いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

2020年08月

前回 少し お話させて頂きましたが、今年の夏休みの はじめの方で ちょっとした 旅行に 行きました。

今回は これに向けた 準備として 事前に作成した 「プラモ用 キャリーケース」 について 語りたいと思います。 




1. 作成の背景 と 狙い

ここ最近、作成したプラモデル ら を 使って 『プラモ劇(悪ふざけ)』 を やっていた 私は、徐々に ある思いを 抱き始めておりました・・・




それは・・・

 
「いつか 野外で『コレ(=プラモ劇=悪ふざけ)』の 撮影を やってみたいな」 と。
20.4.29_3



ただ 明確な予定等の 考えは 無く、あくまで「ま〜、いつかは・・・」レベルでの 考えでした。

しかし、詳細経緯等は 後日別途 語りますが、今年の夏休みに ちょっとした 旅行に 行くことを 決めました。

なので「あわよくば この際に 現地で 取り組んでみよう♪」と 思い立ちました。





しかし この時の 私は  衝撃に弱く 壊れやすい『プラモデル』らを 運ぶための『ケース』を 持っておりません・・・


そして  この旅行は バタバタと 夏休みの 直前で 決めたため、『ケース』の 用意期間も 殆ど ありません・・・




なので 今までの経験(アレコレソレ)を 踏まえ、 これらを解決する『プラモ用 キャリーケース』を サクッと 自作することにしました。
20.8.27_1




2. 作成にあたっての材料

私が作成するにあたって 用意した材料は、大きく下記の 6つです。

材料
 (1) 収納ケース
 (2) リメイクシート or 補修シート
 (3) ラッピング用 リボン
 (4) すべり止めシート
 (5) 吸音ウレタン材(厚さ10mm) 
 (6) プラ板(厚さ 0.75㎜)


(5)は ホームセンター、それ以外は 全て 100円ショップ にて 買い揃えたものです。




(1)の『収納ケース』は、今回収納予定の 『ハクコ(オリジナル ヘキサギア ガバナー)』『ヨツバちゃん』『ダンボー』 の 3体が 入るサイズのものを 選び 購入しました。20.8.27_2

ちなみに 私が買った この『収納ケース』は、「縦×横×高さ=8cm×18cm×10.5cm」のものです。



(2)の『リメイクシート or 補修シート』と、(3)の『ラッピング用 リボン』は、共に『収納ケース』の 外装を整えることを 目的に 購入しました。
20.8.27_319.9.12_6


(4)の『すべり止めシート』は、100円ショップ の DIYコーナーで 売っていたものを 購入しました。19.7.27_4

これらは『収納ケース』の内部に貼り付けることで、移動時における『プラモデル』らへの ダメージを軽減する 緩衝材となることを 目的として 購入しました。



(5)の『吸音ウレタン材』も、『プラモデル』らへの 緩衝材となることを目的として 購入しました。
20.8.27_4


最後に(6)の『プラ板』は、ケース内部の 仕切り等で 使用するために 購入しました。(実際は『バルクアームβ 改造品』作成時 での 余りパーツ)
20.8.27_5




3. 作成の工程

以下に この『プラモ用 キャリーケース』の作成工程を 順を追って 記載していきます。

3-1. 収納ケースの 外装加工

『収納ケース』の外側に、お好みの『リメイクシート or 補修シート』や『ラッピング用 リボン』を 貼り付けます。
20.8.27_6

今回は  『高級感 漂う シックな 出で立ちの キャリーケース』 を 目指しました(笑)

そして 自分的には「ま~ま~ 良い感じ」に 仕上げることが できました(^^



3-2. 収納ケースの内側に すべり止めシート の貼り付け

『収納ケース』の 底に、下記 2枚目の写真 の様に『すべり止めシート』を 貼り付けます。
20.8.27_720.8.27_8


本来の使用用途とは 異なりますが、「厚みが薄く」そして「そこそこ柔らかい素材」だったので、収納する『プラモデル』らへの 緩衝材として 使用しました。

また 裏面がシールになっており、材質も柔らかいので ハサミでの加工が 簡単でした。



3-3. 収納ケースの内側に 吸音ウレタン材 の貼り付け

『収納ケース』の 側面(底側)に、下記写真 の様に『吸音ウレタン材』を 貼り付けます。
20.8.27_9

こちらも 収納する『プラモデル』らへの 緩衝材として 使用しました。

また こちらも 裏面がシールになっており、材質も柔らかいので ハサミでの加工が 簡単でした。



3-4. 収納ケース用 仕切り板 の作成

 6cm × 6cm ほどの 大きさの『プラ板(厚さ 0.75mm)』を 3枚 用意します。
20.8.27_10


次に、 5cm × 6cm ほどの 大きさの『吸音ウレタン材』を 6枚 用意します。

そして  下記 1枚目の写真 の様に『プラ板』の 表裏 それぞれに『吸音ウレタン材』を 貼り付け、3セットの『仕切り板』を 作成します。
20.8.27_1120.8.27_12

