今まで 複数回に分けて 語らせて頂きました 昨年末に 行った 『2020年 年末の旅行』 についての 最終回 です。(過去の記事: 


今回は 「旅行 2日目の 観光の 内容」 と 「この旅行全体の 振り返り」 についてです。




1. 旅行の 2日目: 宮崎 の 青島神社

昨夜 意図せぬ 夜更かしを してしまい 少々 眠い状態 でしたが、「朝一なら 有名な 観光スポットでも 人が 少なく、『ドール』の『野外撮影』が 容易い♪」 という 今までの 経験から、私は 朝早めに チェックアウトをし 本日の 観光先へと 移動を 開始しました。
21.2.16_1


そして この 向かった先は、宿泊ホテルからも 近く、また 有名な 観光地でもある 「宮崎県 の 青島神社」 という 所です。
21.2.16_2


なお この 神社は 下記画像 の 様に、 九州本島 と 橋 で 繋がった 小さな島 の中 にあります。

と いいますか、 この島全てが『青島神社』の 境内地  となっている 所です。
21.2.16_321.2.16_4


そして ここは もちろん 神社そのものも 有名な所 なのですが、この 島の 周辺に  天然記念物の『鬼の洗濯岩』が あることでも 有名な 所でした。
21.2.16_621.2.16_5


・・・なので 私が ここに 訪れようとした 目的は、神社への 参拝が メインではなく、「この『鬼の洗濯岩』で『野外撮影』を したいな~」 という 思惑で やって来ました。
21.2.16_1-1




ただし、流石は『有名観光スポット』!

朝の 早い 時間帯でしたが この島へと 繋がる 橋には、そこそこの 人が おりました。



しかし 彼らの メイン目的は 私と 異なり「神社への 参拝」です。

そのため  彼らが 行く 道筋としては、下記 青矢印  である ことに 気づきました。
21.2.16_7


そこで 私は  人の いなさそうな、また こっちでも『鬼の洗濯岩』が 広がっていると 信じて 下記 赤矢印 の 道筋で 島を 回って行くことにしました。
21.2.16_8






 ビンゴでした♪ 

 こちらは 人が 全然いなく、また こちらにも『鬼の洗濯岩』が 広がっておりました♪ (というか『鬼の洗濯岩』は 島全体を 取り囲んでいる様でした(^^;)
21.2.16_921.2.16_10


なので  こちらで 良い感じの『鬼の洗濯岩』を 見つけては、サクッと『野外撮影』を 実行していきました♪
21.2.16_11
21.2.16_12
21.2.16_14
21.2.16_13




ただ 当時は テンション高めに これらの 撮影を 実施していったのですが、こうして 改めて 撮った 写真らを 見返してみると・・・

一応 全部 違う場所で 撮った『鬼の洗濯岩』での『野外撮影』なのですが・・・



 何か どれも 代り映えしませんね(^^;
21.2.6_13

ま~ 所詮は 岩ですしね~・・・



で、上記 写真の 出来栄えを この時の 私は 知りませんでしたので、その後は  この『野外撮影』が できたことによる ルンルン気分のまま、無事に 神社への 参拝の 済ませ、そして そのまま 帰路へと つきました。 
21.2.16_1521.2.16_16
21.2.16_17


この日は「徐々に 天気が 崩れていく」との 予報も ありましたし、また やはり『コロナ』が 怖いので 前日同様に「観光先は 1ヵ所のみ」と しました。


なので 私の 2020年最後の 旅行となる この『2020年 年末の旅行』は、ずいぶん アッサリとした 幕切れとなりました(^^;





2. 旅行を 振り返って

う~ん、こうして 今回の旅行を 振り返って みると・・・



『旅行』じゃなく ほぼ『ドライブ』ですね、こりゃ~(^^;
21.2.16_18


「車の 中にいた 時間」の方が 圧倒的に 多い 旅行でした。

ま~ ある意味 これで、「結果『コロナ』対策を していた」という ことに なっていたの かもしれませんが・・・

そもそも メイン目的の『温泉』も、地元から 日帰りで 行ける 所に 沢山 ありますしね~・・・う~ん・・・



「今回の 旅行は、あの 旅行に行くまでの『苦悩』と、そして 行ったことによる『罪悪感』と『不安』に 釣り合っているのかな?」 と かなり疑問に 残った 旅行でした。 
21.1.26_11

今度 いつになるかは まさに今後の 情勢次第ですが、次に行く 旅行では 今度こそ 大手を振って 行きたいものです(^^;





ではでは この『2020年 年末の旅行』の 話・・・および 今まで 長らく 語っておりました『2020年12月の 振り返り』の 一連の話は これで 終わりです。


そして 次回から やっと この『2021年』での 話を していこうと 思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村