いい年したオッサン の 隠れドール趣味

表題の通りです。 周りには絶対言えないドール趣味をぶちまけているブログです。

2020年01月

前回 に 引き続き、今回も 昨年末に 行った 『『クヒ(ドール)』と『プファー(ドール用 ペット)』を伴った 2019年 年末の旅行』 の続きついて 語っていきたいと思います。
20.1.22_3


今回は 『旅行 1日目』の続き  についてです。

私の 趣味(性癖)の 『旅行先の 人のいない野外で こっそり『クヒ』らの撮影をする』 行為を実施した 内容を中心に 語っていきたいと思います。




1. 旅行の 1日目: 長崎 の 原生沼

さて、前回 お話させて頂いた『木花開耶姫神社』での 観光 を 終えた私は、次に この 『長崎県 の 原生沼』 という所に 訪れました。
20.1.22_420.1.28_1





この理由は ただ1つ。





『木花開耶姫神社』 の 真向かい だったので!
(下記写真の 青矢印 が『木花開耶姫神社』入口、赤矢印 の 方角一帯が『原生沼』)
20.1.28_2



正直、説明用の 立て札 とかが無ければ、ここが 観光スポットだとは 気づかないような 所でした。

ザックリ 場所の概要を 説明すると、大きな沼 の 周りを 柵で囲んでおり、そこが ちょっとした遊歩道になっている だけの所でした。(しかも 沼全体が 枯草で覆われており、よく分からない状況・・・)
20.1.28_320.1.28_4





なので 特に 見るべきものが 無く・・・



そのため 当然 人も 全くいなく・・・



 だから 悠々と『野外撮影』を 実行しました♪
20.1.28_5



もしかすると 時期によっては 花とかが 咲き乱れ、見ごたえがある場所 なのかもしれませんが、少なくとも この年末の時期は 上記状態でした。

ま~、お陰で『野外撮影』が 出来たので 私的には 良い観光地でした。





2. 旅行の 1日目: 長崎 の 雲仙地獄

次に 私は、この 『木花開耶姫神社』 や 『原生沼』 から 車で 10分ほどの 所にある 『長崎県 の 雲仙地獄』 へ 訪れました。
20.1.28_620.1.28_7


おそらく ここが『雲仙』での 一番の 観光地 となります。

なので 現地は、外国人の方々を 筆頭に 観光客で 溢れかえっておりました。
20.1.28_8




「ここから さほど離れていないのに、『木花開耶姫神社』 や 『原生沼』と 大違いだ・・・」 と 感じつつ、私も 一通り 現地を 観光してまわりました。
20.1.28_920.1.28_10


一応『クヒ』らは ショルダーバッグに入れて 携帯しておりましたが、ま~ この人の多さから、『野外撮影』は 不可能だと 諦めておりました。







・・・ にしても 湯けむりが凄い!

場所によっては 立ち込める 湯けむりで その先の 人 や 物が 全く見えず、ちょっとした『カーテン』となっておりました。 
20.1.28_1120.1.28_12







・・・ん、ってことは、 逆方向からの 人さえ 気にすれば イケるのでは?




私は 湯けむりによる『カーテン』を 背にし、人が 途切れるタイミングを 見計らって『野外撮影』を敢行しました。
20.1.28_13



とにかく 急いでの 撮影でしたので、撮影写真 としては イマイチな 内容でしたが、当時の 私は 「こんな 人が多い 観光地で 決めてやったぜ!」 的な 達成感で 大満足しておりました。 








・・・今 思い返すと 何やってんでしょうかね、私は。

本当に 人の多い場所 だったんですよ。



特に 外国人の方々が 多い 場所でしたので、もし 見つかっていたら 「Japanese is crazy !」 と、日本人全体に 対して 変な印象を 与えてしまうところでした・・・オリンピック イヤーなのに。





今後は『野外撮影』を 行うにしても、人の多い所では 無理しないように 気をつけたいと 思います・・・
20.1.28_14




3. 旅行の 1日目: 長崎 の 国崎半島

次に 訪れたのは、 「長崎県 の 国崎半島」 です。
20.1.28_15



私は この前に行った『秋のプチ旅行』 にて、1つ 教訓を得ました。


それは、 「キャンプ場は 冬の時期ならば 人がおらず、絶好の『野外撮影』スポットと 化す」 ということです!