『仕切り板』は、あえて 各片側が 0.5cm ほど『プラ板』が 飛び出る様に しました。

この意図ですが、『キャリーケース』の 側面(底側)は 全て 柔らかい材質の『吸音ウレタン材』なので、この硬い『プラ板』を 使って 何処にでも『仕切り板』を セット出来る様に するためです。
20.8.27_13

これで 様々な 大きさの『プラモデル』に 対応可能な『キャリーケース』と なりました♪



3-5. 収納ケース用 仕切り蓋 の作成

 2cm × 6cm ほどの 大きさの『プラ板(厚さ 0.75mm)』を 1枚 用意します。
20.8.27_14


次に、 同じ大きさ(2cm × 6cm ほど)の『吸音ウレタン材』も 1枚 用意します。
20.8.27_15

そして  下記写真 の様に『プラ板』の 片面に『吸音ウレタン材』を 貼り付け、『仕切り蓋』を 作成します。
20.8.27_18

この『仕切り蓋』は、下記 2枚目の写真 の様に これを 使って 中の『モノ』が 飛び散らない様に するために 使用します。(『プラモデル』用の 小さい アイテムらを 収納時に 使用)
20.8.27_1620.8.27_17


3-6. 収納ケースの蓋側に 吸音ウレタン材 の貼り付け

『収納ケース』の蓋側に、下記 2枚目の写真 の様に『吸音ウレタン材』を 貼り付けます。
20.8.27_1920.8.27_20

私は 向かって右側に 背の高い『ダンボー』を 収納しようと 考えてました。

そのため 向かって右側は、しっかりと『ダンボー』の 頭部を 保護できるように 蓋の側面 まで『吸音ウレタン材』を 貼り付けました。
20.8.27_21


3-7. 収納ケースの蓋側に すべり止めシート の貼り付け

『収納ケース』の蓋側に、下記写真 の様に『すべり止めシート』を 貼り付けます。
20.8.27_22

上記 3-6 で 対応出来ていない 蓋の側面を これで 補強します。




これで『プラモ用 キャリーケース』の完成です。





4. 完成したもの

『プラモデル』らの 収納は、下記手順にて行っていきます。


4-1.『仕切り板』の設置

 収納予定の『プラモデル』の 大きさに合わせて『仕切り板』を 下記写真 の様に 設置していきます。(今回は『ハクコ』『ヨツバちゃん』『ダンボー』が 収納できる 大きさで 設置)
20.8.27_23


4-2. 『プラモデル』らの収納

 下記写真 の様に『収納ケース』へ『プラモデル』らを 収納します 。
20.8.27_24


4-3. 『プラモデル』用アイテムの収納

 残りのスペース(下記写真の 赤四角 の箇所)に『プラモデル』用の アイテムらを 収納します 。
20.8.27_25


 収納後、『仕切り蓋』を 設置します。
20.8.27_17


4-4.『収納ケース』蓋 の閉め

『収納ケース』の蓋を閉じて、『プラモデル』らの 収納は 完了です。
20.8.27_6




これで『ハクコ』らも 外へ 持ち運び可能となりました♪
20.8.27_26





それでは 次回より これを持って行った『2020年 夏休みの旅行』について 語っていきたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

2020年の 夏休みも 終わってしまいましたね。

ちなみに 私の 今年の夏休みは、前半は 後日 別途詳細を 語らせて 頂きますが『プチ旅行』・・・

そして 中盤から 後半は、地元の墓参り以外は ず〜っと『家』にいました。


そして この理由ですが、「コロナ」や「暑さ」も 要因ではありますが、一番の理由は 「最新の『ポケットモンスター(ポケモン)』に ハマっていたから・・・」 というものでした(^^;



・・・以上を踏まえ、今回は 「私の過去の『ポケモン』関係での 思い出話」「今年の夏休みでの『ポケモン』関係の 振り返り話」 について 語りたいと思います。



1. 私の過去の『ポケモン』関係での 思い出話

初代『ポケモン』が 発売された 1996年、この時の 私は ピチピチの学生 でした。
20.8.22_1


そしてこの時、ゲーム業界では『プレステ(1)』 や『セガサターン』など 次世代ハード機らが 乱立し、また ゲームセンターでも 格闘ゲームを 筆頭に 活気があった時代でした。(多少の 思い出補正が あるかもしれませんが)




そのため 当時の私にとっては、日々 次々と 目新しい 技術/内容を 伴った 様々な ゲームらが 世に 繰り出されている様に 感じていた時代・・・


こんな時代だったので、当然 放課後になると 友人らと これらの様々な 最新ゲームを 堪能しておりました。
20.8.22_2



そして その際の 仲間内の 1人 について、まずは お話させて 頂きたいと 思います。



彼は 1人 親元から離れ、学校の寮で 過ごしていた 寮生の友人 でした。


1人暮らしの 若い学生・・・ともなれば 生活が 乱れていそうな イメージ(私だけ?)ですが、彼は 親の方針により 「勉強の妨げになるから 自室に TVの設置は NG」 という 境遇を 強いられておりました。
20.8.22_3


