いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

2020年10月

さて、前回 は 逸れた話を してしまいましたが、今回こそ 9月のシルバーウィーク から 10月頭 にかけて 作っていった 『オリジナル ヘキサギア バイク』作成  についての 最終回 です。(過去の 作成内容 : 


「作成した『オリジナル ヘキサギア バイク』の 紹介」 と 「この作成の 感想」 について 最後に 語りたいと 思います。




1.『オリジナル ヘキサギア バイク』の 紹介

では 今回 作成した『オリジナル ヘキサギア バイク』を ご紹介したいと思います♪


1-1. 単体での 写真

まずは『オリジナル ヘキサギア バイク』単体での 写真です。


<正面/背面>
20.10.26_120.10.26_2
20.10.26_320.10.26_4
20.10.26_16

なお 背面の『アーミーコンテナ』は 取り外し可能です。
20.10.26_17


<側面>
20.10.26_5
20.10.26_6

元の 大きさ(前輪 先端 ~ 後輪の 端)が 約 10cm だったのに対し、今回の 改造にて 大きさ(サブウェポン 先端 ~ アーミーコンテナの 端)は 約 17cm となり、かなり 大きくなりました。
20.10.26_11


<アップ+α>
20.10.26_9
20.10.26_10
20.10.26_820.10.26_7


どうでしょうか?

個人的には イイ感じ に 組み上げることが 出来て、また『塗装』も 割と 上手く出来たので  満足のいった 内容です♪



・・・ちなみに『各武装(メインウェポン、サブウェポン、シールド)』は、それぞれ『補助アーム』に 連結されているため、取り回し範囲が 大変 広いです。
20.10.26_1220.10.26_13

また、『フロント』パーツも ある程度 可動範囲を 持っているため・・・



これらを 全面展開させて 下記写真の様な 「なんちゃってビースト(4脚走行)モード」も 可能です(笑)
20.10.26_14
20.10.26_15

・・・意外と こっちも イイ感じですね(^^;



1-2. ジオラマシートとの セット写真

では 次に、この『オリジナル バイク』と 『ジオラマシート(背景シート)』 との セット状態での 写真ら です。


20.10.26_1820.10.26_22
20.10.26_19
20.10.26_2020.10.26_21


今回の 撮影用に 新しい「戦場風景」の『ジオラマシート(背景シート)』 を 購入したのですが、結構 マッチしてますね、よかった よかった(^^



1-3.『ハクコ』との セット写真

そして 最後に、同じ『ヘキサギア』シリーズの 「オリジナル ヘキサギア ガバナー」として 作成した 我が家の『ハクコ』 との セット写真を。


20.10.26_24
20.10.26_25
20.10.26_2320.10.26_26

20.10.26_29
20.10.26_30


 こちらも イイ感じですね♪
20.10.26_27
20.10.26_28




2. 作成を 振り返って

一応 当初構想 である 「武器 てんこ盛りな フロント2輪 の 3輪車」については、「何とか 出来たのではないかな~」と 思っております。





ただ・・・


その前の そもそもの 大きな狙いである 「コレは『MAD が MAX』な『バイク』か?」 と 尋ねられると 少々 疑問が 残ります。





というかですね・・・コレを 作っていく過程で・・・





「そもそも『MAD』って 何?」という 疑問  に ぶち当たりながら 作成していきました。
20.10.26_31


果たして コレは 本当に 私が 求めている『MAD』で あるのか・・・と言うか『MAD』って そもそも 何だろう・・・ 作成時は まるで『MAD』についての 禅問答 を 自身で行っているような 感じでした・・・
20.10.26_32


とはいえ、何とか 完成自体は 出来たので、「コレも 私の中の 1つの『MAD』の 形!」 と 自身に 無理やり 言い聞かせました(^^;







・・・なお この『オリジナル バイク』の 完成後、改めて マジマジと コレを 眺めていると  不意に「懐かしい」感じを 受けることが 何度かありました。



特に 「『ゴテゴテした フロントなどの 装甲』に対して『小さいままの バイクの 車輪』との 対比状況」 を 見ていると 何だか『懐かしい』気持ちが・・・
20.10.26_35