そのため、今回の旅行でも 『野外撮影』映えしそうな キャンプ場を 探しました。





・・・そう、そして この『国崎半島』に、うってつけの キャンプ場 があったのです!
20.1.28_16



 海に面した 景色の良さそうな キャンプ場で、更に 近くには 灯台 や 神社も 有り!

色々と『映える』ポイントが 密集しているため、是非ここに 行こうと 旅行前から 計画しておりました♪









・・・ま~、辿り着けなかったん ですけどね(泣)




私の 車のカーナビは かなり 古いものでした。

そのため 対象のキャンプ場が ナビに ひっかかりませんでした。

ただ、大よその位置は 分かっているので、とりあえず『国崎半島』の 先端 を目指して 車を走らせました。





そして 段々 山道に入っていき・・・



道が 狭くなっていき・・・





やがて 道は 行き止まりとなりました。
20.1.28_17-0









・・・想像してみてください。



「もう 二度と修理には出したくない!」 との 決意を胸に、 ここまでの 細い山道を バックで 必死に走らせる オッサン の姿を!(泣)
20.1.28_18






・・・Uターンが 可能な 開けた場所に 到着した際には、もう ヘトヘトでした。



そして 車から降り、背伸びをし、少し 落ち着きを取り戻してから 気づきました。





「あれ、ここ 結構 良い景色じゃない?」 と。
20.1.28_2220.1.28_23



道に迷った結果、『映える』ポイント に 辿り着いた様でした♪

そして人も いない状況だったので、ここで『野外撮影』を 実行しました。
20.1.28_2420.1.28_24-2
20.1.28_25



 気分が 晴れました!



・・・でも ここから 再度 当初の目的地へ 向かう 気持ちまでには 至りませんでした。

また 道に迷って  山道を バック走行する 羽目になるのが 嫌だったので!









・・・あとですね、ちょっと 嫌なことを 思い出してしまったんですよ。



ちょうど この旅行の前日にあった TV番組にて、九州 のある場所に関する『怖い話』が 語られていたんですよ。

その話の内容を ざっと 言うと、下記 となります。

<概要> TVで語られた 怖い話
  関東の TVクルーらが、九州のある神社へ ロケ前の
  調査に行った。
  夜になり クルーの1人が 神社 近くの 海岸 にも 調査へ
  行った。
  しかし その後、このクルーは 精神に 異常をきたして
  戻って来た。
  残りのクルーらは、原因を調査しに 彼が行った海岸
  へと向かった。
  そして真っ暗な中、「一応ここの写真も撮っておこう」
  と デジカメを海岸に向けると・・・

         デジカメの 液晶画面には、
   無数の『顔認証の枠』が 表示されていた。

             20.1.28_19
  ・・・後で分かったことは、この海岸にあった 波除け
  用の岩らは、実は 経費削減ため 他所から 持って来ら
  れた『墓石』ら だった。

更に この話の 締めくくりに、実際の 新聞記事(波除け用の岩として『墓石』が 使われている所があったという 記事)も 画面に 映し出され、信ぴょう性の 高そうな 話とされ 紹介されておりました。





・・・で、この時 ふと思ったんですよ。




「あれ、行こうとしていた場所って この話のロケーション(九州+近くに神社がある海岸)と 似ているな?」 と。





これを 気にし始めると、 もう 怖くて 行けませんでした!
19.12.4_4-2





「ま~、一応『国崎半島』での 『野外撮影』は 出来たし 良いよね!」 と 自身に言い聞かせ、ここを 足早に 立ち去りました。
20.1.28_21


ちなみに 後日 きちんと調べてみて 分かりましたが、その該当場所は  ここではなく『福岡県』とのことでした。

ただ ま~、とりあえず 今は この情報で 安心してますが、当時は 本当に 1人で 怖がっておりました・・・ 








さて、まだ この『年末の旅行』における 1日目 の観光話については、もう少し 続きがあるのですが、今回の語りが だいぶ 長くなりましたので、一旦 ここで きりたいと思います。


次回は 1日目の 残りの観光話 と 宿泊先、そして 2日目 の観光話をして、この『2019年 年末の旅行』についての話を 締め括りたいと思います。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