ただ 娯楽用として、何故か 「携帯ゲーム機の『ゲームボーイ』だけは OK」 とも なっておりました。




・・・とは 言っても、上記の通り この時は 次世代ハード機らが 全盛の時代。

平成元年(1989年)生まれの この『ゲームボーイ』は、既に 新作ソフトの 発売予定が 殆ど無くなっており、まさに『過去の遺物』へと 化そうとしている 時でした。



そのため 周りが 次世代ハード機らの 新作ソフトの 話題で 盛り上がる中、彼だけは 一応『ゲームボーイ』上では 新作ソフト となる 周りの 誰もやっていない ソフトを 黙々と プレイしておりました・・・
(ちなみに 別に 彼を ハブに していたわけではないです、普通に 彼とも 私の自宅や 他の友人宅にて 次世代ハード機らの ゲームで 遊んでおりました、彼の家で プレイ出来るのが『ゲームボーイ』だけだったという話です(^^;)





そんなある日、珍しく 彼が 興奮して 私たちに 語りかけて来ました。

「凄い 面白い ゲームが ある!」 と。
20.8.22_5



そして 興奮した 彼は そのまま 私たちに そのゲームの 素晴らしさを 語っていくのです・・・



そう・・・

『ポケットモンスター 赤・緑』を!




ちなみに 当時、彼から この ソフト名を 聞いても 最初 ピンと 来ず、話の 最初の方では 私たちは てっきり 雑誌等で 情報を仕入れた「最新ハード機での 新作ソフト」のことかと 思っていました。

だって 当時の私たちは 彼の興奮具合から、まさか それが 落ち目の『ゲームボーイ』での話だとは 全く 思いもしませんでしたので。




なので 彼からの話を 聞き終わった 私を含めた 友人らの 当時の反応は・・・



「可哀そうに・・・今度 自宅で 次世代ハードの ゲームを やらせてあげよう」 と いった 哀れみと・・・



「この時期に『ゲームボーイ』で 新作・・・しかも 同じ様なものを わざわざ 2種類・・・血迷ったか 任天堂!?」 と いった 驚きでした。
20.8.22_6


・・・なお 後者の反応については、当時 この情報を知った 誰もがきっと 思っていた 反応だと 思います。

そう思えるくらいに ビックリする『任天堂の 打ち手/戦略』でした。






ただ ここからが 本当に 凄かったです・・・


この 『ポケモン』の 快進撃が!
20.8.22_14




まず 専門誌(ファミ通 など)とかで 他の 次世代ハード機らの 新作ソフトの 紹介を 押しのけて、「コレは 本当に 面白い!」とかの 『ポケモン』の特集記事が 目につくようになってきました。

そして 上記 友人の 熱烈な勧め や、これら 専門誌での 記事に 触発され、「では 試しに・・・」との感じで 私も『ポケモン 緑』を 購入しました。




で はい・・・アッサリと この面白さに ハマり、すぐさま 「あの時は 信じてあげれずに ごめん!」と 上記 友人に 謝りました。
20.8.22_7

そして  一緒に 仲良く 他の 友人知人ら に 布教活動を 実施していきました。
20.8.22_8
 
 

こうして 私の周りで『ポケモン』信者(男女問わず)を 増やしていったのですが・・・



これが  当時 全国各地で 同じ様なことが 繰り広げられておりました。


ネットが 浸透していない 時代、 本当に ほぼ 口コミだけで『ポケモン』ブームが 広がっていきました。
20.8.22_9


後のことについては 皆さん ご承知の通り、ゲームだけに 留まらず、アニメ化もされ、また 海外でも 人気になっていき・・・と  本当に 凄い シンデレラストーリー でした。
20.8.22_4



・・・でもやっぱ 今 思い返しても 凄いですね、「よく あの『ゲームボーイ』が 落ち目の時に、しかも ほぼ同じ様な 2種類の ソフトを 発売したな~」 と(^^;



ただ そのお陰で、当時 友人らと 有線ケーブルを 繋げた『ゲームボーイ』片手に ワイワイと 楽しむ 思い出が 出来ましたので 本当に 大変感謝です♪
20.8.22_10



・・・あぁ~、本当に 当時 ハマったな~、そして 懐かしい 思い出です。
20.8.22_11




2. 今年の夏休みでの『ポケモン』関係の 振り返り話

上記 1 で 語った 通り、初代の『ポケモン』には ハマっていた 私でしたが、その後の 続編の『ポケモン』らには あまり ハマりませんでした。 


この理由ですが 今 思い返せば、「この時の 周りの友人らが『ポケモン』をするような メンバーでは なかったから」だからかも しれません。

初代『ポケモン』時に 周りと ワイワイ やっていた あの思い出が あったからこそ、1人で プレイしても あまり楽しく 感じられなかったのかと・・・
20.8.22_13