う~ん、何だろう この『懐かしさ』・・・

 私が 凄く小さい頃、TVで たまに 見かけていたような・・・
20.10.26_36
















20.10.26_37






 私は この『懐かしさ』を 深く追求するのは 止めることにしました♪
20.10.26_38




3. ちなみに・・・

この『オリジナル ヘキサギア バイク』ですが、以前の『ハクコ』の際 と 同様 に、今回も 『ヘキサギア』公式HP 内にある 『フリービルド』という コーナー  へ 応募しました。




そして  大変ありがたい ことに 今回も 掲載して 頂けました(^^ 
20.10.26_33



『オリジナル バイク』の 作成 および 撮影が 完了した 10月頭、その勢いのまま 今回も 応募しました。

そして 今回は 応募から わずか1週間足らずで 直ぐに 上記 公式HP内で 掲載して 頂けました♪



なお これに 応募する上で 必要となる  本機の「機体解説(詳細設定)」などを 考えるのは 今回も 大変楽しかったです♪

・・・もし よろしければ 上記リンク先を 覗いてやってください、『いい年した オッサン』が考えた 妄想が ずらずらと 記載されております(笑)
20.10.26_34




とま~ 色々とありましたが、何はともあれ 今回の『オリジナル ヘキサギア バイク』作成も、きちんと 何らかの 結果を 無事に 示して 終えることが 出来たので、私的には 大満足です(^^


・・・そして このモチベーションを 維持して いまだ未着手の『オリジナル ヘキサギア 人型ロボ』作成 へと 早めに 繋げていきたいと思います(^^;


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

ついこの間、『鬼滅の刃』の 映画を 観て来ました。

本来なら 前回 に 引き続き、『オリジナル ヘキサギア バイク』作成 の 話をする予定でしたが、今回は 先に この 「『鬼滅の刃』の 映画を 観た 私に関する ちょっとした クイズ」 について 語りたいと思います。


なお  映画本編に 関する『ネタばれ』は ございません  ので ご安心ください♪



1. さて 問題 です!

丁度 昨年の 今頃、会社からの 大量の 課題に対する 現実逃避 として、『Amazon プライム』で 全話 イッキ見 したのが『鬼滅の刃』の アニメ でした。

で、この際に  私は『鬼滅おじさん(=『鬼滅の刃』大好きおじさん)』へと なりました。
20.10.25_1



なので この『劇場版』は とても 楽しみにしていたのですが・・・ 私は アニメを 映画館で 鑑賞するのは ちょっと 恥ずかしい お年頃♪(アラフォー♡)

そのため 出来るだけ 早くに 観にいこうと しましたが、同時に 「なるべく 人のいない 時間帯/状況で 観よう」 と、下記 ① ~ ④ の内容で 映画館に 行きました。

私が 観に行った際の 内容/状況
 ① 行った先は『地元(片田舎)』の 映画館
 ② 映画の公開 1週間以内だが『平日』(有給を取った) 
 ③ 『朝一』の 上映回
 ④ その日は 更に『雨』の日 だった


しかし 映画館に 到着し、いざ 無人販売機より チケットを 購入しようとした際、新たに 下記 ⑤ ~ ⑦の内容が 分かりました。

現地で 分かった 内容/状況
 ⑤ 映画館に 到着したのは『上映 開始 1時間前』
 ⑥ 映画館の 周り/通路に『結構 人が いた』
 (映画を 観に来た 客かは 不明)
 ⑦ 販売機より チケットを 購入しようとした際、
   既に『下記 画像の 販売状況』だった
 (下記画像の 青四角 の 箇所は 購入済みの 席)
      20.10.25_2





・・・では 問題です。

 上記 ① ~ ⑦ の 条件下で、結局 私は どこの席の チケットを 購入したのでしょうか?
20.10.25_320.10.25_2



ヒントは、まず 「私は 上映開始 1時間前に 来てしまうくらい この映画を すごく 楽しみにしていた」 という点と、そして 「頭を 振り絞って  最高の環境(周りに 人のいない状況)の 席を 確保しようとしていた」 という点 です♪


ではでは お考えください(^^





2. 私の 回答は こうです!

では 回答です!