昨年の暮れ、 『『クヒ(ドール)』と『プファー(ドール用 ペット)』を伴った 2019年 年末の旅行』 を 実施しておりました。


この旅行について これから複数回に分けて 語っていきたいと思います。  





1. 今回の旅行の 狙い と 計画

年末は 何処もかしこも 仕事でバタバタする 時期ですね。

なので これから解放される 年末休みでは、「温泉に行って ゆったりしたいな~」 と 考えておりました。



そこで 私は これを踏まえて、昨年の12月上旬頃に 旅行の行先を 探しておりました。
20.1.22_1



最初は 中国地方 や 四国地方 の 温泉どころを探していたのですが、よくよく考えると 丁度 昨年(2018年)の 年末旅行で 行っておりました

・・・この旅行の発端が ちょっと 嫌な理由 だったので、自身の記憶を 知らず知らずのうちに 消し去ろうとしているようでした。



と いうことで、中国地方 と 四国地方 は 今回パスし、九州内の 何処かに 行くことにしました。





そして 「九州内」で かつ 「今まで行ったことが無い 温泉地」 を 探していて、『長崎県 の 雲仙』 を 見つけました。
20.1.22_3



『雲仙』と言えば、私の 世代・・・特に 九州出身の者にとっては、「雲仙普賢岳 の 噴火、土石流災害」 という内容で、小さい頃に TV や 新聞 などで 良く見聞きした 場所でした。




あの災害から 約30年・・・

「そういえば、実際に 行ったことは 無かったな~・・・」と 思い、 今では すっかり 観光地となっている 現在の『雲仙』 へ 今回 行くことに決めました。




ちなみに 危惧しておりました 車の修理 は 無事に 旅行前に 完了し、受け取り 出来ました♪

折角の 旅行を、乗り慣れていない 代車でまわる 羽目にならなくて 良かったです。 





2. 旅行の 1日目: 長崎 の 木花開耶姫神社

さて、2019年の締めくくりとなる 本旅行、最初に 向かったのは 『長崎県 の 木花開耶姫神社』 という所です。
20.1.22_4


2-1. ここに行った 理由/背景

『雲仙』の観光地を 探している中で、この『木花開耶姫神社』の 存在を知りました。

そして この名称の『木花開耶姫』とは、「コノハナサクヤ ヒメ」と 読みます。



「えっ、あの コノハナサクヤ!?」 と、私は この名称を 見て 大変驚きました。





この名前に ピンと来ない方もいるかと 思いますので、簡単に説明しますと、 TVゲーム『ペルソナ4』に 登場する 主要キャラクターの 『ペルソナ』 なんです!
(そもそも「『ペルソナ』って何?」という方は、下記を参照ください)




・・・この『ペルソナ』シリーズは、私が 学生時代から ハマっていた TVゲームソフト です。



『ペルソナ2 罪』から プレイを開始したのですが、学生だった 当時の私に ドンピシャな内容で、凄くハマりました。



ラスト・バタリオン(最後の大隊)とか、ニャルラトホテプとか・・・

フレーズ や 登場人物が  まさに当時 中二病の 全盛期だった 私にとって、とても 魂に響く 作品でした。
20.1.22_2


そんな 経緯から その後の『ペルソナ2 罰』、『ペルソナ3』、『ペルソナ3 フェス』と、学生から 社会人へと 移り変わっても プレイしていきました。





・・・ただ、肝心の『ペルソナ4』は、丁度 仕事が 忙しかった時期で、また 社会人特有の 「何かゲームを すること自体が だるい病」にもかかってしまい、新品未開封のままの 積みゲーの1つと なってしまいました。





しかし 後に この『ペルソナ4』は アニメ化されました。

そして、丁度 仕事関係で 疲れ切っていた際の 連休に、撮り溜めしていた この『ペルソナ4』の アニメを 一気見して、「やはり『ペルソナ』は 良いな~♪」と 懐かしさと合わせて 『ペルソナ』に 対する 熱い思いが 込み上げて来た 作品でした。



特に  OPで この『コノハナサクヤ』が 翼を広げて 炎を放つシーンは、OPの曲と合って とても 印象に残っておりました。(下記 youtube先の 1分前後の所)



なので  こんな 思い入れのある『ペルソナ』が 祭られている 神社が、たまたま『雲仙』にあるなんて 知ったら、もう 行くしかないでしょう!





