヲ 終エタ ハクコ ノ『バイク』デ 受ケ取リニ 行コウカ」
20.12.24_19

「ヘ~ ソウナンダ、マダ 犯人ハ 見ツカッテ イナインダネ・・・本当ニ 酷イコトヲ スル奴ガ イルネ」
20.12.24_20


3-4. 参った参った、ぴえん

「アワワ・・・、スッカリ 遅クナッテ シマッタネ」
20.12.24_21

「本当ニ 年末ハ 警察ノ 取リ締マリガ 厳シイヤ」
20.12.24_22

「ヤッパリ 1人乗リ用ニ 2人乗リハ 不味カッタネ」
20.12.24_23


「ン? 何ダイ、ハクコ?」
20.12.24_24


「エッ、「罰金ハ 半分 払ッテ クレ」ダッテ?」
20.12.24_25


20.12.24_26


「ハクコ ノ『冗談』ハ 本当ニ 面白イネ♪」
20.12.24_27


「サー・・・、早ク 戻ラナイト、ヨツバ ニ 殺サレチャウヨ」
20.12.24_28


3-5. ただいまー

「ヨツバ、遅クナッテ ゴメ・・・」
20.12.24_29

「ンネ・・・」
20.12.24_30


※ 私の中での 脳内 BGM
  

20.12.24_31

20.12.24_32

「・・・」(ブツブツ・・・)
20.12.24_33

XXXX!!」((とても 危ない発言)!!)
20.12.24_34

XXXX!!」((確実に 問題が 生じる 危険な発言)!!)
20.12.24_35


20.12.24_36

20.12.24_37

20.12.24_38


「ア゛ア゛ァァァッ~~!」
20.12.24_39

「ニャ~ン!」
20.12.24_40


3-6. 祈りを捧げよ

「Go to hell, fucking couples!」(世の カップル共よ、滅びろ!)
20.12.24_41


「Hahaha!」アハハハ!)
20.12.24_42

「Hahahahahahaha!」(アハハハハハ!!)
20.12.24_43





4. プラモ劇 - エンディング -


4-1. エピローグ - きよしこの夜 -

※ 私の中での 脳内 BGM
  

20.12.24_44

20.12.24_45

20.12.24_46


20.12.24_47


20.12.24_48


20.12.24_49

20.12.24_50

20.12.24_51



20.12.24_52


4-2. スタッフロール

<出演>
        よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
     ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア
        ハクコ: 我が家の『ハクコ』

        邪神像: 今回のために わざわざ作ったもの
        ※ 後日 詳細を ブログに アップ予定


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅳ: よつば と 聖なる夜!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





5. 作成を 振り返って

この時期になったら 思い出すことがあります・・・


大学生の頃、私の 友人の1人が、『クリスマスの 夜、別の友人(カップル)らの 自宅に 襲撃し、「オラッ、サンタさんからの プレゼントだよ!」と わざわざ 自作した Tシャツを 投げ渡す』 といった 奇行を 繰り返していたことを・・・
20.12.24_5



そんな彼も 今では 一児の 父親。


懐かしさと共に、「あんなヤツだったのに (私より)立派になっちまって・・・」 と 少し おセンチな 気持ちを 抱きつつ、12月の頭から 中旬にかけて 今回の『プラモ劇(悪ふざけ)』を 作成していきました・・・
20.12.24_6




ではでは、今回も 最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。



そして  皆様 よい クリスマスを・・・
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

10月下旬 から 11月頭 にかけて、また 作成した プラモデルら を 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』を 実行/撮影 致しました。(過去の『悪ふざけ』 : <エピソードⅠ> 前編後編<エピソードⅡ> 前編後編


つきましては、今回は これらをまとめた  表記『プラモ劇』 について 語らせて頂きます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前々作前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.6.20_0-120.6.20_0-2


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.11.7_1


 そして その 相棒 と 仲間たち との 日常を 綴った 物語である。
20.11.7_2


2-2. メイン タイトル

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3



2-3. サブ タイトル

※ 私の中での 脳内 BGM
  

『エピソード Ⅲ 
    よつば と バイク !』

20.11.7_3




3. プラモ劇 - 本編 -


3-1. ある日の 昼下がり、空地にて

20.11.7_4

20.11.7_5

20.11.7_6


3-2. なにこれ なにこれ~♪

※ 私の中での 脳内 BGM
  

「ワァ〜、ハクコ、『コレ』ドウシタンダイ?」
20.11.7_7

「『バイク』ナノニ 武器ガ イッパイ 付イテイルネ」
20.11.7_8

「凄ク 高ソウ ダケド・・・本当ニ ドウシタンダイ、コレ?」
20.11.7_9


20.11.7_10


「・・・エ、「酔ッテ 記憶ガ 飛ンデイル時ニ イツノ間ニカ 買ッテイタ」?」
20.11.7_11


「トンダ 駄目人間 ダネ!」
20.11.7_12


「ソンナンジャ 立派ナ 大人二・・・話ヲ 聞イテヨ」
20.11.7_13


20.11.7_14


3-3. 何だか 楽しそうじゃねぇ~か?