まず 1年間も 待って 楽しみにしていた『鬼滅の刃』の 映画・・・

だから まず 「観ていて 首が 痛くなる 前側の席 や、真っすぐに 観れない 左右の 席は NG」 としました。
20.10.25_3


次に 上記 ① ~ ④ の 状況(客は 殆ど いないはず)にも 関わらず、上記 ⑤ ~ ⑦ の 状況・・・特に 上記⑥ の 状況(意外と 現地に 人がいた)を 踏まえ、「今後 客は 増えていき、席は どんどん 埋まっていくだろう!」 と 予想しました。

直近の ニュースで、「この映画の 入場者数が 凄い!」との 情報も ありましたし。
20.10.25_5


そして その際、席は まず 人気の「<Ⅰ> 中央の 席」が 埋まっていき、そして その後 次に 人気な「<Ⅱ> 出来るだけ 中央寄りの 左右の 席」が 埋まっていくだろうと 考えました。

つまり 「最終的には 1列 に 最低 3人(組)が 座ることに なっていく」 と 予想しました。
20.10.25_4


「なら どの席を 買っても 最終的には 『1列に 3人(組)』体制 となるので、どこでも 同じ」と 思いますが・・・


 下記画像の 緑矢印 が 指す 購入済み席 は、ちょっと 端に 位置する 席  であるため・・・
20.10.25_6


 ここの 逆側(下記画像の 赤矢印 の 箇所)を 押さえれば、『1列に 左右 2人』体制 を まず 形成できます。
20.10.25_7


そして この体制が 先に 出来上がれば、「心理的に あえて ここから『1列に 3人(組)』体制へと 変えていくのは、なかなか 行わないのではないか?」 と考えました。

そのため 今後の 席の埋まり具合の イメージとしては、下記画像(紫四角 が 今後の 席の 埋まり予想)の 様に なっていき、「最終的には この列のみ『1列に 2人』体制で ゆったり鑑賞が 出来るのでは?」 と 予想しました。(客が 増えていき 結果『1列に 3人(組)』に なるとしても 最後の方のはず・・・)
20.10.25_1620.10.25_11







ということで 私は、チケット購入時(上映 1時間前)では 多くの 空いた 席/列が あるにも 関わらず、 あえて 席が 埋まっている 列の 下記画像の 赤矢印 が指す 席のチケットを 購入しました♪ 
20.10.25_820.10.25_7




3. 結果発表~♪

ではでは、『鬼滅の刃』の 上映が 開始された後の  最終的な 席の埋まり具合 について 発表したいと 思います♪









 チケット購入時(上映開始 1時間前)と 変わりなし!
20.10.25_920.10.25_10






上記 2 で 長々と 語った『私の(イキった)理論』は 何だったんでしょうかね・・・

そして 今 冷静に 考えると 上記⑥ の 状況(意外と 現地に 人がいた)も、映画館 周りの 商業施設の 関係者(店の準備を 行っていただけ)だった のではないかと 思います・・・


 恥ずかしい・・・
20.10.25_12





あと 自意識過剰 なのかもしれませんが、 多くの 空いた 席/列が あるにも 関わらず、わざわざ 近くの 席を 取った 私に 対して、周囲から 冷たい目で 見られていたような 気がします・・・
20.10.25_13


 本当に 恥ずかしかったです!(泣)
20.10.25_14



彼女らの SNS にて 「何か 席が いっぱい 空いているのに、わざわざ 近くの 席を 取って来た 気持ち悪い『鬼滅おじさん』が いた!」・・・とか 書かれていないことを 切に願います。
20.10.25_15



ちなみに、映画自体は 本当に 良かったです。

特に 最後 30分間の 怒涛の展開には 圧倒されました♪

上記のことが 無ければ もっと 心から 楽しめたのにな~・・・ここが 大変 悔やまれます・・・

今回も 引き続き、9月のシルバーウィーク から 10月頭 にかけて 作っていった 『オリジナル ヘキサギア バイク』作成  についてです。(過去の 作成内容 : 


今回は 「塗装」 と 「『アクセサリー』の 改造/作成」 ついて 語りたいと思います。




1.『オリジナル バイク』の 塗装

前回で『オリジナル バイク』の 構成自体は だいたい 完成しました
20.10.21_24

なので  ここから 一度 バラして『塗装』を 行っていきます。
20.10.26_1



・・・ちなみに これって 大変ですね(^^;