2-2. 実際に訪れた感想

折角の 年末旅行の 初日目でしたが、この日の天気は 少し 曇っておりました。

そして 辿り着いた この『木花開耶姫神社』の 第1印象は・・・



「え、本当に ここ??」 でした。
20.1.22_5



ある意味 初だったかもしれません、案内の看板 や 専用の駐車場が 無い 神社は。

しかも 上記 写真の鳥居も 道から 少し入った先にあったので、最初は 何処にあるのか 分からず、車から降りて スマホのナビを 片手に うろうろと 探して、やっと 見つけた感じでした。







「・・・ま~、とにかく 行くか」と、鳥居をくぐり、本殿を 目指して 進んで行きました。

天候のせいもあって 全体的に 薄暗く、また 本殿へと続く道は 狭く 勾配も少々ありました。
20.1.22_620.1.22_7





そして 5分ほど 歩いて、頂上の 本殿へと 到着しました。
20.1.22_8





着いてそうそう 思ったのは・・・



「え、嘘 でしょ??」 でした。
20.1.22_920.1.22_10




 私の イメージしていた『コノハナサクヤ』と 違いすぎる!(このブログの 一番下の『Amazon』の リンク先を参照)

そして 予想より はるかに 本殿が しょぼい・・・



私の中で 「『ペルソナ』の 主要キャラとなるくらいの 神様が 祭られている 神社」、イコール 「凄く 立派な 神社」だと思っていたので、この 状況に 少々 戸惑っておりました。





後で調べて見て 分かったのですが、やはり 有名どころの 神様である『コノハナサクヤ』、祭られている 神社は 各地に 色々とあるみたいでした。

ただ、下記 Wikipedia に記載されている「祭られている 神社一覧」に、ココが 載っていないのが 気になりますが・・・(まさか 同姓同名の 別の神様??)






色々と 腑に落ちない点は 多々ありましたが、とりあえず しっかりと 参拝をしました。

そして 当然の如く 全く 周りに 人がいない状況だったので・・・





「すいません、お写真 撮らせて頂きます」と 再度しっかり お祈りした後、 折角なので ここで『クヒ』らの『野外撮影』を 実行しました。

流石に ご神体と 直(隣り) での 撮影は、不謹慎かと思い、あくまで 本殿内の片隅で。
20.1.22_1120.1.22_12
20.1.22_13



なお、 遠目から ご神体も 写る 位置でも 撮影を行いました。
20.1.22_14


そして この撮影後には 再度 念入りに お祈りを済ませ、ここを 後にしました。



ちなみに 帰り道(下山)の途中で 良い感じの 撮影ポイント を見つけたので、ココでも『野外撮影』を 実行しました。
20.1.22_1520.1.22_16
20.1.22_17





う~ん、この『年末 旅行』の 1発目の 観光地先としては、色々と 考えさせられた 所でした。

ま~、しっかり『野外撮影』も 実行出来たから、結果的には OK だったのかな~、う~ん・・・

この度、『クヒ(ドール)』用の『着物』 を 購入しました。

今回は、この 購入背景 や 感想 について 語りたいと思います。 





1. 購入の背景/経緯

今年のお正月は、 このブログを 立ち上げて から 「初」となるお正月・・・

だから こそ、『新年の ご挨拶』と 言う名の 今年最初のブログ投稿 には、かなり気合を 入れておりました 。
20.1.3_4

なので 折角だから 『クヒ』用の『着物』を 購入しようと 考えました。






そして、ネット通販サイト や ネットオークションサイト で 『1/6スケール ドール』用の『着物』を 探し始め、やがて 私好みのデザインの『着物』を 見つけました。