なので 今なお 続々と 新作が 出されている『ポケモン』ですが、 ここ 10年近くは 新作が 出ても 買ってすらいない 状態でした。






しかし この前の 夏休み・・・


家で ゴロゴロ していて、「暇だな~、何か ゲームでもしようかな~」と 思い立ち・・・


「そう言えば 『Nintendo Switch Lite』を 購入した のに 全然 遊んでいないな~」と 気づき・・・


「どうせなら 何か 新しい ソフトでも 買って プレイするか~」と 考え・・・





現時点で 新作となる 『ポケットモンスター ソード』を 購入しました!(家から 出たくないので ダウンロード購入)







で、久々に『ポケモン』を プレイしてみましたが・・・




 本当に 面白いですね、コレ♪
20.8.22_12





久々に プレイしたから 余計に 感じるのかもしれませんが・・・何と言えば いいか・・・





「こんな 世界に 住みたい、こんな 冒険を 繰り広げたい!」 と 素直に 思える様な 作品でした。
20.8.22_15

外に出ず 家で ゴロゴロ していたから 余計に 感じただけかもしれませんが・・・






と、こんな感じで はじめの 1~2日目 くらいまでは、普通に ゲームを 楽しみながら 進めていきました。





ただ その後、ちょっと 攻略サイトを 見て、「あること」を 知ってしまいました。




「何か ゲーム中に『レアな ポケモン』が 存在している」 と いうことを・・・
20.8.22_16





この『レア ポケモン』ですが、具体的に 言うと 『普段の色 と 異なる 色違いの ポケモン』 の ことを 指します。

本当に 色が違うだけで 別段 強いわけではない、ちょっとした『おまけ要素的な ポケモン』です。







で、思っちゃったんですよ・・・


「私も 1匹くらい 仲間に 欲しいな」 と・・・
20.4.29_3




なお この『レア ポケモン』を ゲットする方法は、大きく 2種類 です。


1つ目は、「地道に 欲しい『レア ポケモン』が 出て来るまで 探し/戦い 続ける」 方法。


もう1つは、「欲しい『ポケモン』の つがい(♂ と ♀) に 卵を 産ませ、『レア ポケモン』が 生まれてくるまで これを 繰り返す」 方法。





そして 丁度 この時の 私は、ゲームの 進行度合い的に 後者が 出来るようになった ばかりで、かつ 欲しい『レア ポケモン』を 生み出させられる 『ポケモン』の つがい(♂ と ♀) を 持っている状態でした。



なので 「じゃ~、ちょっと 卵を 産ませて『レア ポケモン』でも ゲットするかな♪」 と 軽い気持ちで この行為を スタート させました。
20.8.22_1920.8.22_17














・・・まる 3日 費やして しまいました。
20.7.17_14





 ギャンブルの様に『止め時』が 分からなくなって しまったんですよ・・・
20.8.22_18




まず この作業としては 単純なもの(卵を 産ませる/孵化させる ために マップ内を グルグル移動)でした。




なので、TVを 見ながら 片手間に ズルズルと やっていき・・・


「流石に そろそろ 出るだろう?」 からの~・・・


「もう こんなに 時間を かけたんだから、今更 止められない!(泣)」 へと 気持ちが 変わっていき・・・



結果 やっと ゲット出来たのは 開始から 3日目 のことでした。





 ゲームの攻略上 全く 影響の無い ただの 『色違い ポケモン』を ゲットする ためだけに、夏休みの 貴重な 3日を 使ってしまいました(泣)
20.8.22_21





・・・なお ゲットした際は『嬉しさ』よりも、「やっと この作業から 解放されるぅ~!(泣)」といった『安堵』の方が 大きかったです。
20.8.22_20






そして ほどなくして 私の『夏休み』も 終わりを 迎えました。




何でしょう・・・



前半に 行った『プチ旅行』よりも、 こちらの『ポケモン』での 思い出の方が、私の『2020年 夏休みの 思い出』としては 深く 心に 刻まれた様に 感じております。
20.8.22_22



ちなみに 現在、「コレは コレで 良い思い出 なのか? いや、う~ん・・・」と 自問自答を 繰り返しながら、ゲットした『レア ポケモン』を 使って 引き続き『ポケモン』を プレイ/楽しんで おります。
20.8.22_23
(☝ 初代『ポケモン』時に 好きだった『イーブイ』にて『レア ポケモン』を ゲット、名前も 当時つけていた「カキのたね」を 襲名(笑) ☝)


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

前回 に 引き続き、作成した プラモデルらを 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』の『後編』 です。



・・・引き続き、温かい目で 見て頂けると 幸いです。




1. プラモ劇 - はじめに -

前回 述べた 内容 と 全く同じですが、もう一度。

1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
    


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - 本編 <後編> -

では、『後編』の スタート です。

2-1. アイキャッチ

20.8.6_1


2-2. 戦場では よそ見 駄目 絶対!

「ヨツバ・・・」
20.8.6_2

20.8.6_3

20.8.6_4

「ア・・・」
20.8.6_5

「アァ~~ッ!」
20.8.6_6


2-3.「EPISODE Ⅱ」完!