私は 今までの『ドール用 アイテム』や『プラモデル 改造品』の 作成時では、『塗装』しながら パーツを 組み上げていって おりました。

なので  今回の様な「完成品 を 一度バラして、そこから『塗装』し直す」という やり方は 初めてでした。



でも 寧ろ こちらの方が、『プラモデル 改造』時における やり方として 主流なんですよね・・・


確かに 「完成品を 元に、全体の『塗装』イメージが 掴めやすい」という 利点  が ありました。
20.10.26_2


また、ちょこちょこと『塗装』していくのではなく、「一気に まとめて『塗装』していくので、爽快感 & トータル『塗装』時間の短縮」 も ありました♪ 
20.10.26_3

何だかんだで やはり このやり方の方が 良いみたいですね(^^




ちなみに 今回 パーツを 分解する際、今まで 使っていた『パーツオープナー(下記写真 の 青四角)』ではなく、 改めて『ヘキサギア用 パーツオープナー(下記写真 の 赤四角)』を 購入し、こちらで 対応しました。
20.10.26_6

流石『ヘキサギア用』と 言うだけあって パーツの分解が し易かったです。

・・・ま~、「対象の『ヘキサギア』自体が『1/24 スケール』と 小さく、そして この『パーツオープナー』も 小さいから サイズが合って 使いやすかった」という だけですが(^^;




ま~ ともあれ 大変でしたが、 何とか 全パーツの『塗装』は 完了しました。
20.10.26_4

なお 上記写真の 左下にある 一部は、今回の『オリジナル バイク』では 使用しませんが、ついでに 一緒に まとめて『塗装』した『ヘキサギア アーミーコンテナ セット』での パーツらです。

それを除いても 今回の『オリジナル バイク』で 使用することになった パーツらは、こうやって 並べて見ると『小型プラモデル』にも 関わらず 結構な 量が ありますね・・・

改めて ビックリしました(^^;



そして 以上で 『塗装』作業 は 全て 完了です♪





2.『アクセサリー』の 改造/作成

最後に ちょっと『オリジナル バイク』の『アクセサリー』関連の 改造/作成 を 行ったので、これについて 語りたいと思います。


2-1.『シート』の 改造

上記 1 での 対応時、『オリジナル バイク』の『シート(下記写真の 赤四角)』のみは『塗装』せず、別の対応を 行いました。
20.10.26_7

この理由ですが・・・搭乗者の「座り心地」配慮 のためです(笑)

そのため「座り心地」の 良い『シート』へと 改造していきました。


まず 『シート』を カバーできる 充分な 大きさ(約 6cm × 4cm)の『タイツ』の 切れ端を 用意します。
20.10.26_8

この『タイツ』は、『ドール用 武装トレーラー』作成時 での 余りです。

他の アイテム作成時 にも 言っておりますが、『タイツ』は「肌ざわり」といい「伸縮性」といい、また「加工がし易い」点も あってと、本当に 万能アイテムですね(^^



次に  これを『布用 ボンド』を 使って『シート』表面に 貼り付けていきます。
20.10.26_9

『布用 ボンド』は 100円ショップの 手芸コーナーなどで 売っているものです。

今回の『タイツ』の様な 布地を プラモデルへ 貼り付ける際は、今までの経験上 この『布用 ボンド』の 方が しっかりと 貼り付け 出来ます♪(そもそも 私の 経験自体は 浅いですが・・・)

なので 今回も こちらで 貼り付け対応を 行っていきました。


あと 注意点として、『ボンド』を つけすぎると 布地を 透過して 見栄えが 悪くなるので、『ボンド』の量には 十分に 気をつけて 対応しました。

1面1面 を 丁寧に マスキングテープなどで 固定/補強しつつ、『ボンド』で キレイに 貼り付けていきます。
20.10.26_10



そして 『ボンド』が 十分に 乾いた後、『シート』から はみ出ている『タイツ』らを 布用ハサミで 切り取っていきます。
20.10.26_11


これで『座り心地の 良い(?)シート』が 出来ました♪



2-2.『アーミーコンテナ』の 内装改造①

次に『アーミーコンテナ』の 内装を、キレイに 整えていくことに しました。

というのも、『アーミーコンテナ』の 外装は 上記 1 での『塗装』により キレイに なりましたが、この中を 開けると 下記写真の様に ちょっと 味気ないので・・・
20.10.26_12