ただし それは、 海外での生産/発送となる『着物』でした。





そして この購入手続きを、12月頭に 完了させました。

なお、海外からの 発送のため、到着予定日は 2~3週間 かかるとのことでした。

しかし それでも 「年末休み に入るまで」には 到着する見込みと なっておりました。





私は この商品が 到着するまで、期待に 胸を 膨らませておりました。

そして 100円ショップで 色々と小道具(門松など)を 買って、撮影準備を ウキウキで 進めておりました。










ま~、その『新年の ご挨拶』 の ブログ投稿を 見て、皆様 結果は ご存じかと思いますが・・・



 『着物』は、間に合いませんでした!(泣)
20.1.16_1





予定では、どんなに遅くとも「年末休み に入るまで」には 届く予定だったんですよ。

だから これを オーバー した時点で、相手先に「どうなっているのか?」の 問い合わせメールを 投げたら・・・



 「手作りだから 時間がかかる」

 「海外から 送るから 時間がかかる」

 「嫌なら 返金するので キャンセルするか?」



・・・との カタコトでの メール回答が 来ました。







そして 結局 新年を迎えても 『着物』は 到着しませんでした。

「年賀状と 一緒に来るかな~」なんて 期待もしていたのですが・・・



ただ、『新年の ご挨拶』の ブログ投稿 は、どうしても「正月 三が日」中に 行いたいと 考えていたので、しょうがなく『着物』無しで ブログ用の撮影を行い、ブログを アップしました。



・・・なので 『新年の ご挨拶』 での『クヒ』の姿は、一緒に 写っている『プファー(ドール用 ペット)』と 異なり、全く 正月に関係の無い 出で立ち(オーバーオール)に なってしまいました。
20.1.3_6




・・・話が 長くなってしまいましたが、そんな『着物』が やっと届いたので、厄落とし的に この『着物』の感想を 語っていこうと思います。



ちなみに  当初予定の到着日から 更に 半月遅れで 到着しました(泣)





2.『ドール用 着物』の紹介

では、私が 実際に購入した 『1/6スケール ドール』用の『着物』 について 紹介していきます。


購入したもの
  『1/6スケール ドール』用の『着物』セット  ※ 海外生産品
20.1.16_220.1.16_3


セット内容として、髪飾りまで ついており、結構 豪華です♪
20.1.16_4


流石 「手作り」を 豪語するだけあって、結構 しっかりとした 作りのものでした。





3.『ドール用 着物』の感想

では早速、『クヒ』に着させた 撮影結果を 下記していきます。

・・・なお 着物の着付け方については、特に説明書等が 入っていなかったので 着させるのに苦労しました。


20.1.16_520.1.16_6
20.1.16_720.1.16_9



うん、いい感じですね♪

値段が 他の『ドール用 着物』らと比べて 安かったので 到着するまでは 少々不安でしたが、 この内容ならば 私的には 全然OKな感じ のモノ でした♪
20.1.16_820.1.16_10



・・・だからこそ、『新年の ご挨拶』 に 間に合わなかったことが 悔やまれます。



なので、 改めて 『新年の ご挨拶』用 撮影の 撮り直しも 実施しました!
20.1.16_11



・・・あ~、これが 間に合っていればな~。


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

『新年の ご挨拶』 を 除くと、これが 今年1発目の ブログ投稿となります。

今回は その 『新年の ご挨拶』時 より 購入/使い始めました、 『ジオラマシート』 について、この 購入背景 や 感想 について 語りたいと思います。 





1. 購入の背景

私は 室内で『クヒ(ドール)』らを きちんと撮影したい際は、以前 購入した『撮影ボックス』 を 活用して 撮影を 実施しております。

ただ、最初は 素人が撮影しても ソコソコの内容が撮れる『撮影ボックス』 に 大変満足していたのですが、最近では 少し物足りなさを 感じ始めておりました。
19.11.4_3




 この理由は 『背景シート』です。





『撮影ボックス』に 付属されていた『背景シート』は、「黒」だったり「白」だったりと、「無地」のものと なっておりました。

最初は これでも十分に 満足していたのですが・・・ 正直 何か物足りない!