20.8.6_7

20.8.6_8

20.8.6_9

「効イテ ナイ ヨ」
20.8.6_10


2-4. 種明カシ ヲ シヨウ♪

20.8.6_10-1

「何故ナラ・・・」
20.8.6_11

僕ノ『アーマー』ハ 特注品デ、通常品ヨリ 強固 ダカラネ!」
20.8.6_12

20.8.6_13


2-5. 無駄 無駄 無駄ァ!

「通常兵装デハ 僕ノ『アーマー』ハ 貫ケナイ ヨ」
20.8.6_14

20.8.6_15

20.8.6_16

「・・・無駄 ダヨ」
20.8.6_17


2-6. 諦メタ カナ?

20.8.6_18

20.8.6_19
  
「コッチノ 攻撃モ 君ニハ 当タラナイ カラ、
    コノママ 引イテ クレルナラ 僕ハ 追ワナイ ヨ」
20.8.6_20


2-7. アレレ~?

「オヤ?」
20.8.6_21

20.8.6_22

「良ク 見ルト、君ノ 武器モ 特注品ミタイ ダネ」
20.8.6_23

20.8.6_24

「デモ 何故 動力装置デアル『ヘキサグラム』ガ 鞘ニ 付イテ イルンダイ?」
20.8.6_23-1


20.8.6_25

20.8.6_26

「アッ、成程、刀身ノ 攻撃力UPニ 使ッテ イルンダネ」
20.8.6_27


2-8. 必殺ッ!!

20.8.6_28

20.8.6_29

20.8.6_30

「ア・・・」
20.8.6_31

「ア゛ア゛ァァーーーッ!!」
20.8.6_32

20.8.6_33

20.8.6_34


2-9.『アーマー』ブレイク

「ア、ア、アワワ・・・」
20.8.6_35

20.8.6_36

20.8.6_37

20.8.6_38

20.8.6_39


2-10. サヨウ・・ナラ・・・

「ヨ・・・ツバ・・・」
20.8.6_40

20.8.6_41

20.8.6_42

「Yo, wassup bitches!?」(よぉ、調子はどうだい クソ野郎!)
20.8.6_43

20.8.6_44


2-11. ヒーローは 遅れてやって来る!

「ヨツバ・・・」
20.8.6_45

「I'm sure you are having fucking fun. (楽しんでる様だね♪)
  Do you mind if I take part?」(ヨツバも 参加していいかな~?www)
20.8.6_46

「Is this participation fee OK?」(あっ、コレは 参加費ね♪)
20.8.6_47


2-12. まだだ、まだ終わらんよ!

20.8.6_48

「アッ・・・」
20.8.6_49

Fuck!」(テメェッ!)
20.8.6_50

20.8.6_51


2-13. 最後の選択

「・・・・」
20.8.6_52

「・・・・」
20.8.6_53

「ヨツ・・・」
20.8.6_54




3. プラモ劇 - エンディング -


3-1. エピローグ - 信ジテイタヨ -

「ヴァ゛ッ!!」
20.8.6_55

Fuck!?」(やったか!?)
20.8.6_56

Fuck!!」(何!!)
「ア、ア、アワワ・・・」
20.8.6_57

「Where the hell is bitch!?」(あのアマ、何処に行きやがった!)
「ヨツバ・・・ダンボー・・・守ルッテ・・・」
20.8.6_58

20.8.6_59

20.8.6_60

20.8.6_61


3-2. スタッフロール

<出演>
          よつば: 我が家の『よつば』フィギュア 
       ダンボー: 我が家の『ダンボー』フィギュア

         町娘: 京都の 岡崎神社 での お土産

   謎の強化兵士: 我が家の『ハクコ』


<原作>
 『よつば と 地獄の黙示録!』より
    『EPISODE Ⅱ: よつば と 白狐!』


<スタッフ>
  企画、編集、監督・・・もろもろ 全ての 悪ふざけ
          『いい年のオッサン』





4. 制作を 振り返って

てな感じで、  7月中旬 から 8月上旬 にかけては 主に この『プラモ劇(悪ふざけ)』を 行ってました。

7月は 大きな連休も ありましたが・・・ほら、コロナも ありましたし・・・ねぇ?(^^;

自発的に コレで『自粛』をしておりました(笑)
20.8.1_46


なお 画像編集などは 前作 同様 大変 疲れましたが、前作 と 比べると かなり スムーズに 対応 出来ました♪
20.8.1_47

また スラング語 も、この作中で 上げている以上に、裏では 多くの 使えそうな 言葉や文章 を 調べ学んで おりました♪
20.6.20_0-120.8.6_62


・・・人に 言えない あまり どうでも良いスキル が ドンドン 上達していってます(^^;