まず 『プロテクトシート』を『アーミーコンテナ』の 内側に 合う様に 切っていきます。
20.10.26_13

この『プロテクトシート』は 確か ホームセンターで 購入したものです。

厚みが 薄いのに クッションの様な 肌ざわりの『シート』なため、見栄え向上 & 緩衝材 として 今回 使用しました。

また ハサミでの 加工がしやすく、そして 裏面が シールになっており 貼り付けも ラクチンというのも ポイントです♪


・・・ただ、『アーミーコンテナ』の 内側が 思ってたよりも デコボコしており、これに 合うように『シート』を 切り揃えるのは 結構 大変でした(^^;



そして  これらを『アーミーコンテナ』の 内側へ 貼っていきます。
20.10.26_14

これで『アーミーコンテナ』の 内装も だいぶキレイに なりました♪



ちなみに 今回の『オリジナル バイク』では 使用しませんが、同じ『アーミーコンテナ セット』の 別アイテムでも 同様の 対応をして 見栄え向上を 行いました(^^
20.10.26_15


2-3.『アーミーコンテナ』の 内装改造②

上記 2-2 の『アーミーコンテナ』へは、下記写真 青四角 の『アーミーコンテナ セット』に 付属されていた『ガバナー用 火器』の他に、以前『ハクコ(オリジナル ヘキサギア ガバナー)』用として 作成した 下記写真 赤四角『オリジナル 武器』も 収納しようと 考えておりました。
20.10.26_16

そして これらを このまま『アーミーコンテナ』内に 入れると、見栄え的に カッコ悪いので『アーミーコンテナ』内に 仕切りを 設けることにしました。


まず  約 6cm × 1cm ほどの『プラ板(0.2mm厚)』を 2枚 用意します。
20.10.26_17

今回 使う『プラ板』は、加工がしやすく、また ある程度 しなりが 取れやすい、薄い「0.2mm厚」のものを  選びました。



次に  これらを 下記写真の 赤三角 の 箇所 が 仕切れる 大きさに 整えていきます。
20.10.26_18


そして  この『プラ板』らへ『プロテクトシート』を 貼り付け 見栄えを 整えます。
20.10.26_19


最後に  これらを『アーミーコンテナ』内へ『プロテクトシート』を 使って 貼り付けます。
20.10.26_20

『プロテクトシート』の 裏面が シールであるため、テープ代わりに 今回 使用しました。


これで『アーミーコンテナ』内へ 各武装を 格納した際も、見た目を だいぶ キレイに 整えることが 出来ました♪
20.10.26_21


2-4.『ヘキサグラム』の 搭載

これは ちょっとした 蛇足です。


作成の 終盤に入り、改めて『オリジナル バイク』へ 取り付けて来た『メインウェポン』等 の 大型武装らを 見ていき、私は ふと 思いました・・・



「そもそも こんな『大重量の 大型兵器』ら を、こんな 小型バイク が 搭載/可動できる わけねぇ~な」 と。
20.4.29_3

・・・『空想上のマシーン』なのに 何か ふと コレを 思ってしまい、凄く 気になり始めたんです(^^;



なので  自身を 納得させるための「脳内 根拠(設定)」を 用意します。

そう、 万能アイテム 『ヘキサグラム』です!


・・・これを 複数『オリジナル バイク』に 搭載させることで、「大規模の とんでも エネルギーにより 大抵の 問題は 解決♪」 と 自身を 納得させることにしました(^^;
20.10.26_24


ということで、この『ヘキサグラム』を『オリジナル バイク』へ 搭載していきます。


まず  以前 作った『ヘキサギア バルクアームβ』の 余りパーツ から『ヘキサグラム』を 2つ 用意します。
20.10.26_22

ちなみに 仰々しく『ヘキサグラム』と 言っても、上記写真の 通り ただの「六角型 ジョイントパーツ」の ことです(^^;