20.11.7_15

「Yo, wassup bitches!?」(よぉ~、調子はどうだ クソ野郎共!)
20.11.7_16


「ア、ア、アワワ・・・ヨツバ」
20.11.7_17


「Oh, Isn't it a new moto?」(おっ、何だよ、新車じゃん♪)
20.11.7_18

「ダカラ ベタベタ 触ッタラ 駄目ダヨ、ヨツバ」
20.11.7_19

Huh?」(あ?)
20.11.7_20


「Oh, well... Let me ride fucking little!」(ま~いい・・・ちょっと 乗させろよ♪)
20.11.7_21

「「悪イナ ヨツバ、コレハ 1人乗リ用 ナンダ」ダッテ 」
20.11.7_22


20.11.7_23


「「ソシテ 買ッタ バッカリ ダカラ 貸セナイヨ」ダッテ」
20.11.7_22-2


20.11.7_23-2


Arghhhhhhhhhh!!!!」(あ゛ぁぁ~!!??)
20.11.7_24


3-4. わけが わからないよ

「What's yours is mine...」(お前の物は ヨツバの物・・・)
20.11.7_25

「and what's mine is my own...」(ヨツバの物も ヨツバの物・・・)
20.11.7_26

「Right!?」(じゃろがいっ!!)
20.11.7_27


「ア、ア、アワワ・・・」
20.11.7_28


3-5. ジャイアニズム

「Give it to me, fucking!」(よこせ、オラっ!)
20.11.7_29


20.11.7_30

Fuck!」(あっ、この野郎!?)
20.11.7_31


3-6. ジョースター家の 伝統的な 戦いの発想法

20.11.7_32

20.11.7_33

20.11.7_34

20.11.7_35


Fuck!」(テメェ~!)
20.11.7_36

「Kiss my ass!」(待ちやがれ、この野郎!)
20.11.7_37

「You... shit-eating bitch!!」(この ビチグソがぁ~!!)
20.11.7_38


3-7. 悔しいよぉ~!

「Wahhhhhhh!!」(うぉ~ん、うぉんうぉん!)
「ヨツバ、泣カナイデ」
20.11.7_39

「Do something!」(おい、どうにかしやがれ!)
「情緒ガ 不安定スギルヨ」
20.11.7_40


3-8. もう~、しょうがないな~

「・・・分カッタ ヨ、銃ヲ 下シテ」
20.11.7_41



※ 私の中での 脳内 BGM
  

「アーミーコンテナ セット~!」
20.11.7_42

20.11.7_43


「Army Container Set?」(アーミーコンテナ セット~?)
20.11.7_44


「・・・」
20.11.7_45





4. プラモ劇 - エンディング -


4-1. エピローグ - あしたも ともだち -

※ 私の中での 脳内 BGM
  

20.11.7_46

20.11.7_47

20.11.7_48



20.11.7_49

20.11.7_50

20.11.7_51



20.11.7_52

20.11.7_53

  
「弾殻、純銀製 マケドニウム加工弾殻、
   装薬、マーベルス科学薬筒 NN9、
   弾頭、法儀式済ミ 水銀弾頭・・・ノ 13mm 炸裂鉄鋼弾 ダヨ」
20.11.7_54

「It's perfect, fucking DANBOARD.」(パーフェクトだ、ダンボー)
「感謝ノ 極ミ」
20.11.7_55


「The moto blowing up builds character...」(バイクが 壊されることで 人は 成長するもんなんだよ・・・)
「・・・初メテ 聞ク 格言ダネ」
20.11.7_56


4-2. スタッフロール

<出演>
          よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
       ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア
          ハクコ: 我が家の『ハクコ』


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅲ: よつば と バイク!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





5. 作成を 振り返って

10月下旬の 週末・・・何となく TVをつけたら『ドラえもん』を やっていたので、実に 20年弱ほどぶりに まともに 見ました。(「声優」が 代わってから 初)


で、私が 昔 子供の頃に 見ていたものから、「声優」や「絵柄」が 変わっているのは 当然理解しておりましたが・・・


 何か これら以外にも 違和感があるな~と・・・
20.11.7_57


で、色々と 過去の思い出を 振り返ってみた 結果・・・ BGM や 効果音 も 一新されていたんですね、今の『ドラえもん』では。
20.11.7_58



・・・といった「発見(驚き)」と「懐かしみ」の 背景を 踏まえ、今回 私なりの『ドラえもん(旧版)』ちっくな『プラモ劇(悪ふざけ)』を 作成しました(^^;





ではでは、今回も 最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

さて、前回 は 逸れた話を してしまいましたが、今回こそ 9月のシルバーウィーク から 10月頭 にかけて 作っていった 『オリジナル ヘキサギア バイク』作成  についての 最終回 です。(過去の 作成内容 : 


「作成した『オリジナル ヘキサギア バイク』の 紹介」 と 「この作成の 感想」 について 最後に 語りたいと 思います。




1.『オリジナル ヘキサギア バイク』の 紹介

では 今回 作成した『オリジナル ヘキサギア バイク』を ご紹介したいと思います♪


1-1. 単体での 写真

まずは『オリジナル ヘキサギア バイク』単体での 写真です。


<正面/背面>
20.10.26_120.10.26_2
20.10.26_320.10.26_4
20.10.26_16

なお 背面の『アーミーコンテナ』は 取り外し可能です。
20.10.26_17


<側面>
20.10.26_5
20.10.26_6

元の 大きさ(前輪 先端 ~ 後輪の 端)が 約 10cm だったのに対し、今回の 改造にて 大きさ(サブウェポン 先端 ~ アーミーコンテナの 端)は 約 17cm となり、かなり 大きくなりました。
20.10.26_11


<アップ+α>
20.10.26_9
20.10.26_10
20.10.26_820.10.26_7


どうでしょうか?