ではでは、今回も 最後まで  この 私の『悪ふざけ』に お付き合い頂きまして ありがとうございました。

これにて この『プラモ劇』は 終了させて 頂きます。
 20.6.25_61

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

以前 予告しておりました通り、また 作成した プラモデルら を 使った 『プラモ劇(悪ふざけ)』を 実行/撮影 致しました。

今回より 『前編』と『後編』に 分けて、これらを まとめたものを ご披露したいと 思います。


というわけで 今回は  表記『プラモ劇』の『前編』 について 語っていきます。




1. プラモ劇 - はじめに -


1-1. 諸注意/免責事項

今から語っていく  下記の『プラモ劇』は フィクションです。

登場する 人物・団体・名称 等は 架空であり、実在のものとは 関係ありません。

・・・また 元にした キャラクターも 本来の設定から かけ離れた 独自設定( 私の 脳内設定 )の ものと なっております。 



なお  本作品も 前作 同様、一時の テンションに 身を任せて 作り上げたもの となっております・・・ ご容赦ください・・・



1-2. 主要 登場人物 の 補足

20.5.30_3

<『よつば』ちゃん について>
 ・『よつば』ちゃんの セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・ 私の中での『よつば』ちゃんの 脳内CV
  ⇒ 金田朋子さん(私生活 時の ハイテンションな 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   


<『ダンボー』について>
 ・『ダンボー』の セリフは 「XXXX」 で 表記
 ・私の中での『ダンボー』の 脳内CV
  ⇒ 内田彩さん(アニメ『けものフレンズ』での ラッキービースト の 口調、イメージは 下記リンク先を 参照ください)
   




2. プラモ劇 - オープニング -


2-1. プロローグ

 ここは 『ヒャッハー』と『ロボ』マシマシ な 感じの 近未来・・・
20.6.20_0-120.6.20_0-2


 これは、そんな 中でも 元気に 過ごす 1人の 女の子 と・・・ 
20.8.1_1


 その 相棒 と・・・ 
20.8.1_2


 そして 仲間たち との 日常を 綴った 物語である。
20.8.1_3


2-2. メイン タイトル(+テーマ曲)

『よつば と 地獄の黙示録 !』
20.6.20_3


※ 私の中での 脳内 テーマ曲
  ⇒ ワーグナー 作曲 『ワルキューレの騎行』
     


2-3. サブ タイトル

『エピソード Ⅱ
    よつば と 白狐 !』

20.8.1_4




3. プラモ劇 - 本編 <前編> -


3-1. ある日の 昼下がり

20.8.1_5

20.8.1_6



20.8.1_7



20.8.1_8

20.8.1_8-1

「Look what's turned up for Sunday dinner!」(日曜の 夕食が 現れたぜ!)
20.8.1_8-2


3-2. 僕と XXXして 友達になってよ

「ヨツバ?」
「And my favorite kind... female!」(ヨツバの 好きな メニューだぜ・・・女だ!)
20.8.1_9


20.8.1_10

「Hello young pretty!」(こんにちは お嬢さん♪)
20.8.1_11

「Something’s wrong with my eyes, because I can’t take them off you.」(何だか ヨツバの目が おかしいみたいなんだよ~、君から 目が 離せられない)
20.8.1_12

「Sorry, I can’t hold on…」(悪いけど 我慢 出来そうにないよ・・・)
20.8.1_13


3-3. 酒池肉林♪

「Hi hi hi hi !」(ゲヘへへ!)
20.8.1_14

Fuck...」(オイ・・・)
20.8.1_14-1


20.8.1_15


20.8.1_16


3-4. オイタ ハ 駄目ダヨ

「ヨツバ、民間人ヘノ 危害ハ 軍規違反ダヨ」
20.8.1_17-0


20.8.1_18

20.8.1_19

20.8.1_20

20.8.1_21


3-5. 一触即発!

「ヨツバ・・・」
20.8.1_22

「Do you think I won't shoot?(ヨツバが 撃たないと 思っているのか?)
  You've got to ask yourself one question, "Do I feel lucky?", Well,dou ya,pank?」(賭けてみるか「今日は ツイてるか?」って、どうなんだ クソ野郎!)
20.8.1_23

20.8.1_23-1


3-6. そして 彼女は やって来た・・・

20.8.1_24

20.8.1_25

20.8.1_26


20.8.1_27


3-7. お呼びでないよ?

「What are you staring at!?」(何 見てんだ テメェ~!)
「ヨツバ、敵ダヨ」
20.8.1_28


20.8.1_29


「Oh... Do you ignore me?(え、まさかの 無視?www)
20.8.1_30


「Drop dead!」(死ね!!)
20.8.1_31


3-8. なん・・・だと・・・

20.8.1_32

Fuck!?」(何!?)
20.8.1_33

20.8.1_34

20.8.1_35

yiiiiiiiiiiiipe!!」ぷぎゃ~ー!!)
20.8.1_36


3-9. 絶体絶命だ! 
20.8.1_37


20.8.1_37-1


Fucking DANBOARD!!」(ダンボー!!)
20.8.1_37-2


3-10. タダノ 兵士ジャ 無イネ?