そして  塗装した これらを『オリジナル バイク』の『フロント』パーツへ、下記写真 の様に 接着剤 で 取り付けます。
20.10.26_23

これで 自己納得 の 完了です(笑)



以上で 『アクセサリー』での 主だった 改造/作成 は 全て 完了です♪





そして 上記 1 と 2 の 完了後、 予め撮影しておいた 写真らを 頼りに、もう一度『オリジナル バイク』を 組み直していきます。前々回前回 の 工程内容で)
20.10.26_5


こうして 何とか  私の『オリジナル ヘキサギア バイク』は 完成しました♪



それでは 次回、この完成した『オリジナル ヘキサギア バイク』を ご紹介をして、この『オリジナル ヘキサギア バイク』作成 についての 最終回 としたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

今回も 引き続き、9月のシルバーウィーク から 10月頭 にかけて 作っていった 『オリジナル ヘキサギア バイク』作成  についてです。(過去の 作成内容 : 


今回は 「『後方/背面 武装』の 改造/作成」 ついて 語りたいと思います。




1.『後方 武装』の 改造/作成

それでは 前回 に 引き続き、『オリジナル バイク』における 残りの『武装』を 整えていきます。


1-1. 接続口 の 改造

まずは『オリジナル バイク』の『メインウェポン』を 搭載するために、『接続口』を 整えていきます。


『ヘキサギア EXユニット001』より 下記写真 の様な パーツを 2セット 取り出します。
20.10.21_1


そして  これらを『クロスレイダー』の『後輪』 に 初めから備わっていた 拡張用の『穴』へ、左右それぞれ 下記写真 の様に 取り付けます。
20.10.21_2


1-2.『メインウェポン』の 作成

『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ギガンティックアームズ02 ブリッツガンナー』より、下記写真 の様な パーツを 2個 作ります
20.10.21_320.10.21_4


そして  これら パーツ を 上記 1-1 の『接続口』へ 下記写真 の様に 取り付けます。
20.10.21_520.10.21_6


1-3.『メインウェポン』の 補強

『メインウェポン』は 大きく/重い ため、上記 1-1 で 作成した『接続口』だけで『メインウェポン』を しっかり 支えるのは 難しい 状態でした。

そのため『メインウェポン』が しっかり 固定できる様に 補強を 行います。


『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『02 メカサプライ フレキシブルアームB』より 下記写真 の様な パーツを 2個 作ります。
20.10.21_7


次に 『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『20 メカサプライ ジョイントセットD』より 下記写真 の様な パーツを 3個 作ります。
20.10.21_8


そして  これらを 組み合わせて 下記写真 の様な パーツを 作ります。
20.10.21_9


最後に  これを『メインウェポン』中央 に 初めから備わっていた 拡張用の『穴』へ、下記写真 2枚目 の様に 取り付けます。
20.10.21_1020.10.21_11

これで『メインウェポン』を しっかりと 固定できました。



以上で 『後方 武装』での 主だった 改造/作成 は 全て 完了です♪





2.『背面 武装』の 改造/作成

『オリジナル バイク』の『背面』が 少し 寂しいので、こちらにも『武装』を 施し 全体のバランスを 整えていきます。


2-1.『アーミーコンテナ』の 作成

『ヘキサギア アーミーコンテナセット』より 下記写真 の様な パーツを 作ります。
20.10.21_1220.10.21_13

ちょうど この『アーミーコンテナ』の 裏側には、下記写真 の様な 拡張用の『穴』が 設けられているので、これを 使って『オリジナル バイク』と 組み合わせていきます。
20.10.21_14

そして 最後に この『アーミーコンテナ』へは、『ガバナー』用の 武器などを 搭載していこうと 思います♪



2-2.『取付用 部品』の 作成

『ホビーベース プレミアムパーツコレクション』の『関節技 ロールスイングジョイント 大』より 下記写真 の様な パーツを 作ります。
20.10.21_15


そして  これの 裏面に 下記写真 2枚目 の様に カッター等で『穴』を 開けます。
20.10.21_1620.10.21_17


2-3.『取付用 部品』の 取り付け

 上記 2-2 の『取付用 部品』の 裏面に作った『穴』へ、下記写真 の様に『結束バンド』を 通します。
20.10.21_18

なお この『結束バンド』は、100円ショップで 購入した 普通の『結束バンド』です。



そして  これを『クロスレイダー』背面 にある『隙間/穴』にも 通し、下記写真 2枚目 の様に お互いを『結束バンド』にて 結びつけます。
20.10.21_1920.10.21_20