個人的には イイ感じ に 組み上げることが 出来て、また『塗装』も 割と 上手く出来たので  満足のいった 内容です♪



・・・ちなみに『各武装(メインウェポン、サブウェポン、シールド)』は、それぞれ『補助アーム』に 連結されているため、取り回し範囲が 大変 広いです。
20.10.26_1220.10.26_13

また、『フロント』パーツも ある程度 可動範囲を 持っているため・・・



これらを 全面展開させて 下記写真の様な 「なんちゃってビースト(4脚走行)モード」も 可能です(笑)
20.10.26_14
20.10.26_15

・・・意外と こっちも イイ感じですね(^^;



1-2. ジオラマシートとの セット写真

では 次に、この『オリジナル バイク』と 『ジオラマシート(背景シート)』 との セット状態での 写真ら です。


20.10.26_1820.10.26_22
20.10.26_19
20.10.26_2020.10.26_21


今回の 撮影用に 新しい「戦場風景」の『ジオラマシート(背景シート)』 を 購入したのですが、結構 マッチしてますね、よかった よかった(^^



1-3.『ハクコ』との セット写真

そして 最後に、同じ『ヘキサギア』シリーズの 「オリジナル ヘキサギア ガバナー」として 作成した 我が家の『ハクコ』 との セット写真を。


20.10.26_24
20.10.26_25
20.10.26_2320.10.26_26

20.10.26_29
20.10.26_30


 こちらも イイ感じですね♪
20.10.26_27
20.10.26_28




2. 作成を 振り返って

一応 当初構想 である 「武器 てんこ盛りな フロント2輪 の 3輪車」については、「何とか 出来たのではないかな~」と 思っております。





ただ・・・


その前の そもそもの 大きな狙いである 「コレは『MAD が MAX』な『バイク』か?」 と 尋ねられると 少々 疑問が 残ります。





というかですね・・・コレを 作っていく過程で・・・





「そもそも『MAD』って 何?」という 疑問  に ぶち当たりながら 作成していきました。
20.10.26_31


果たして コレは 本当に 私が 求めている『MAD』で あるのか・・・と言うか『MAD』って そもそも 何だろう・・・ 作成時は まるで『MAD』についての 禅問答 を 自身で行っているような 感じでした・・・
20.10.26_32


とはいえ、何とか 完成自体は 出来たので、「コレも 私の中の 1つの『MAD』の 形!」 と 自身に 無理やり 言い聞かせました(^^;







・・・なお この『オリジナル バイク』の 完成後、改めて マジマジと コレを 眺めていると  不意に「懐かしい」感じを 受けることが 何度かありました。



特に 「『ゴテゴテした フロントなどの 装甲』に対して『小さいままの バイクの 車輪』との 対比状況」 を 見ていると 何だか『懐かしい』気持ちが・・・
20.10.26_35



う~ん、何だろう この『懐かしさ』・・・

 私が 凄く小さい頃、TVで たまに 見かけていたような・・・
20.10.26_36
















20.10.26_37






 私は この『懐かしさ』を 深く追求するのは 止めることにしました♪
20.10.26_38




3. ちなみに・・・

この『オリジナル ヘキサギア バイク』ですが、以前の『ハクコ』の際 と 同様 に、今回も 『ヘキサギア』公式HP 内にある 『フリービルド』という コーナー  へ 応募しました。




そして  大変ありがたい ことに 今回も 掲載して 頂けました(^^ 
20.10.26_33



『オリジナル バイク』の 作成 および 撮影が 完了した 10月頭、その勢いのまま 今回も 応募しました。

そして 今回は 応募から わずか1週間足らずで 直ぐに 上記 公式HP内で 掲載して 頂けました♪



なお これに 応募する上で 必要となる  本機の「機体解説(詳細設定)」などを 考えるのは 今回も 大変楽しかったです♪

・・・もし よろしければ 上記リンク先を 覗いてやってください、『いい年した オッサン』が考えた 妄想が ずらずらと 記載されております(笑)
20.10.26_34




とま~ 色々とありましたが、何はともあれ 今回の『オリジナル ヘキサギア バイク』作成も、きちんと 何らかの 結果を 無事に 示して 終えることが 出来たので、私的には 大満足です(^^


・・・そして このモチベーションを 維持して いまだ未着手の『オリジナル ヘキサギア 人型ロボ』作成 へと 早めに 繋げていきたいと思います(^^;


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