「ソノ『反応速度』ハ 普通ジャ ナイネ」
20.8.1_38

20.8.1_39

20.8.1_40

「デモ『パワー』ハ、通常ノ 『アーマー』装備者レベル・・・」
20.8.1_41

「ソウカ、君ハ 知覚特化型 ノ『強化兵士』ダネ」
20.8.1_42



3-11. さぁ・・・

「ヨツバ・・・同ジ『アーマー』装備者 トハ 言エ、相手ハ『強化兵士』」
20.8.1_42-1

「ココハ 僕ニ 任セテ、君ハ・・・」
20.8.1_43


20.8.1_44


「逃ゲ足ノ 速サ ハ『強化兵士』以上 ダネ」
20.8.1_45

第2ラウンドの 開始だよ!






4. プラモ劇 - 幕間 -

人によっては このブログが アップされた時期は、『夏休み』期間中かと 思われます。(ちなみに 私も『夏休み』期間中)


そして 私の 子供の頃の『夏休み』では、期間中に ちょっとした『アニメ』や『特撮もの』が よく放映されておりました・・・ 
20.8.1_48



・・・と 言うことで、私から 皆様へ  夏休みの プレゼントとして 勝手に この『プラモ劇(悪ふざけ)』を ご提供させて 頂きます(笑) 
20.8.1_49




ではでは 一旦 ここで『プラモ劇』は 終え、次回 同じく『夏休み』期間中に 残りの『後編』を ご提供させて 頂きたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

前回 に引き続き、6月 の 上旬 に 実施しておりました 「下記 プラモデル の 作成 と 改造」 についてです。

メイン材料
 ・KOTOBUKIYA ヘキサギア 
   ブースターパック004 マルチポッド
20.8.2_2


今回は 『後編』となる  これの「改造の工程」と「改造結果 の 紹介 と 感想」 について 語りたいと思います。




1. 改造の工程

前回 お伝えした通り この『マルチポッド』は 少々 大きいので、ここから 出来るだけ 「小さくしていく 改造」 を 実施していきました。

また 合わせて 「内装等も 自分好みに 改造」 していくことに しました。


1-1.『コックピット カバー』設置面の 改造①

『マルチポッド』にて 大きさ以外で 気になる点が もう1つ ありました。

それは『コックピット カバー』を 閉じた際、下記写真 の 様に 設置面に対し 隙間なく ピッタリと ならないことです。
20.8.5_120.8.5_2

なので ここが ピッタリと なる様に 改造することにしました。



『マルチポッド』の 前面パーツに、『コックピット カバー』が 閉じた状態での 合わせ面の ライン を マークします。(下記写真 の 赤線
20.8.5_3


 前面パーツを 上記ラインに 沿って、下記写真 2枚目 の様に ドリル/カッター等を 使って  切り取ります。
20.8.5_420.8.5_5


これで『コックピット カバー』を 閉じる際、より 深く押し込むことが 可能となり、横から見て 隙間が無い状態を 作れるようになりました。 
20.8.5_6


1-2.『コックピット カバー』設置面の 改造②

上記 1-1 の 内容から 更に 改良を 加えていき、『コックピット カバー』を より深く 閉じれる様にし、また 固定(ロック)も 出来る様に していきます。


まず『コックピット カバー』が より 深く 前面パーツへ 入り込む様に、『コックピット カバー』に 傾斜を 持たせます。

そのために  2cm強 × 0.5cm ほどの 大きさの『プラ板(厚さ 0.75mm)』を 1枚 用意します。
20.8.5_7-020.8.5_7

この『プラ板』は 100円ショップより 購入したものです。

なお もっと 補足すると 『バルクアームβ 改造品』作成時 での 余りパーツ です。



 これを『マルチポッド』の 背面パーツ の 後方へ 下記写真 の 様に 接着剤で 取り付けます。
20.8.5_8

これで『コックピット カバー』を 閉じる際 傾斜が でき、より 深く『コックピット カバー』を 閉じることが 可能となりました。



次に『コックピット カバー』を 閉じた後、簡単に 開かない様に ロック機構を 設けます。

そのために  2cm強 × 1cm ほどの 台形状の 大きさの『プラ板(厚さ 0.75mm)』を 1枚 用意します。
20.8.5_9


 これを『コックピット カバー』の 先端へ 下記写真 の 様に 接着剤で 取り付けます。
20.8.5_10


これで『コックピット カバー』を 閉じる際、下記写真 の 様に 前面パーツ に 引っかけることで ちょっとした ロック機構 にさせます。
20.8.5_11


1-3. 内装 の 改造①

『バルクアームβ 改造品』作成時 に 出来なかった 内装面の 改造 を、今回は 実施 していきます。



まず『コックピット シート』を「座り心地の 良い」状態へと 改造していきます(笑)