今後のことも考え、接着剤は 使わずに『結束バンド』を 使用することで、いつでも このバーツが 取り外し可能な 状態にしました。



2-4.『アーミーコンテナ』の 取り付け

 上記 2-1 の『アーミーコンテナ』を、上記 2-3 の『取付用 部品』を 使って、下記写真 の様に『オリジナル バイク』へ 取り付けます。
20.10.21_2120.10.21_22

ちなみに『取付用 部品』の『接続用の 棒』が 少し長かったで、ニッパーで 少し 長さを 整えました。



以上で 『背面 武装』での 主だった 改造/作成 は 全て 完了です♪







ここまでで 『オリジナル バイク』の だいたいの 改造/作成 は 完了です♪
20.10.21_25
20.10.21_2620.10.21_24


次回は この『塗装』についてと、『アクセサリー』の 改造/作成 について 語っていきたいと 思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

前回 に 引き続き、9月のシルバーウィーク から 10月頭 にかけて 作っていった 『オリジナル ヘキサギア バイク』作成  についてです。


今回は 「『土台』 の 改造/作成」 と  「『前方 武装』の 改造/作成」 ついて 語りたいと思います。




1.『バイク 土台』の 改造/作成

まずは『オリジナル バイク』の『土台』の 改造 についてです 。


前回 語った『構想』 通り、ベースプラモデル の『クロスレイダー』 を「フロント2輪 の 3輪車タイプ」へ 改造していきます。


1-1.『前輪』パーツ の 組み換え

『クロスレイダー』2台 それぞれの『前輪』パーツ を 取り外します。 
20.10.16_120.10.16_2


そして  この 2つの『前輪』パーツを 下記写真 の様に 『クロスレイダー』1台に 取り付け直します。
20.10.16_3

・・・思いのほか アッサリと、「フロント2輪」構造自体は 出来ました。

あとは この 見栄えを 整えていきます。
20.10.16_4


1-2.『フロント』/『ハンドル』パーツ の 取り外し

 上記 1-1 の『クロスレイダー』から、『フロント』パーツ(下記写真 赤四角 の 箇所) と、『ハンドル』パーツ(下記写真 青四角 の 箇所) を 取り外します。
20.10.16_18

なお 上記写真では『前輪』が 写っていませんが、実際は 上記 1-1 のまま の状態です。



1-3.『ハンドル』の 改良①

『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『05 メカサプライ ジョイントセットA』より 下記写真 の様な パーツを 2個 作ります。
20.10.16_19


そして  これを 上記 1-2 の『クロスレイダー』へ 下記写真 の様に 取り付けます。
20.10.16_20


1-4.『ハンドル』の 改良②

 上記 1-2 で 取り外した『ハンドル』を 下記写真 の様に バラします。
20.10.16_21


そして  上記写真の 赤四角 で 囲んだ パーツらを、 上記 1-3 の『クロスレイダー』へ 下記写真 の様に 取り付けます。
20.10.16_22

これで 元々の『ハンドル』位置から 一回り 高くなり、また 上下左右 広い範囲で『ハンドル』を 取りまわせるように なりました。

なお 上記写真では『ハンドル カバー』が 写っていませんが、実際は 一緒に 取り付けています。

ちなみに『ハンドル ミラー』の方は、何となく「今回の『オリジナル バイク』には 合わないかな~」と思い 外しました(^^;



1-5.『フロント』パーツ の 作成①

『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ギガンティックアームズ02 ブリッツガンナー』より、下記写真 の様な パーツを 作ります
20.10.16_520.10.16_6


次に 『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『20 メカサプライ ジョイントセットD』より 下記写真 の様な パーツを 2セット 作ります。
20.10.16_7


そして  これらを 組み合わせて 下記写真 の様な パーツを 作ります。
20.10.16_8



1-6.『フロント』パーツ の 作成②

『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ギガンティックアームズ02 ブリッツガンナー』より、下記写真 の様な パーツを 作ります
20.10.16_920.10.16_10