苦肉の策で『撮影ボックス』内に 何か 柄物を 置いて、撮影時の 背景にしたりしておりました。

しかし、コレも 結構限界がありました・・・
(ちなみに今までは 下記写真の様に 100円ショップで購入した 壁っぽい柄の 収納ボックスを置いて 撮影してました)
20.1.20_120.1.20_2




・・・そんな私が 辿り着いたのが、 今回の『ジオラマシート』となります。





2.『ジオラマシート』の紹介

私が 実際に購入した『ジオラマシート』について紹介します。

まず、『ジオラマシート』とは、 立体模型用の『背景シート』の ことです。



・・・なお、『ジオラマシート』関係の 購入者の レビュー や ブログなどを見ると、「風景の画像を プリンターで印刷した方が 早いし 安い!」と 酷評の嵐  となっておりました。

しかし、我が家の プリンターは とっくの昔に 処分しており、また 良い感じの 風景写真も 持って無いので 今回 買うことにしました。


購入したもの
  箱庭技研 ジオラマシート DM
  ・「ビーチセットA」
  ・「和セットB」

20.1.20_3

『ジオラマシート』にも、 色々な 背景のバリエーションが あるのですが、私は  汎用性が高そうな『ビーチ系』と『和系』の 2タイプ を 取り合えず購入しました。(これらが 値段的にも 優しかったというのも 決め手 の1つです・・・)





3.『ジオラマシート』の感想

今回 購入した『ジオラマシート』を 使えば、 4つの 風景/空間の 演出が可能となりました。

これらの『セッティング状態』と、その『演出結果』を 下記していきます。


3-1. ビーチ(昼)

 < セッティング状態 > 
20.1.20_4

 < 演出結果 > 
20.1.20_5


3-2. ビーチ(夕)

 < セッティング状態 > 
20.1.20_6

 < 演出結果 > 
20.1.20_7


3-3. 和(玄関)

 < セッティング状態 > 
20.1.20_10

 < 演出結果 > 
20.1.20_11


3-4. 和(室内)

 < セッティング状態 > 
20.1.20_8

 < 演出結果 > 
20.1.20_9





・・・う~ん、『ビーチ』関係は イマイチ ですかね~?
(光の当て具合を もっと 調整すれば 良くなる?)

でも『和』関係は、結構 写真として 違和感が無くて 良い感じです♪



何よりこれらは セッティングは 簡単ですし、 撮影(演出)の幅 が 広がった ので、私的には 満足です♪



今後も 安い『ジオラマシート』を 見つけたら、ちょこちょこと 購入していき、撮影(演出)の幅 を広げていこうと 思います。











・・・なんて感じの内容で ブログの文章を だいたい作り上げた後、ちょっと 100円ショップに 立ち寄りました。




 そこで 似たような 『背景シート(ジオラマシート)』 の 数々を発見しました。
20.1.20_12



知りませんでした・・・

本当に 100円ショップって 何でも売ってますね・・・



ちょっと『クヒ』らと スケールが 合ってませんでしたが、こっちは シート単体で 自立出来ますし、何より 100円 っていう コスパが良い のが最高ですね。
20.1.20_1320.1.20_14



他の100円ショップで 探せば、スケールにも合う 丁度良い感じの『背景シート』が見つかるかもしれません・・・



 探します!(泣)


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

 皆さま! 
20.1.3_1


 明けまして・・・ 
20.1.3_2


 おめでとうございます♪ 
20.1.3_3





最近の 100円ショップは、本当に 色々なものが売っていて助かりますね。

『ドール』の大きさに ちょうど良い 小道具も 多種多様に売られており、新年早々 良い感じの 撮影が出来ました♪
20.1.3_3-120.1.3_3-2
20.1.3_3-3







・・・さてさて、今年も 引き続き、

 私の周りには 言えない『ドール』関係の話を 中心に、この『ブログ』という場を 借りて、吐き出させて 頂きたいと思います!
20.1.3_4





ちなみに 今年の『ドール』関係における 私の抱負としては・・・


「この『ブログ』にて、『ドールとの旅行 の話』以外にも、
 『ドール関係で 作成した アイテムの 話』を 出来るだけ 多く語っていく」
 です!
20.1.3_4-2

・・・色々と 『ドール関係の アイテム』を 作っていきたいのですが、『時間』 と 『やる気』 の タイミングが合わず、製作用の材料だけが 増えていっているので、これを 減らしていきたいと思います!
20.1.3_3-4




何はともあれ、どうぞ 今年も 引き続き お付き合いのほど よろしくお願い致します。
20.1.3_520.1.3_6


にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

↑このページのトップヘ