  1.5cm × 1cm強 ほどの 大きさの『スポンジ シート』を 1枚 用意します。
20.6.11_220.8.5_12

この『スポンジ シート』も 当時 100円ショップで 購入した 『バルクアームβ 改造品』作成時 での 余りパーツ です。



 これを『コックピット シート』の 中央くぼみ へ、下記写真 2枚面 の 様に 接着剤で 取り付けます。
20.8.5_1320.8.5_14


次に  4cm強 × 4cm強 ほどの 大きさの『タイツ』を 1枚 用意します。
20.8.5_15

これは『ドール用 武装トレーラー』作成時 での 余りパーツです。



 これを 上記『コックピット シート』に 被せ、布用接着剤 にて 取り付けます。
20.8.5_1620.8.5_17

なお 接着する箇所は、上記写真 2枚目 の 様に 表側から 見えない『コックピット シート』の 裏面で 行います。



1-4. 内装 の 改造②

『コックピット 背もたれ』も 上記 1-3 同様に 改造していきます。

 1.5cm × 3.5cm ほどの 大きさの『スポンジ シート』を 1枚 と、 2.5cm × 4.5cm ほどの 大きさの『タイツ』を 1枚 用意します。
20.8.5_18


 これらを 布用接着剤を 用いて 組み合わせ/接着し、『背もたれ シート』を 作成します。
20.8.5_1920.8.5_20


『コックピット 背もたれ』にある『ガバナー』固定用 の 棒(下記写真 1枚目 の 赤矢印)の 位置に 合わせて、『背もたれ シート』にも 穴を 開け、これを 使って 両者を 組み合わせます。
20.8.5_2120.8.5_22


これで 内装 は 完成です♪
20.8.5_23


1-5. 側面 の 改造

最後に 一番 メインの「『マルチポッド』の 大きさ 変更」の 改造を 実施してきます。


検討した結果、そもそも『マルチポッド』の 側面パーツ 自体の 厚みが 大きい(片側 1セットの 厚み 0.5cm強) ということが 分かりました。
20.8.5_24

なので いっそのこと、この 側面パーツ 自体を 無くす方向で 改造していくことに しました。


 側面パーツ と 同形状 の『プラ板(厚さ 0.75mm)』を 2枚 用意します。
20.8.5_25


『マルチポット』と 側面パーツ を 組み合わせる際に 用いていた 出っ張りを、下記写真 2枚目 の 様に ニッパー や カッター を 用いて 取り除きます。
20.8.5_2620.8.5_27


 ここに 塗装した 上記『プラ板』を 接着剤にて 取り付けます。
20.8.5_2820.8.5_29


これで『マルチポッド』の 横幅を、 1cm強 ほど 小さくすることが 出来ました♪





2.『マルチポッド』改造品 の 紹介

では 作成した『マルチポッド』改造品 を ご紹介したいと 思います。


<単体 での 状態>
20.8.5_3220.8.5_33
20.8.5_3420.8.5_35
20.8.5_3620.8.5_37

20.8.5_38


『ハクコ(オリジナル ヘキサギア ガバナー)』との セット 状態>
20.8.5_3920.8.5_40
20.8.5_4120.8.5_42
20.8.5_4320.8.5_44


元々の状態 と 比べて  内装は キレイに、大きさも かなり スッキリ 出来たのではないか と 思ってます(^^


・・・ただ 欠点を言えば、元々の『マルチポッド』では 側面パーツ に 他のパーツ との 接続/組み合わせ用の ジョイント穴が あるのが、今回 コレを 無くしたことにより  側面側で 他のパーツとの 接続/組み合わせが 不可能になった点  です。

 これは『オリジナル ヘキサギア』作成における 大きな 設計制約  となって しまったので、何か 対策を 考えないと いけませんね(^^;





3. 作成を 振り返って

と ま~、こういった『マルチポッド』の改造を 皮切りにし、『ハクコ』用の『オリジナル ヘキサギア』作成を 6月上旬に 着手しておりました。



そして 何とか『マルチポッド』の 改造が 完了した 6月の中旬頃・・・

この『マルチポッド』を ベースにし、残りの 手足 などを どうしていこうかと 検討開始していきました。



しかし  なかなか 上手く 完成イメージ/設計 が 浮かばない・・・
20.8.5_30




そんな中、1つの 朗報が・・・


以前にも お伝えしました が、私の『ハクコ』が 『ヘキサギア』の 公式HPに 掲載して頂けました。
20.7.17_21





・・・で この時、歓喜 と 合わせて、何か  達成感 と 燃え尽き感 も 一緒に 得てしまいました。
20.7.17_14



・・・その結果、この 6月中旬 以降から 現在 8月頭まで、『オリジナル ヘキサギア』作成は 完全に 止まっております。


「やらなきゃな~」と 思いつつも 何か ダラダラと 手が 出せておりません・・・
20.8.5_31





ただし・・・






ついつい「これ 使えるかな?」って 感じで ドンドンと  材料プラモデルらは 購入/箱積み していっており、早く どうにか しなければ ならない といった 危機感は 募っております・・・
20.8.5_45


盆休み中に・・・いや 秋 中には 消化/完成 させたいですね(^^;


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