そして  これを 上記 1-5 で 作った『フロント』パーツと 下記写真 2枚目 の様に 組み合わせます。
20.10.16_1120.10.16_12

上記写真の 赤四角 で 囲んだ 箇所の 差し込み代 は 短いので、上手く 左右の差し込みが 均等になるように 調整しながら 組み合わせます。



1-7.『フロント』パーツ の 作成③

『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『20 メカサプライ ジョイントセットD』より 下記写真 の様な パーツを 2セット 作ります。
20.10.16_13


そして  これを 上記 1-6 で 作った『フロント』パーツと 下記写真 2枚目 の様に 組み合わせます。
20.10.16_1420.10.16_15


1-8.『フロント』パーツ の 取り付け

上記 1-4 の『クロスレイダー』へ、 上記 1-7 で 作った『フロント』パーツを 下記写真 の様に 組み合わせます。
20.10.16_2320.10.16_24


以上で 『バイク 土台』での 主だった 改造/作成 は 全て 完了です♪

これで『クロスレイダー』 が「フロント2輪 の 3輪車タイプ」となり、また ある程度『土台』の 見栄えも 整いました♪
20.10.16_25




2.『前方 武装』の 改造/作成

次に『オリジナル バイク』の『前方 武装』を 整えていきます 。


2-1.『大型シールド』パーツ の 作成

まずは『オリジナル バイク』の 装甲を 強化していきます。

現状では 全体のバランスが 悪いので、それの調整の 意味も込めて・・・


『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『05 メカサプライ ジョイントセットA』より 下記写真 の様な パーツを 2個 作ります。
20.10.16_26


そして  これを『クロスレイダー』中央 に 初めから備わっていた 拡張用の『穴』へ、左右それぞれ 下記写真 の様に 取り付けます。
20.10.16_27


次に 『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ギガンティックアームズ02 ブリッツガンナー』より、下記写真 の様な パーツを 2個 作ります 
20.10.16_2820.10.16_29


そして  これらを 組み合わせて 下記写真 の様な 状態にします。
20.10.16_3020.10.16_31

これで『補助アーム』により 広範囲に 可動可能な『大型シールド』が 出来ました♪



2-2.『前輪』の 装甲強化

『前輪』も 全体のバランスを 見て、少し ゴツくしていきます。


『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ウェポンユニット 19 フリースタイル・シールド』より 下記写真 赤四角 で 囲んだ パーツを 2個 取り出します。
20.10.16_32


次に  これらを『前輪』に 取り付ける際、『前輪の シャフト』と 干渉しない様に 下記写真 2枚目 の様に 少し カッター等で それぞれ 削ります。
20.10.16_3320.10.16_34


そして  これらを『前輪』中央 に 初めから備わっていた 拡張用の『穴』へ、左右それぞれ 下記写真 2枚目 の様に 取り付けます。
20.10.16_3520.10.16_36


2-3.『サブウェポン』の 作成

上記 1-7 で 作成した『フロント』パーツ には、下記写真 赤四角 で 囲んだ 拡張用の 部位が あります。
20.10.16_37

これを 使わないのは 勿体なかったので、ここに『サブウェポン』を 設けることにしました。


『KOTOBUKIYA モデリング サポート グッズ シリーズ』の『ウェポンユニット 13 チェーンソー』2セット より 下記写真 の様な パーツを 2個 作ります。
20.10.16_38


そして  この パーツ を 『フロント』パーツ の 該当部位 へ 取り付けます。
20.10.16_39

なお 上記写真を 撮影した際は、まだ 対象の『ウェポンユニット』が 1セット分 しか 手元に無かったので、1個分しか『サブウェポン』が 写っておりませんが、最終的には 『フロント』パーツ の 該当箇所 左右それぞれに 1個ずつ 取り付けております。

また ここの 取り付け口が 少し緩かったので、後の『塗装』時に 塗料の厚みで この緩さを 調整しました。



以上で 『前方 武装』での 主だった 改造/作成 は 全て 完了です♪







次回は 残りの『後方/背面 武装』の 改造/作成 について 語っていきたいと 思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